会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

買い物の前にチェック。お悩みの部分別、着痩せして見える洋服選びのポイント

買い物の前にチェック。お悩みの部分別、着痩せして見える洋服選びのポイント

服を選ぶ際に気になる、「着た時にすっきりと見えるかどうか」。着痩せして見せるには、一体どういうポイントで服を選べばいいのでしょうか?今回は、女性がよく悩みをもつ部位別に、着痩せできる服選びのコツをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

顔や首元、肩周りは広めに開けてすっきり

胸元がスッキリと見える着こなし

顔や首元をすっきり見せたいのなら、Vネックの服やシャツの上部のボタンを開けて、デコルテを少し出すのがおすすめです。逆にタートルネックやハイネックで首を覆ってしまうと、顔の丸さが強調されるうえ、身体の面積が広い印象になり太って見えてしまうかも。
タートルネックやハイネックを着たい場合は、目の細かいハイゲージニットか、もしくは縦の網目模様が目立つローゲージニットを手に取りましょう。模様のないローゲージニットは太って見えやすいので避けた方が無難です。

いかり肩や広い肩幅が気になる場合も、同じくVネックやシャツのボタンの調節で縦長にラインを作り、中央に視線を集めるようにすると肩が目立たなくなるそう。ラウンドネックのトップスは首元が詰まっていて肩周りの面積が大きく見えがちなので、着るならロングネックレスなどを加えて縦長のラインを作るようにしましょう。

ウエストにはくびれシルエットを作って

ウェストがくびれて見える着こなし

ウエストを細く見せるには、くびれのシルエットを作ってメリハリを。ジャケットやブラウスは、ウエストがシェイプされた形を選びましょう。カーディガンなど前ボタンのある服を着たときは、ウエスト辺りのボタンを留めればくびれのようなラインができるので、目の錯覚によってスリムに見せることができます。
ここでのポイントは、実際のウエストの位置よりも少し上にくびれシルエットを作るようにすること。また、ゆるめの服よりもフィット感のあるもののほうが効果的なのだそう。そうすることでウエストのみではなく全身をスリムに見せてくれ、脚長に見える効果も期待できます。

下半身が気になるなら、上半身の華奢さを強調

上半身をコンパクトにまとめた着こなし

上半身よりも足腰のボリュームが気になる人は、トップスはコンパクトにまとめて上半身の華奢な印象を強調しましょう。対してボトムスはAラインのスカートやバギーパンツなどを選び、太ももや腰回りをカバー。基本的にタイトスカートやスキニーパンツは避けた方がよいでしょう。もし細めのボトムスを履くなら、ヒップあたりまでカバーできるようなトップスを合わせ、腰周りのラインが出ないようにするのがおすすめです。

腕や脚を細く見せるなら、手首・足首を見せて

腕や脚を細く見せる着こなし

腕や脚を細く見せたいなら、七分袖のトップスや七分丈パンツのようなアイテムで手首・足首を出しましょう。長袖はまくったり、フルレングスのボトムスはロールアップでもOK。太い部分は隠しつつも、手首・足首の細い部分を出すことで華奢に見え、全体的に軽やかな印象に。太さが気になるからとすべてを隠すようにすると、逆にメリハリがなくボリュームがあるように見えてしまいます。

ほかにも、首元にストールやスカーフを巻いたり、服の上の方にコサージュやブローチを付けたりして高い位置にポイントを作ると、目線が上に集まり縦長にほっそりして見えるといった期待ができます。
春服のお買い物の前に、自分の身体の見せるべきポイントと隠したいところをチェックしてみてはいかがでしょうか?

「マイクロダイエット」のHPには、こうした体型の悩みやダイエットに役立つ知識がたくさん掲載されているので、そちらも参考にしてみてください。

photo / Shutterstock

サニーヘルス株式会社

https://microdiet.net/diet/001173.html

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報