会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

意外と難しいフラワーベースの選び方。5つのポイントを押さえて、インテリアを素敵に格上げ

意外と難しいフラワーベースの選び方。5つのポイントを押さえて、インテリアを素敵に格上げ

ステイホーム期間に、花のある暮らしを始めた方多いですよね。そこで生まれるのが「フラワーベース(花瓶)」ってどう選べばいいの?という疑問。家にある空き瓶を使うのもいいけれど、お気に入りのフラワーベースで飾れば、もっと素敵な空間ができるはず。今回は、フラワーベースを選ぶ5つのポイントをご紹介します。

1.初心者でも取り入れやすいのは一輪挿し

お花屋さんでいくつかのお花を見繕っても、慣れないうちはなんだかバランスが悪くなってしまったり、色選びをするのが難しかったりしますよね。
その心配がない一輪挿しは、初心者の方におすすめのフラワーベース。
自分が「これだ!」と思う花を1本チョイスして、一輪挿しに飾ってみるのも楽しいかもしれません。

2.透明ではない、色のついたフラワーベースを選ぶ

透明なものではなく、色のついたフラワーベースを選ぶのもおすすめです。
フラワーベースは水を常に溜めて使うので、意識をしていても水自体が濁ってきたり、水アカなどの汚れがつきやすいものです。口先がすぼんでいる透明なものだと、その汚れがなかなか取れずせっかくのお花も美しく飾れない、なんてことに。

そこでおすすめなのが、色味がついたフラワーべース。多少水が汚れたり、水アカなどの汚れがついても外からは分からないため、気にせずお花を飾ることができます。

3.統一感を出すなら、同色の小瓶を並べて飾る

たくさん花を飾り、お部屋を華やかに見せたい方には、同色の小瓶を複数使いするのもおすすめ。
一輪ずつ生けて並べれば、簡単に統一感のある雰囲気が生まれます。
お花を「生ける」というと、ハードルが高く感じられますが、小瓶に一輪ずつ並べるということであれば、スキルもいらず簡単。雑貨屋さんなどで心惹かれる小瓶を見つけてまとめ買いするのもいいですね。

4.花束なら、口先にかけてすぼんでいるフラワーベースを

キッチンブーケや、いただきものの花束など、ある程度まとまった状態でお花を生けることが多い方は、口先にかけてすぼんでいるフラワーべースがおすすめ。口が広い形のものよりも、まとまった状態を維持しながらお花を生けることができるので、ばらばらし過ぎず、見た目も綺麗に保つことができます。

5.フラワーベース自体に「飾り」がついているもの

最後に、上級者向けのフラワーベースをご紹介。持ち手や注ぎ口のような、「飾り」がついたピッチャータイプを選んではいかがでしょうか。
ホーローや陶器、ブリキなど部屋のインテリアにあうピッチャーで花を飾れば、グッと遊び心のある素敵な空間に。


フラワーベースといっても、本当に様々な種類があり、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。ほんのちょっとしたテクニックや知識を持っておくだけで、花の飾り方が格段に変わりますよ。ぜひ自分に合ったフラワーベースを見つけて花のある暮らしを楽しんでみてください。

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報