会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

階段の昇り降りが体脂肪燃焼に。普段の生活で今すぐに実践できる、痩せやすい体づくり

階段の昇り降りが体脂肪燃焼に。普段の生活で今すぐに実践できる、痩せやすい体づくり

普段から体型に気を配っている人は、日々の生活の中での何気ない行動が体型維持につながっているといいます。今回ご紹介するのは、日常生活で簡単にできる「階段ダイエット」。エレベーターやエスカレーターを使いがちなところを階段に切り替えれば、効率的に体脂肪を燃焼できますよ。

階段の昇り降りは、体脂肪燃焼に繋がる有酸素運動

階段で体脂肪燃焼

「階段ダイエット」は、その名のとおり、階段を昇ったり降りたりするダイエット法です。
疲れはするけれど、大した運動ではないように感じられる階段の昇り降り。それでも実は軽いジョギングと同程度の運動強度であり、有酸素運動に分類されるのです。

また、有酸素運動であるという以外にも、階段の昇り降りがダイエットに有効なのは、下半身の筋肉がよく使われるためです。ふくらはぎや腿の大きな筋肉が鍛えられるので、下半身が引き締まるのに加え、基礎代謝がアップするという効果も期待できます。

今すぐにできる!階段ダイエットのコツ

階段ダイエットのコツ1

それでは、実際に階段ダイエットをするときのポイント3つを見ていきましょう。

1つめは、スピードです。階段の昇降は、酸素を取り込みながら行う有酸素運動なので、初めのうちはゆっくりでもOK。息が上がり過ぎないスピードで行い、徐々にテンポよく昇れるようになりましょう。

2つめは、正しい姿勢を意識すること。良い姿勢で行えば正しく負荷がかかり、効率的に筋肉が鍛えられます。太ももの引き締め効果を狙うなら、背筋を伸ばし、膝を高めに上げて昇るようにしましょう。また姿勢に気を付けると、足腰の痛みなどのトラブルを防ぐことにもなるので、常に心掛けたいポイントです。

階段ダイエットのコツ2

3つめは、少しずつ継続すること。慣れないうちはかなりの疲れを感じるかもしれませんが、少しずつでも続けていくうちに筋肉がつき、楽に行えるようになります。まずは1日1回、1階分だけでも階段を使うことから始めてください。最終的には1日の階段昇降の合計時間が10分以上になるとよいでしょう。

特別な道具や運動の時間を確保する必要はなく、普段の生活に取り入れやすい階段ダイエット。上記のポイントを意識しながら、早速始めてみてはいかがでしょうか?

「マイクロダイエット」のHPには、こうしたダイエットに役立つ知識がたくさん掲載されているので、そちらも参考にしてみてください。

photo / Shutterstock

サニーヘルス株式会社

https://microdiet.net/diet/001137.html

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報