会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

加湿器フィルターのしつこい汚れは、クエン酸を使った掃除で対策を!

加湿器フィルターのしつこい汚れは、クエン酸を使った掃除で対策を!

乾燥による肌トラブルや、風邪の流行が気になる冬は加湿器が欠かせません。ところがいざ使おうとしてみたら、カビやカルキがついていてびっくり!という経験はありませんか。そんな時に役立つ、加湿器の掃除方法や手入れの仕方をご紹介します。

加湿器の汚れの原因

加湿器フィルターのしつこい汚れは、クエン酸を使った掃除で対策を!

加湿器は、基本的に水を入れて水蒸気を発生させるだけなので、汚れにくい家電だと思われがち。ところが、加湿器に入れる水道水には、塩素やカルシウム、ミネラルなどさまざまな成分が入っているため、以下のような汚れが付く可能性があります。

・水アカ
・カルキ
・カビ
・雑菌

こうした汚れに気づかずにそのまま使用すると、水蒸気と一緒に汚れや雑菌をまき散らしてしまう可能性も。特に、レジオネラ菌という雑菌は、お風呂や加湿器などで増殖しやすく、人体に重篤な症状を引き起こす可能性があるので注意が必要です。だからといって、むやみに怖がる必要はありません。正しい掃除方法を知って、加湿器を上手に使いこなしましょう。

加湿器の種類別掃除方法

加湿器フィルターのしつこい汚れは、クエン酸を使った掃除で対策を!

加湿器と一言で言っても、いくつか種類があって、それぞれ空気中に水を放出する方法が異なります。その種類によって、汚れやすい部分や掃除方法も異なるので、種類別にその特徴と掃除方法をご紹介します。

超音波式

【特徴】
水を超音波で微細な粒子にして飛ばし加湿するタイプ。最近は、ペットボトルを利用して卓上で使えるものなど、小型軽量化した商品も多く見られます。
ただし手軽な反面、加湿器の中で最も汚れやすいのがこのタイプ。水分を放出する際に、タンクの水に雑菌が含まれていると、雑菌混じりの粒子が出てくる危険性があります。

【掃除の頻度と方法】
3日に1回はタンク全体を洗い、週に1回はフィルターやトレーなど、全てを取り外して洗浄し、しっかりと乾かすことが大切です。
洗い方は、本体に残っている水を全て捨てて、内部をスポンジや歯ブラシなどでこすり汚れを落とします。

【注意すること】
タンクの水は毎日捨てて、新しいものを入れましょう。前日の残りをそのまま使うのはおすすめできません。また、タンクに水を入れる際には、少量の水を入れてフタをし、振り洗いをしてから水を捨て、中をアルコール消毒すれば安心です。

気化式

【特徴】
スポンジなどのフィルターに水分を含ませ、ファンの風によって加湿するタイプ。お湯を使わないため安全で、比較的電気代が安くすみ、音が静かなのが特徴です。一方で、フィルターが汚れやすいので、こまめな掃除が必要です。

【掃除の頻度と方法】
1日に1回、タンクに少量の水を入れてフタをし、振り洗いして水を捨て中を洗います。また、1ヶ月に1度、フィルターとトレーを掃除。まず外側の吸込フィルターは外してから掃除機で汚れを吸い取ります。中の加湿フィルターは水で押し洗いを。洗った後、濡れたまま取り付けてすぐに加湿器を使っても問題ありません。トレーは水洗いして、スポンジや歯ブラシで汚れを落としましょう。

【注意すること】
タンクの水は、毎日入れ替えるのがポイント。前日の残りをそのまま使うのはNGです。また、加湿フィルターは製品の説明書に従い、定期的に交換を。

スチーム式

【特徴】
タンクのお湯を沸かし、その蒸気をファンによって放出・拡散させるタイプ。お湯を沸騰させるため、タンクが煮沸消毒されるので、放出される蒸気に雑菌が混じる可能性が低くなるのが特徴。ただし、放出された蒸気は高温のため、小さな子供やペットがいる家庭では、扱いに注意が必要です。

【掃除の頻度と方法】
1日に1回、タンクに少量の水を入れてフタをしたら、振り洗いして水を捨て中を洗うようにしましょう。掃除する際は、タンクに残っている水を全て捨て、柔らかい布で全体を拭きます。汚れが気になる場合は、ブラシなどでこすって落としましょう。

【注意すること】
タンクの水は毎日交換し、前日の残った水は全て捨てるようにしましょう。

ハイブリット式

【特徴】
気化式とスチーム式を組み合わせたもの、または超音波式にヒーターを加えたタイプもあります。つまり、それぞれのタイプの良いところを集めたのがハイブリット式と言えます。ただ、本体価格に加え、電気代もやや高めになるのが特徴です。

【掃除の頻度と方法】
タンクは、週に1回水洗いをします。汚れがひどい場合は、タンクに水を少量入れ、キャップを締めて振り洗いをしてから、水を捨てます。同時に、吸気口カバーも水洗いし、よく乾燥させましょう。
加湿フィルターや抗菌剤、トレーは、掃除のタイミングを知らせるランプが点滅したら掃除を。加湿フィルターと抗菌剤は水ですすぎ洗い、トレーはスポンジなどで洗います。

【注意すること】
気化式に比べ、フィルターに細菌が付きにくい一方、ニオイが出ることがあるので、しっかりと洗うようにしましょう。

いずれの場合も、掃除をするときは、コンセントを抜いて行ってください。また、カルキがつくのを防止するためにミネラルウォーターを使いたくなるかもしれません。
ですが、ミネラルウォーターには塩素などの消毒成分が入っていないため、タンク内で細菌やカビが繁殖しやすくなり、おすすめできません。

汚れがひどい時にはクエン酸を使った掃除を

加湿器フィルターのしつこい汚れは、クエン酸を使った掃除で対策を!

水道水にはカルシウムやマグネシウム、シリカなどが含まれているため、これらが加湿器の中に蓄積すると、カルキ(白い石状のもの)が付着してしまいます。こうなってしまうと、水洗いをしただけでは落ちません。カルキの主成分は弱アルカリ性ですから、弱酸性のものと中和させて、汚れを分解して落としましょう。

簡単なのは、以下のようなクエン酸を使った掃除方法。

1)加湿器のタンクやトレーなど、洗いたいパーツが入る容器を準備
2)(1)の中に、クエン酸を1%の濃度で水に溶かした、クエン酸液を作る
3)洗いたいパーツを漬けて1時間ほど放置
4)カルキが分解されたら、バケツにお湯をはり、スポンジやブラシなどで、優しくパーツを洗う

また、スチーム式の場合は、以下のような方法も効果的です。

1)先ほどと同じ濃さのクエン酸液を作る
2)クエン酸液をタンクに注ぎ、スイッチを入れて2時間程運転する
3)運転が停止したら、残ったクエン酸水を捨てて、水で全体を洗う
※水を捨てる際、高温になっていることがあるので注意を

クエン酸を使ったスペシャルケアは、1ヶ月に1回程度が目安です。加湿器を清潔に長持ちさせるためにも、ぜひ行ってください。

クエン酸以外のもので掃除をする

加湿器フィルターのしつこい汚れは、クエン酸を使った掃除で対策を!

手近に、クエン酸がない場合は、お酢で代用することも可能です。その場合は水1リットルに対して、お酢25mlの濃度で液を作ります。ただし、すすぎ残しがあると、お酢特有の臭いが残ってしまう場合があるので、漬け置き時間を短めにし、しっかりとすすぐようにしましょう。

その他、重曹もガンコな汚れには効果的です。粉末の重曹を少量の水で溶かし、スポンジや歯ブラシにつけて、水垢をこすり洗いします。ただし、重曹を粉末のまま使用すると本体を傷つけてしまう可能性があるため注意が必要です。

日頃のちょっとしたひと手間で加湿器の効果をアップ

加湿器フィルターのしつこい汚れは、クエン酸を使った掃除で対策を!

乾燥がひどくなる冬は、加湿器は手放せません。一方で、加湿器が原因で雑菌が増えて健康を害したのでは本末転倒です。汚れがひどくなってからでは掃除が大変になりますし、加湿器の効果も低下してしまいます。そうならないためには、日頃のケアが大切。水を入れるたびにタンクをすすぐなど、ほんのひと手間が加湿器の効果をアップし、寿命も伸ばすので、面倒がらずに掃除をする習慣を身に付けましょう。

photo / shutterstock

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報