会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

長く受け継がれる技術で作られる特別な生地。「TAKEYARI」の極厚2号帆布トートバッグ

長く受け継がれる技術で作られる特別な生地。「TAKEYARI」の極厚2号帆布トートバッグ

創業130年を誇る老舗の帆布工場が立ち上げたバッグブランド「TAKEYARI since. 1888」。そのバッグの最大の特徴は、極厚の帆布を使用していること。高密度で織られた丈夫な生地を使ったバッグはシンプルなようでいて一味違うディテールが特徴。機能的な作りにも注目してください。

老舗工場が作る、極厚の帆布を使ったバッグ

帆布工場「タケヤリ」の外観

入り口に「帆布発祥の地」と書かれた柱が建てられ、長い歴史を感じさせる帆布工場「タケヤリ」。綿花の栽培が盛んに行われていた倉敷で1888年に創業して以来、産業資材用のほか、インテリアやアパレル向けの帆布を製造してきました。
そのオリジナルブランドのひとつが「TAKEYARI since.1888(以下TAKEYARI)」。自社の帆布の魅力をたくさんの人に知ってもらい、実際に触れて欲しいという考えから、2号や3号といった少し珍しい帆布のバッグを展開しています。

帆布に使われる糸

帆布といえば、8号や9号といった表記がされているバッグはよく目にしますが、2号や3号はあまり見かけません。帆布とは一体どういうものなのでしょう?

そもそも帆布は厚みや強度によって号数が異なり、その号数は、帆布を織るときに用いられる糸を何本撚り合わせて作っているかで決まります。
例えば、写真左は3本を撚り合わせた糸で、これを織って生地にすると0.8~0.9mmほどの厚みの8号帆布になります。対して右は8本を撚り合わせた糸で、織ると厚みは1.45mmほどに。これが1号帆布です。このように、基本的には号数が大きいほどに薄く、小さいほどに厚みがあるのが帆布です。※例外として、1号帆布は2号よりも少し薄く、2号が帆布の中で最も厚手の生地です。

一般的な帆布のバッグは、8~10号のものが多数。一方TAKEYARIでは、2号や3号といった厚みのある帆布のバッグを作っています。

TAKEYARIの工場での作業風景

それほどの厚みのある帆布を織るには、強い動力をもつベルギー製の織機でなければ難しいのだそう。ところが、時代の流れにより、その織機は廃盤に。現在でも稼働させているメーカーは世界中でも珍しいそうです。それでもTAKEYARIの工場では、その織機を職人さんが細かな微調整やメンテナンスを繰り返しながら50年以上使い続けています。

稀少な織機を長く使い続けられる職人さんがいるからこそできる、極厚の帆布。中でも最も厚い2号帆布は、布1枚の状態で置いても自立するほど、高密度でしっかりとした強度をもちます。そんな貴重な帆布を使ったバッグは、たくさんの荷物を入れても型崩れせず美しいシルエットをキープ。丈夫で長く使い続けることができるのです。

2色の糸で織った内側まで美しいベーシックトートバッグ

「TAKEYARI」の極厚2号帆布を使ったベーシックなトートバッグ

2色の糸で平織りした2号帆布のトートバッグ。ベーシックな形だからこそ、生地の深みある色と風合いが際立ちます。チャコールグレーが織り込まれたこの色合いは、汚れを目立ちにくくしてくれるというメリットもあるのだそう。

「TAKEYARI」の極厚2号帆布トートバッグの内部

バッグの内側も、丁寧に作られていることがわかる細かなディテールに目を奪われます。
口部分の始末は、生地が厚く何重にも折ることはできないため、一度だけ折り返してパイピング処理を施しています。また、ハンドルは2号帆布とコットンテープで二重にし、本体の生地を間に挟むように。こうした細かな作りがバッグの安定感を増し、より丈夫にするのだそう。
15cmのマチがあり、内ポケット付き。しっかりしていて容量もたっぷりなので、たくさんの荷物を持ち歩くことができます。

特厚シャンブレー帆布トート M 15,000円(税別)

帆布と本革のコンビネーションが美しいトート

「TAKEYARI」の極厚2号帆布を使ったブルーのトートバッグ

続いては、2号帆布のボディに、ブラックのラインが入ったデザインのトート。ラインと持ち手には、品質の高い栃木レザーの本革を採用。革はもちろん、厚みのある固い帆布も使い込めばしなやかになっていくので、長く使うほどに味わい深くなっていきます。

「TAKEYARI」の極厚2号帆布を使ったブルーのトートバッグのファスナー部分

こちらのバッグも機能美あふれる作りに注目を。
ゴールドのファスナーが映えるバッグ上部の脇には、かすかな隙間が。実は隠しポケットになっていて、ファスナーを開けなくてもスマートフォンなどをしまえるようになっています。内側にはオレンジ色の裏地つきで、大小のポケットが3つと、鍵やパスケースなどを取り付けられる金具もあって使い勝手は抜群。
ナチュラルやネイビーなど、落ち着いた4色からお好みのものを選んでください。

栃木レザーハンドルトート 26,000円(税別)

ショルダーベルトや縁の処理が個性的な2wayトート

「TAKEYARI」の極厚2号帆布を使った2wayトートバッグ

トートとショルダーの2wayで使えるこちらのバッグはカジュアルな印象。本革のシンプルな持ち手に対し、ショルダーベルトは表と裏で異なる模様の入ったPUレザーが採用されていて、ちょっぴり個性的です。

「TAKEYARI」の極厚2号帆布を使った2wayトートバッグを手に持っているところ

ショルダーベルトは取り外し可能なので、服装に合わせてどちらの模様を表にするかを選べます。反対側の模様がチラリと見えたときもお洒落ですね。
このバッグでもう1つおもしろいのがボディの口部分。切りっぱなしになっていて、使っていくうちに縁の織りがほつれ、次第にフリンジのように変わっていくのです。少し下にステッチがあるので、ほつれが止まらなくなるような心配はありません。さりげなくデザインも変化していく珍しいバッグです。

2号帆布トートバッグ縦型 23,000円(税別)

極厚帆布のさまざまなバッグ

TAKEYARIの帆布を使った特徴的なバッグ

ご紹介したトートバッグ以外にも、帆布を使った特徴的なバッグがたくさん用意されているので、TAKEYARIのオンラインショップをチェックしてみてください。きっと、これこそが自分の求めていた帆布バッグ!と思えるものに出合えるはずです。

photo / TAKEYARI since.1888

TAKEYARI since.1888

https://takeyari-tex.com

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報