会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

使いやすくてスッキリ。クローゼット&洗濯機周りのつっぱり棒活用アイデア

使いやすくてスッキリ。クローゼット&洗濯機周りのつっぱり棒活用アイデア

おうちの収納の理想は、スッキリ片付いていて必要なものがすぐに取り出せること。つっぱり棒メーカーの社長、竹内香予子さんの著書『魔法のつっぱり棒でお部屋が変わる』を参考にすれば、そんな理想の収納に近づくことができます。今回は本の中にある、クローゼットと洗濯機周りでの収納アイデアをご紹介します。

つっぱり棒でお部屋を整えるアイデアが満載の本

『散らかった場所が今すぐキレイに、おしゃれに!魔法のつっぱり棒でお部屋が変わる』の本と著者の竹内香予子さん

つっぱり棒メーカー「平安伸銅工業」の三代目社長で、整理収納アドバイザーでもある竹内香予子さん。これまでのつっぱり棒の常識を覆すような新しい商品を開発するなど注目されています。ご自宅でも150本ものつっぱり棒を愛用したお部屋作りを実現。最近は「つっぱり棒博士」として雑誌やテレビなどでもそのアイデアを紹介しています。
そんな中発売された、竹内さんの著書『散らかった場所が今すぐキレイに、おしゃれに!魔法のつっぱり棒でお部屋が変わる』。ご自宅でのつっぱり棒の使用例のほか、竹内さんも「おしゃれ!」と太鼓判を押すユーザーさんのインテリアなど、今すぐ取り入れたくなるアイデアが満載です。

クローゼット内に設置して中身を取り出しやすく

『散らかった場所が今すぐキレイに、おしゃれに!魔法のつっぱり棒でお部屋が変わる』の本の内容1

早速本の中を覗いてみましょう。
まずは、お部屋がいつも散らかってしまうと悩んでいる方のおうちを、竹内さんがつっぱり棒を使ってスッキリさせていく章。ここでは中央に仕切りのあるクローゼット内の収納術を紹介しています。
BEFOREのクローゼットは、ものを放り込んでいてごちゃごちゃ、奥には何が入っているかわからないという状態。そこでまずは奥に入っていた不要なものを処分し、よく着る服をハンガーで掛けて収納。さらに、右下の奥につっぱり棒をわたし、そこにも服やバッグを掛けられるようにしています。左半分には両脇にスノコを立て、そこにつっぱり棒と板を乗せてボックスを置ける棚を自作。見た目がスッキリし、どのアイテムも出し入れがしやすくなりました。

洗濯の際に必要なものがすぐに手に取れるように

『散らかった場所が今すぐキレイに、おしゃれに!魔法のつっぱり棒でお部が変わる』の本の内容2

こちらは、家の中の収納スペースを、つっぱり棒で増やすテクニックを紹介した章。写真は洗濯機周りの収納。右ページは、可動棚つきのつっぱり棒を設置。洗濯の際、洗剤や洗濯ばさみを手に取りやすい高さに配置し、タオル類なども置けるようにしています。左ページでは、つっぱり棒のユーザーさんの実例を。洗濯機のすぐそばのスペースにつっぱり棒をわたし、ハンガーを掛けて洗濯物を一時的に掛けられるようにしたり。これだけで作業がスムーズになりますね。

本にはほかにも、つっぱり棒で簡単にディスプレイ収納を作ったり、引き出しの中を使いやすく仕切ったりと、便利なアイデアがたくさん紹介されています。あなたのお部屋にも役立ててみてはいかがでしょうか?

photo / Shutterstock, 株式会社 扶桑社

散らかった場所が今すぐキレイに、おしゃれに!
魔法のつっぱり棒でお部屋が変わる
刊行:株式会社 扶桑社 
定価:1,000円(税別)

https://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594613891

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報