会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

手作りの消しゴムはんこを陶土に押して作られる「yofukashi drawer(よふかしどろーわー)」の陶土のブローチ。深みのあるカラーに草花のシルエットが引き立ち、かわいらしくも大人の雰囲気をまとうアクセサリーとなっています。

夜更かししながら次々に生み出される洋服やアクセサリー

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

洋服やキルトに、消しゴムはんこ、アクセサリーなど、さまざまなアイテムを手作りしている「yofukashi drawer(よふかしどろーわー)」。その名前は、夜更かししながらもくもくと作業し、できあがったものがいっぱいになった引き出し(drawer)をイメージしているのだそう。手を動かしながら「今度はこんなものを作りたい」「こうしたらもっと良くなるかも!」と思いを巡らせる時間は、かけがえのない大切なひとときとも語っています。

そんな時間のなかで生み出される数々のアイテムから今回ご紹介したいのは、陶土に消しゴムはんこで模様をつけたブローチです。

消しゴムハンコを押して焼き、一つひとつ色付けされるブローチ

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

ブローチに使われる消しゴムはんこは、もちろんオリジナル。散歩をしていて実際に見かけた草花をモチーフにし、手彫りで作られたものです。

消しゴムはんこを紙だけではなく布に捺したり、それと刺繍をかけ合わせたりしているなか、「これを粘土に押してみるのはどうだろう?」と思ったことから陶土のアクセサリーが誕生しました。それ以来、はんこによって粘土に現れる凹凸に惹かれ、長く作り続けているそう。

素朴さを残した素焼きのものや色を付けたもの、白い化粧土をかけ雪がかぶったように見せるものなど、さまざまな質感のアイテムがあります。

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

いま最も多く作られているのは、アンティークのような雰囲気をもつ色味のブローチです。こちらは焼き上げた陶土一つひとつにアクリル絵の具で色を塗り、さらに布で磨いて艶を出した後、ヤスリや水を使って色を落として仕上げているそう。

凹んだモチーフの部分にはまず濃紺などの濃い色を塗り、その上に白色を重ねてあります(写真左)。周りの色も塗ってから磨いていくと、白色の下の紺色がほのかに浮き出てきて、まるで油絵のような風合いに(写真右)。この独特の色味もブローチの大きな魅力となっています。

やさしい表情をしたスワッグのブーケ

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

こちらはスワッグをモチーフにしたブローチ。白い部分に浮き出た紺色は草花の葉脈または陰影にも見え、深みのある表情。背景の淡いブルーも落ち着いたやさしげな印象をもたらしています。

yofukashi drawerのブローチの色は、同じものを再現することは難しく、どれも一期一会です。そのため手にした人に楽しんでもらえるよう、納得がいく色になるまで仕上げ作業を繰り返しているそう。好きなデザインや色合いのものを見つけたら、ぜひ手にしたいものです。

: : : 陶土の草花ブローチ : : : 284 1,500円(税込)

同じモチーフでも印象が異なる2種のスズラン

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

続いてはスズランがモチーフの2種類。
深いブルーを背景にした一輪(写真左)は、スズランの可憐さや凛とした雰囲気が引き出されています。対して、小さなスズランが並んだもの(写真右)は少しにぎやか。背景が黄色になると、柔らかな印象が増すように感じられます。
あなたはどちらの雰囲気がお好みですか?

: : : 陶土の草花ブローチ : : : 293/295 各1,500円(税込)

散歩道で出会ったさまざまな草花を集めて

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

ビオラや南天、クローバーなどさまざまな草花が集められているブローチも。散歩道でたくさんの草花に出会ったときの楽しさを感じさせてくれるようなデザインです。

こちらは複数の異なる草花のはんこを使用したもの。このタイプは季節に合わせて草花を選び、バランスを見ながら押していくそう。まったく同じ組み合わせと配置のものが作られることはなく、デザインも色も唯一無二となります。

: : : 陶土の草花ブローチ : : : 263 2,000円(税込)

あなたのお気に入りを見つけて

一期一会の色とデザイン。アンティークのような風合いの「yofukashi drawer」のブローチ

ご紹介した以外にも、草花がワンピースの模様になったものや切手の形になったものなど、さまざまな形とモチーフのブローチがあります。ヘアゴムに変更可能なものもあるので、髪を結ぶ機会が多い方はご注文の際にお願いしてみてはいかがでしょうか?また、ピアス・イヤリングもありますよ。

ご購入は石川県にある雑貨屋さん「ouchi zakka」や神奈川県のハンドクラフトのお店「楓杏」などの取り扱い店舗と、minneやiichi等のサイトから可能です。Instagram(@yofukashi_drawer)にもたくさんのブローチの写真が投稿されているので、ぜひチェックしてみてください。

photo / yofukashi drawer

yofukashi drawer(よふかしどろーわー)

https://minne.com/@yd-yofukashi

https://www.iichi.com/shop/P2665304

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報