会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

3日間保存可能。食物繊維がたっぷり摂れるキャベツの常備菜レシピ<3選>

3日間保存可能。食物繊維がたっぷり摂れるキャベツの常備菜レシピ<3選>

食物繊維たっぷりのキャベツは、積極的に摂りたい野菜のひとつ。それでも一玉か半玉を買うと余ってしまう…とお悩みの方もいるかもしれません。今回は、キャベツをたっぷり使って作れる常備菜を3つご紹介します。塩もみしたり、炒めたりと、複雑な工程なしで作れ、どれも冷蔵で3日もつので、作り置きにおすすめですよ。

キャベツの甘みとさわやかな酸味がやみつき「コールスロー」

おすすめ常備菜、キャベツのコールスローを作る様子

まずひとつめは、おなじみの「コールスロー」。お酢やレモン汁のさわやかな酸味でキャベツの甘みが引き立ち、いっぱい食べられそう。キャベツは、千切りにすることでふんわりと柔らかな食感になり、ドレッシングなども絡みやすくなるんです。千切りがめんどうだなと思ってしまう方は、便利なロングピーラーを使うのも手。包丁で切る場合には、よく切れる大き目のものを使い、ぎゅっと押さえてまっすぐ切れるようにするのがコツですよ。

材料(作りやすい分量)

  • キャベツ1/2個
  • にんじん1本
  • 赤玉ねぎ1/6個
  • 小さじ2
  • マヨネーズ大さじ4
  • グレープシードオイル大さじ1
  • レモン汁適量
  • こしょう適量

作り方

  • 1キャベツはロングピーラーで(なければ包丁で)せん切りに、にんじんは5cmの長さでせん切りにし、ひとつのボウルに入れる。
  • 2塩小さじ2を加えて和え、30分置いたのち、キッチンペーパーで包んでしっかり絞って水気を切る。
  • 3待ち時間中に、赤玉ねぎをスライサーでごく薄くスライスし、水にさらす。こちらも同じように水気を切り、(2)に加える。
  • 4すべてをボウルにあわせ、マヨネーズ、お酢、グレープシードオイル、レモン汁少々を混ぜて、塩(分量外)、こしょうで味をととのえる。

野菜のしゃきしゃき食感がおいしい「キャベツの塩もみ炒め」

おすすめ常備菜、キャベツの塩もみ炒めを作る様子

次は、しゃきしゃきとした食感が楽しい「キャベツの塩もみ炒め」。大根やかぶなどを加えることで野菜がたくさん摂れ、さらには食べ応えもアップします。セロリや生姜の香りがアクセントになり、お箸がすすむ一品です。

材料(作りやすい分量)

  • キャベツ1/4個
  • セロリ1本
  • 大根、かぶ適宜
  • 生姜1かけ
  • 適量
  • 太白胡麻油適量

作り方

  • 1キャベツはざく切り、セロリは斜め薄切りに。(他はお好みで)大根やかぶは薄いイチョウ切りにしてボウルに合わせ、塩もみして水気をしっかり切る。
  • 2生姜1かけを千切りにする。
  • 3フライパンを熱し、少量の太白胡麻油で生姜を炒め、香りが出てきたら(1)を入れ、しゃきしゃき感が残る程度に、上下を返すようにして炒める。

なじんで2日目からが食べごろ。「キャベツのナムル」

おすすめ常備菜、キャベツのナムルを作る様子

最後の「キャベツのナムル」は、電子レンジで加熱するか、茹でて調味料と和えるだけというお手軽さ。シンプルがゆえに、にんにくや胡麻油の風味が活きます。作って2日ほど置くと味がなじんで、一番の食べごろになりますよ。おつまみにも最適です。

材料(作りやすい分量)

  • キャベツ1/4個
  • にんにく1かけ(すりおろす)
  • 醤油適量
  • 胡麻油適量
  • 適量

作り方

  • 1キャベツ1/4個をそのままラップで包み、電子レンジ600Wで2分ほど加熱(または鍋に少しの水を入れて蓋をし、蒸し茹でに)し、冷めたらひと口大にざく切りにする。
  • 2ボウルにキャベツとおろしにんにく、醤油、胡麻油、塩を合わせ、味を整える。

photo / Oisix

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報