会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

和紙だからこその存在感。繊細かつ華やかな「AH Paper Accessory」のピアス

和紙だからこその存在感。繊細かつ華やかな「AH Paper Accessory」のピアス

思わず目を奪われるアクセサリーに出会いました。それは「AYUKO HISHIKAWA Paper Accessory」の、和紙からできた、まるで本物の花のようなピアスなど。繊細さと華やかさを持ち合わせた、今までに見たこともないようなプロダクトに注目です。

和紙の素材を活かしたアクセサリーブランド

おすすめアクセサリー、和紙で作られた「SIWA | 紙和」のアクセサリー

和紙をもっと日常的に使ってもらいたいという思いで、「SIWA | 紙和」という日用品を取り扱うブランドを立ち上げた株式会社大直。
その大直が2016年にスタートさせたのが、「AYUKO HISHIKAWA Paper Accessory(以下AH Paper Accessory)」です。東急プラザ銀座店のオープンと同時に限定商品として企画されたシリーズだったのですが、反響が良く、正式にひとつのブランドとなりました。
AH Paper Accessoryは、ニューヨークを拠点に活躍するハットデザイナーのヒシカワアユコさんが手掛ける、花をモチーフとしたピアスやブローチなどを主に展開しています。SIWAと同じ和紙が使われ、本物の花のような緻密さ・繊細さを表現。手に乗せてみると、驚くほどの軽さです。そんな、和紙ならではの特長が活きたアクセサリーをご紹介します。

一つひとつ職人さんの手作業で作られる

アクセサリーに用いられる和紙は、自社開発の「ハードナオロン」。リサイクルされたポリエステル繊維を使い、和紙すきの製法で作られています。和紙の風合いを残しつつも、破れにくく耐水性に優れた、雨にも強いオリジナルの素材です。
その紙を使い、職人さんがアクセサリーに仕立てていきます。パーツごとにカットした和紙一枚一枚に、温めたコテで熱を加えて、本物の花びらのように立体的に形作ります。次に、針と糸で花びらのパーツを繋ぎ合わせて、ひとつのアクセサリーにしていくのです。形が崩れないよう接着剤で補強もしますが、コーティング等は施していないため、素材そのものの質感が残った味のあるアクセサリーができあがります。

小花がいっぱいの「FUJI(S)」

おすすめアクセサリー、可愛らしいデザインの「SIWA | 紙和」のピアスとイヤリング

小さな花がいっぱい集まっているような、可愛らしいデザインの「FUJI(S)」。イヤリングは耳たぶの上にちょこんと乗るような形。ピアスはフックタイプのため、耳の少し下にぶらさがるような形となります。カラーはピンク・ダークグリーン・オレンジなど、全部で6色。
身に着けるときは髪を結ったり耳に掛けたりして、花全体が見えるようにしてはいかがでしょう。柔らかなブラウスなどに合わせて、コーディネートのアクセントにするのがおすすめです。

FUJI(S) ピアス/イヤリング 片耳用 4,800円(税別)

華やかに揺れる「FUJI(L)」

おすすめアクセサリー、「SIWA | 紙和」の大ぶりなアクセサリー

続いて、FUJI(S)が長くなったデザインの「FUJI(L)」。大ぶりでインパクトがありますが、風に揺れる軽やかさがあり、やさしい雰囲気です。こちらもFUJI(S)と同じくイヤリングとピアスがあり、6色展開。存在感があり、パーティーシーンにはもちろん、普段のシンプルな服装に加えれば、ぐっと華やいで見えること間違いなしです。

FUJI (L) ピアス/イヤリング 片耳用 12,000円(税別)

シックで大人っぽい「NADESHIKO」

おすすめアクセサリー、「SIWA | 紙和」の目を引くアクセサリー

こちらは、ボリュームたっぷりの花が目を引く「NADESHIKO」。FUJIのシリーズとはまた違った、クールで凛とした印象です。カラーは深みのあるブルーとレッドの2色で、大人の女性にぴったり。カジュアルな服装にも映え、シックに決まりそう。

NADESHIKO ピアス/イヤリング 片耳用 4,800円(税別)

新しいことに挑戦し続ける和紙メーカー

おすすめアクセサリー「SIWA | 紙和」のアクセサリーを浴衣にあわせたところ

AH Paper Accessoryにはほかにも指輪やブローチ、コサージュなどがあり、どれもカジュアル・フォーマル両方の服装に合うほか、和装にもぴったり。これからの季節は浴衣に合わせるのも素敵です。また、結婚式用のラインとして美しいヘッドピースやヘッドドレスも受注制作しています。
オンラインショップやその他取扱店で販売されているので、ホームページをチェックしてみてください。東京・銀座の東急プラザの店舗には、ネット販売されていない新作アイテムが並ぶこともあるので、立ち寄ってみるのもおすすめです。

大直は、このように色々なデザイナーと協力して新商品を作り、和紙の新たな魅力・可能性を広げる試みを行っています。直近ではフラワーアーティストedenworksとコラボレーションした紙の花「PAPER EDEN with naoron」の発売や、自社開発の紙を糸にして使用したプロダクト「SIITO」なども発表。新しいことに挑戦し続ける大直から、これからも目が離せません。

photo / SIWA Collection

SIWA Collection
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 6F

http://siwa-collection.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを