会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

ソファをきれいにするには?知っておきたい素材別の掃除方法

ソファをきれいにするには?知っておきたい素材別の掃除方法

一日の内で座る機会の多いソファは、一見きれいに見えても、実は意外に汚れています。その上、洗濯をするわけにもいかないので、放っておくと汚れはどんどん蓄積されて不衛生な状態に。そんなソファをどうやってきれいにするのか?素材別に方法をご紹介します。

ソファの汚れにはどんなものがある?

ワインをソファにこぼした写真

人はソファの上でお茶や食事、メイク、うたた寝など、いろいろなことをします。そのため、いろいろな種類の汚れが付着してしまいます。

・汗や皮脂、よだれ
・食べこぼし
・整髪料や口紅
・髪の毛
・埃やダニ

ちょっと数えただけでも、油汚れや皮脂汚れ、染料など、拭いたり、掃除機をかけたりしただけでは取れそうにない汚れがたくさんあります。しかも、ソファの素材は布製や革製、合皮など、素材もさまざまです。間違った方法で掃除をすると、シミになったり、かえって汚れが広がったりしてしまうことも。自分の家のソファに最適な掃除の仕方を知って、正しいケアをしましょう。

布製ソファの掃除には重曹が活躍

クッションが置かれた布製ソファの写真

ソファカバーが取り外せる場合は、洗濯機で洗うことができます。ただし、素材によっては色落ちしたり、縮んでしまう場合があるので、洗濯表示をしっかり確認しましょう。それでも不安な場合は、クリーニングに出せば安心です。カバーを取り外せない場合は、以下の手順で掃除をしましょう。

【用意するもの】
掃除機/重曹/中性洗剤/乾いた布

重曹のイメージ写真

1.掃除機で髪の毛やほこり、食べこぼしなどを吸い取る
見える部分だけでなく、背もたれと座面の隙間や、座面が取り外せる場合はその裏側なども丁寧に掃除機をかけましょう。

2.重曹をふりかける
重曹をソファの布の部分にふりかけます。アルカリ性の重曹には、汗や皮脂汚れなどの酸性汚れを中和して落とす他、消臭効果もあります。また洗剤とは違って、人にも環境にも優しいので、安心して使うことができるのもポイント。

3.そのまましばらく放置する
重曹に汚れを吸着させるために、数時間から半日放置します。できれば夜寝る前に重曹を振りかけて、一晩放置するのが理想的。

4.掃除機で重曹を吸い取る
汚れを吸着した重曹を掃除機できれいに吸い取ります。

5.中性洗剤でシミ汚れを落とす
食べこぼしなどのシミ汚れには中性洗剤を使います。ぬるま湯に中性洗剤を3~5%の濃度になるように入れて溶かします。できた洗剤液を布につけてシミ汚れを叩くようにして落としましょう。こすってしまうと、生地が傷んでしまうので注意を。

6.洗剤を拭き取る
シミが落ちたら、最後にぬるま湯に浸して硬く絞った布で叩いて洗剤を取り除きます。

合皮製ソファの掃除にはパックが効果的

合皮製ソファのイメージ写真

合皮は汚れにくく、手入れがしやすいのが特徴です。以下の方法できれいにしましょう。

【用意するもの】
掃除機/衣類用中性洗剤/乾いた布3枚/キッチンペーパー

ソファを掃除している写真

1.汚れを取る
掃除機やコロコロクリーナーなどを使ってソファについた埃や汚れを取り除きます。

2.洗剤パックで汚れを浮かす
ボールペンのインクなどがんこな汚れはパックで落とします。まず、衣類用の中性洗剤を3~5%の濃度になるようにぬるま湯で薄めて洗剤液を作ります。キッチンペーパーを洗剤液で濡らし、汚れが気になる部分に貼って、しばらく放置。

3.ソファ全体を拭く
パックを外したら、洗剤液を付けて硬く絞った布で、ソファ全体を拭き掃除します。

4.洗剤を拭き取る
水で濡らして固く絞った布で、ソファ全体を水拭きします。

5.から拭きをする
最後に乾いた布でから拭きをします。この後、すぐにクッションなどを置かず、よく乾燥させましょう。

革製ソファの掃除の仕方

皮製ソファのあるリビングの写真

革製ソファは、とてもデリケートなので、掃除に重曹や洗剤を使うことができません。また専用クリーナーを使う場合も、必ず目立たないところで、シミにならないかを試してから掃除をするようにしましょう。大切なソファを傷めないための、基本的な掃除方法は以下の通りです。

【用意するもの】
掃除機/柔らかい布3枚/革専用のクリーナー/革用保護クリーム

こげ茶色のソファを拭いている写真

1.掃除機で汚れを取る
まずは掃除機で、革の縫い目や、背もたれと座面の間などにたまった埃やゴミを吸い取ります。掃除機のノズルで革を傷つけないように注意を。

2.水拭きする
固く絞った布で水拭きします。ただし、革によっては水拭きでもシミになる場合があるので目立たないところでチェックをしてからにしましょう。

3.から拭きする
乾いた柔らかい布で水分をよく拭き取ります。革が傷むので力を入れすぎないように注意が必要です。

4.専用クリーナーで汚れを拭き取る
目立たないところで色落ちしないことを確認してから、専用クリーナーで円を描くように汚れを拭き取って、よく乾かします。

5.保護クリームを塗る
ソファが完全に乾いたのを確認したら、保護クリームを塗っていきます。塗り残しやムラがないように、優しく塗っていきましょう。

6.から拭きする
仕上げに再びから拭きをします。

知っておきたいソファ掃除の裏技

ソファに掃除機をかける写真

ここまで、ソファの基本的な掃除の仕方をご紹介しました。ここからは、ソファをきれいにする裏技をご紹介します。

ゴム手袋で隙間に溜まったゴミをごっそり取る

黄色いゴム手袋をはめる写真

ソファは構造によっては、背もたれと座面の間に汚れが溜まってしまうことがあります。しかも、隙間が狭くて掃除機では吸いきれない場合も。そんな時に役立つのがゴム手袋。まず、利き手にゴム手袋をはめます。その手をソファの隙間に差し込んで、ゴミや埃をかきだします。摩擦によって、ゴミや埃が手袋にまとわりつき、きれいに取ることができます。

アイロンで布製ソファのダニを退治する

アイロンのイメージ写真

布製のソファの場合、汚れたまま放置しておくと、ダニの温床になってしまう危険性があります。ダニが気になる場合は、次の方法で対処しましょう。

【用意するもの】
スチームアイロン/布/掃除機

1.水で濡らして固く絞ったタオルをソファの上に置く。

2.温度を「高」に設定したスチームアイロンを濡れタオルの上からかける。このとき、じっくりとアイロンをかけるのがコツです。

3.掃除機でダニの死骸を吸い取る。

日頃のお手入れがソファを長持ちさせるコツ

グレーのソファのある部屋の写真

今回ご紹介した方法で、ソファの汚れが取れなかった場合は、専門の業者にお願いする方法もあります。ただし、汚れやシミの状態によっては、費用がかさんでしまうことも。部屋の掃除と同じく、ソファの場合も汚れが蓄積してしまってからではきれいにするのが大変です。食べ物や飲み物をこぼしたら、なるべく早く拭き取るようにしましょう。また、埃やゴミは水分を吸収してカビの原因になることも。普段の掃除のときから、ソファにも掃除機をかけることを習慣にしましょう。日頃からこまめに手入れをしていれば、掃除もらくになり、ソファも長持ちして一石二鳥ですよ。

photo / Shutterstock

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報