会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

部屋がグッと広く見える。1K・ワンルームひとり暮らしさんの家具レイアウトのコツ

部屋がグッと広く見える。1K・ワンルームひとり暮らしさんの家具レイアウトのコツ

家で過ごす時間が多くなったことで、もっと部屋を広く快適に使いたいと感じることが増えたのではないでしょうか。ひとり暮らしのワンルームや1Kの間取りだと、ベッドにテーブル、収納家具を置くだけで部屋がいっぱいに。今回は、部屋が広く見える家具レイアウトや家具選びのコツをお教えします。

1.「縦ライン」を揃えてすっきり見せる

ワンルーム・1Kに多い縦長タイプの部屋レイアウトのポイントは、部屋の入り口からベランダまで、視線が抜けるように空間を使うことです。その時に「縦ライン」を意識して家具を配置すると、よりすっきりとした部屋の印象を与えます。
この画像は、「縦ライン」をとても意識してレイアウトされたお部屋です。右側のデスクとテレビ台のラインが、フローリングの板目に沿ってぴったり揃っているのがわかると思います。沢山の物がありますが、視線がまっすぐに抜けるのでとても広く感じますね。

2.「部屋奥の壁ぴったり」にベッドを寄せてみる

部屋の中でいちばん大きく場所を取るベッドは、部屋奥の壁ぴったりに寄せてしまいましょう。間取りによっては、ベランダ側の窓を遮ってしまうから…と懸念される方もいると思いますが、手前側の空間が有効的に活用できるのでおすすめです。
なかなかひとり暮らしでは置きにくい大きめのソファも、ベッドを奥の壁際に配置することで十分に空間を確保することができます。

3.ダイニングテーブルは「サイズ感」が重要

食卓にワーキングスペースに…ダイニングテーブルは何かと便利ですが、ひとり暮らしだと意外に場所を取ってしまいます。
画像のお部屋のダイニングテーブルと椅子は折り畳みが可能。部屋を広く使いたい時には、サッと畳めるので使い勝手抜群です。
この画像のダイニングテーブルは、キッチンと部屋の間に置かれています。動線を邪魔しない絶妙なサイズ感は、実はお部屋に合わせてサイズを測り、minneでオーダーした物だそうです。最近では、サイズオーダーで家具を作ってくれるネットショップも増えてきたので、活用するのもひとつの手ですね。

ちょっとした意識や家具レイアウトで、あなたのお部屋もずっと使いやすく、快適な部屋に変えることができます。家で過ごすことが増えたこの時期に、素敵な部屋づくりを行ってみませんか?

photo / goodroom

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報