会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

シルバーやゴールドなどの金属の板からアクセサリーを生み出すSAWAKO KATAOKAさん。そのイヤーカフやピアスは、シンプルなのに曲線と直線の重なりや立体感が不思議で、思わず見入ってしまう美しさ。ひとつ身に着ければさりげなく存在感を放ち、コーディネートに華を添えてくれます。

シンプルなのに惹きつけられる、金属のアクセサリー

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

SAWAKO KATAOKAさんは、シルバーや真鍮、銅といった金属の板から一つひとつパーツを切り出し、イヤーアクセサリーやブレスレットなどを制作しています。

かつて、京都精華大学芸術学部の立体造形学科と、京都伝統工芸大学校の金属工芸科に通っていたKATAOKAさん。後者の卒業時には、純銀の板から本体やチェーンなどのパーツまで作ったバッグで、京都伝統工芸協同組合理事長賞を受賞しています。その後はオーダーメイドのブライダルジュエリーの会社で制作を担当。結婚を機にその会社を退職すると、気軽に身に着けられるアクセサリーを作りたいと、個人での制作をスタートしました。

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

現在作られているのは、金属が主体のシンプルなアクセサリーなどです。なかでも私が惹きつけられたのは、不思議な立体感があるイヤーカフやピアス。シンプルなのに、耳に着けたときの線やその重なりが美しく、思わずじっと見入ってしまうものばかり。
今回は、イヤーカフをピックアップしてご紹介します。

耳に沿う形や線が印象的なイヤーカフ

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

くるりと巻いたシンプルな輪のようなこちらのイヤーカフ。身に着けた状態だと、まるで耳の中まで通っているように見えませんか?もちろん耳に刺さってしまっているわけではなく、シリコンキャップ付きで痛みもありません。それでもきっと視線を集める、ほかではあまり見られないデザインです。

E4 silver color
右耳/左耳 各4,620円(税込)
E4 gold color
右耳/左耳 各4,950円(税込)

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

直線と曲線のあるD字型のイヤーカフ。耳たぶを覆うラインが印象的で、ひとつだけでも存在感があります。写真のように色違いで2つを重ね着けしたり、ほかのピアスなどと組み合わせて着けても素敵です。

E1 gold color
4,730円(税込)
E1 silver color
4,400円(税込)

パーツとの組み合わせでアレンジも広がる

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

パーツを組み合わせられるセットも展開しています。
こちらは、ゴールドのシンプルな円型のイヤーカフに、下に直線が伸びたシルバーの輪のパーツが付いたセット。円の下に長い直線が揺れるデザインはクールな印象です。

E3+EP1 gold color×silver color
片耳 8,690円(税込)

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

シルバーの楕円型のイヤーカフに、ほんの少しいびつなゴールドの輪のパーツ。イヤーカフは艶やかですが、パーツの方には艶消しの加工が施されています。曲線同士でもそれぞれに違う質感や表情が見られ、趣きが感じられるデザインです。

E2+EP3 silver color×gold color
片耳 8,580円(税込)

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

上でご紹介した2種はあらかじめイヤーカフとパーツがセットになっていますが、それぞれ単体での購入も可能で、ほかにもさまざまな形が用意されています。公式サイトやInstagram(@sawako_kataoka_accessory)には、複数組み合わせて身に着けている写真も掲載。ぜひ参考にして、お好きな身に着け方や組み合わせを考えてみてください。

ほかにも豊富なデザインのアクセサリーが

立体的な形や線の重なりに思わず釘付け。SAWAKO KATAOKAさんが作るイヤーカフ

身に着けやすさや軽さにもこだわり、アレンジも楽しめるようにと考えられているKATAOKAさんのアクセサリー。ピアスも充実していて、イヤーカフのようにパーツを組み合わせられる「collage」や、真鍮と銅のパーツが重なった幾何学模様のような「sukashi」などのシリーズを展開。また、リングやブレスレット、ヘアカフなどもあります。

公式オンラインショップやCreemaのサイトからご購入が可能です。イベントに参加されることもあり、直近では12月9日(水)~1月11日(月祝)まで愛知県名古屋市のクリエイターズショップ・ループに出展予定だそう。そのなかで12月13日(日)と27日(日)にはカスタムオーダー会も開かれます。お近くの方は足を運んで、お気に入りを手にしてはいかがでしょうか?

photo / SAWAKO KATAOKA

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報