会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

家の中でコツコツお腹引き締め。ほっそりウエストを目指せる簡単トレーニング<3選>

家の中でコツコツお腹引き締め。ほっそりウエストを目指せる簡単トレーニング<3選>

外出自粛の影響もあり、運動不足や身体のラインの緩みを感じている方も多いのではないでしょうか?そこで、お腹周りの引き締めにおすすめの簡単なトレーニングを、人気の本からピックアップしてご紹介します。部屋の中の小さなスペースででき、しっかりと効果が期待できるものなので、ぜひ挑戦してみてください。

通常の腹筋運動よりも楽にお腹を鍛えられる「反る腹筋」

そる腹筋のやり方photo:飛鳥新社

つらい腹筋運動はちょっと…という方におすすめなのが、「そる腹筋」。ヨガのインストラクターをしている理学療法士、中村尚人さんが書籍(タイトルも『そる腹筋』)で紹介している、立ったまま身体を後ろに傾けるだけの腹筋運動です。
疲労感が少ないのに、寝転がって上体を起こす腹筋運動に比べて20%以上も腹筋トレーニングの効果が高いという調査結果も出たのだそう。お腹の前面の腹直筋のみではなく横腹の腹斜筋、姿勢を安定させる腹横筋などにも負荷を与えることができます。

そる腹筋のやり方

  • 1両足を肩幅に開いて立ち、足の指を上げるようにします。
  • 2両手を頭の後ろで組み、息を吸いながら上体を後ろにそらせます。
  • 3息を吐きながら元の姿勢に戻ります。1回10秒を目安に行ってください。

お腹のインナーマッスルに働きかける「プランク」

『2週間でモデル腹筋』のプランクのやり方photo:小学館集英社プロダクション

ウエストを短期間でキュッと引き締めたい方には、腹筋専門のパーソナルジム「BOSTY」の書籍『2週間でモデル腹筋』から2つのトレーニングをおすすめします。
やり方自体はそれほど難しくありませんが、ジムで実際に行われるような本格的なトレーニングなので、コツコツ行えばお腹やウエストが締まってくるのを実感できるはずです。

1つ目の「プランク」は、両ひじを床につけて体を一直線にキープするだけで、お腹を中心としたインナーマッスルに負荷を与えられるトレーニングです。

プランクのやり方

  • 1両ひじと両ひざを床につけ、スタートポジションをとります。このとき、ひじを置く位置は肩の真下になるようにしてください。
  • 2腰の位置を安定させたまま、片方ずつ脚を伸ばします。
  • 3両ひじで体を支え、体幹がぶれないように気をつけながら体を一直線にします。この状態を30~40秒キープしましょう。この動きを3セット繰り返します。

下腹部を引き締める「リバースクランチ」

『2週間でモデル腹筋』のリバースクランチのやり方photo:小学館集英社プロダクション

『2週間でモデル腹筋』からの2つ目のトレーニングは、お肉が落とすのが難しいぽっこりお腹対策に行いたい「リバースクランチ」。仰向けの状態で両足とお尻を上げ、下腹部をしっかりと鍛えます。

リバースクランチのやり方

  • 1腰が浮かないよう地面にしっかりとつけた状態で仰向けになり、ひざを90度に曲げて脚を上げます。
  • 2脚をさらに上げ、骨盤から丸めるようなイメージでお尻を持ち上げます。このとき、腰は浮かないようにしてください。
  • 3ひざを90度にキープしたまま、足裏が地面につかない程度までゆっくりとお尻を下ろします。この動きを20回、3セット繰り返しましょう。
家の中にいても、簡単なトレーニングで体を鍛え、引き締めを目指すことは可能です。ぜひ仕事や家事の合間に少しずつ取り入れてみてくださいね。

腹筋革命 「そる」だけでやせる
刊行:飛鳥新社
定価:1,000円(税別)

http://www.asukashinsha.co.jp/bookinfo/9784864106832.php

2週間でモデル腹筋
刊行:小学館集英社プロダクション
定価:1,500円(税別)

https://books.shopro.co.jp/?contents=9784796877916

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報