会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

オシャレなお店が続々と出店して、すっかり人気のスポットとなった蔵前で、またひとつ素敵なカフェをみつけてしまいました。さっとコーヒーを飲みたいとき、ゆっくりと食事やスイーツを楽しみたいとき、仕事に集中したいとき、さまざまなシーンで使える注目のスペースをご紹介します。

4フロア、すべてが異なる雰囲気のワクワクするスペース

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

都営浅草線の蔵前駅からわずか徒歩1分、江戸通り沿いに建つ4階建てのビル1棟すべてが、今回ご紹介する「en(えん)」。ものづくりの街として有名な新潟県燕市にある会社が経営していることから「燕」の旧字を使い、人と人の「縁」を繋ぐ憩いの場となって欲しいという思いから「えん」と読む店名にしたそうです。
同店の特徴は、4つあるフロアがそれぞれ異なる業態となっていること。その特徴をフロアごとにご紹介します。

1階は気軽に使えるコーヒースタンド

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

まず1階はコーヒースタンド。ブルックリン発祥のカフェ「BROOKLYN ROASTING COMPANY」の豆を使った深煎りコーヒーや、サンドイッチなどをテイクアウトすることができます。買ったものは、併設のイートインスペースで食べることも可能。また、モーニングで提供している、蔵前の老舗パン屋さん「ペリカン」の食パンを使ったトーストも人気となっています。

2階は明るく開放的なカフェ&ダイニングスペース

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

続いて2階は、ゆったりとくつろげるカフェ&ダイニング。テーブル席の他、小上がりのようなスペースがあるので、子連れのお客様にも人気だそう。こちらでは1階と同じコーヒーやスイーツ、オリジナルのホットサンドやパスタなどの食事、ワインやビールなどのアルコールを楽しむことができます。

3階はコンセプトショップとイベントスペース

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

3階は2つのスペースに分かれています。コンセプトショップでは、スタッフが国内外から探してきたおしゃれな家具や雑貨などを販売。扱っている商品は、店内のインテリアと同じくブルックリン風のかっこいい雰囲気のものが中心ですが、基本的にはお手頃価格のラインナップを心がけているのだそう。

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

また、イベントスペースでは不定期でさまざまなイベントが行われますが、イベントがないときは、フリースペースとして開放。1階でドリンクを買った人は、見晴らしのいいこのスペースで読書をしたり、持ち込んだノートパソコンで仕事をしたりと自由な時間を過ごすことができます。

4階は、開放的なガーデンスペース

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

4階はオープンスペースになっていて、芝生のエリアや、ウッドデッキやハンモックがある開放的な空間。結婚式の二次会やパーティーなど、貸し切りにすることができるので、興味のある人はスタッフに相談を。

味も見た目も本格的な、パティシエが作る本格スイーツ

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

そして、なんといってもオススメしたいのが、2階のカフェで食べられるスイーツ。洋菓子屋やフランス料理店で修業を積んだパティシエが作る、味も見た目もグレードの高いケーキやパフェが大人気となっています。ケーキは定番のテリーヌ・ショコラ、クレーム・プディング、スフェール・ビジューの3種類のほか、季節のメニューが4~5種類、合計7~8種類が揃います。
また、ボリューム満点のパフェも季節の果物などを使った本格的なもの(ただし、パフェは15時以降のメニューとなります)。

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

取材の日は、春限定のケーキ「マシェリ―」をいただきました。ピンク色のかわいい外側は、今話題のルビーチョコレート。中には、ルビーチョコレートのなめらかなムースにラズベリーのクリームと苺のコンフィチュールが入っていて、甘さと酸味が絶妙のバランス。さらに、土台となるバジルを入れたスポンジがいいアクセントになっていて、高級パティスリーで食べるような繊細で華やかな味。こんなに本格的なスイーツが、カフェで食べられるなんて驚きです。これらのスイーツを目当てに訪れる常連客も少なくないというのも納得の美味しさでした。

※春限定ケーキ 2020年5月末頃まで販売予定

散歩の途中で美味しいスイーツを食べるならここ!

パティシエが作る本格スイーツが楽しめる、蔵前のオシャレカフェ「鷰 en(えん)」

enは蔵前のオシャレなショップが集まるエリアにあるので、街歩きの途中で食事やお茶をするのにぴったりのロケーションです。これから徐々に暖かくなってきて、散歩をするのに最適な季節。蔵前散策を検討している人は、enをブックマークしておくことをおすすめします。もちろん、街歩きがメインではなく美味しいスイーツと居心地のいい空間を目当てにenを目指すのもあり。オシャレで居心地のいいカフェで美味しいスイーツを堪能してみてはいかがでしょう。

photo / 鷰 en(えん)、カオリーヌ

photo

鷰 en(えん)

東京都台東区蔵前2-6-2
TEL:03-5823-4782
営業時間:[平日]OPEN 1F 8:30〜 2F&3F 11:00〜 CLOSED 20:00 (L.O 19:30)
[土日祝]OPEN 1F 8:30〜 2F&3F 10:00〜 CLOSED 19:00 (L.O 18:30)

定休日:月曜日(祭日は営業、翌火曜振替休)

https://www.enkuramae.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報