会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

「食卓を創造性豊かに」。パリ発・オリーブオイル専門店「OLIVIERS&CO」が日本初出店

「食卓を創造性豊かに」。パリ発・オリーブオイル専門店「OLIVIERS&CO」が日本初出店

1月25日(木)、フランス・パリ発のオリーブオイル専門店「OLIVIERS&CO(オリヴィエ・アンド・コー)」が東京・銀座にオープンします。店内ではオリーブオイルとさまざまな食品のフードペアリングが楽しめるのだとか…。

世界15ヵ国に75店舗を展開するオリーブオイルブランド

オリーブオイル専門店「OLIVIERS&CO GINZA(ギンザ)」の外観

フランス・パリ生まれのオリーブオイルブランド「OLIVIERS&CO(オリヴィエ・アンド・コー)」が日本にやってきました。2018年1月25日(木)に、東京・銀座に「OLIVIERS&CO GINZA(ギンザ)」がオープンします。

オリーブオイル専門店「OLIVIERS&CO(オリヴィエ・アンド・コー)」のオリーブオイル

「OLIVIERS&CO(オリヴィエ・アンド・コー)」は、現在フランス国内に30店舗、世界15ヵ国に75店舗を展開する、ミシュラン獲得シェフ御用達のオリーブオイルブランド。
フランスのトップオリーブオイルソムリエである、エリック・ヴェルディエ氏が品質ディレクターとして、地中海各国の著名なオリーブオイル生産者から500以上のオリーブオイルを取り寄せてテイスティング、そのうち30種類のオイルを厳選して商品にしています。

オリーブオイルといえば、現在では日本人にもすっかりなじみ深く、スーパーでも手に入る植物油。そのオリーブオイルの専門店とはどのようなお店なのでしょうか。
「OLIVIERS&CO GINZA(ギンザ)」のディレクターである炭本眞吾さんにお話をうかがってきました。

オリーブオイルとさまざまな食材のペアリングを楽しめる

オリーブオイル専門店「OLIVIERS&CO GINZA(ギンザ)」でのフードペアリングの様子

炭本さんによると、同店最大の特色は、オリーブオイルとさまざまな食材のペアリングを楽しめることなのだそう。

「ひとくちにオリーブオイルといっても、素材によってすべて味が違うんです。フルーティなものから、苦みが際立っているものまでさまざま。レストランなどでオリーブオイルをバゲットにつける食べ方は一般的ですが、オイルによってはバゲットには合わないものもあります。当店ではイートインスペースを併設しており、それぞれのオリーブオイルに合った食材とのペアリング料理をお楽しみいただけます」

イートインスペースだけではなく、店内のテイスティングテーブルでも無料でフードペアリング体験ができるのにも注目。オリーブオイルに合わせるのはバゲットだけではなく、チーズやハム、豆腐など、多彩な食材が用意されているというから驚きです。店内で販売されている20種類のオリーブオイルのほか、アロマティックオイル、ビネガーなどの試食も可能なのだとか。

さっそく試食をしてみると…驚きのオリーブオイル・ワールド!

オリーブオイル専門店「OLIVIERS&CO GINZA(ギンザ)」内にあるオリーブオイルたち

「オリーブオイルってそんなに違いがあるものなの・・・?」とひそかな疑念を抱きながらも、さっそく、何種類か試食をさせていただきました。
その結果は…全然違う!

試食したオリーブオイルは、フルーティでマイルドなタイプのものから、ゴーヤを思わせるような苦みのあるもの、舌にピリッと響く辛みのあるもの、マイルドさの中に青々しさを感じるものなどなど…。オイルによって味わいが全く異なります。

しかも、植物油とはいえ『オイル』であるのに、胃にもたれる重さがまったくないのにも感動しました。

オリーブオイル専門店OLIVIERS&COのアロマティックオイル

「オリーブオイルのほかにも、フレッシュなバジルやガーリックを感じるアロマティックオイルや、イチジクやマンゴーなどを使ったビネガーも取り揃えています。オイルの風味や味わいによって、バゲットに合わせたり、焼き魚にかけたり、ドレッシングにしたりと色々な楽しみ方ができるのがオリーブオイルの魅力です。当店では、どんな料理にどんなオイルが合うのか、オリーブオイルソムリエがお客様に丁寧に提案させていただきます」

しょうゆや塩のように、調味料としてオリーブオイルを楽しむ

料理にOLIVIERS_COのオリーブオイルをかけている様子

「当社では『日本人の食卓を、より創造性豊かに』をコンセプトにしています。日本人にとって『サラダ油など、オイルの仲間のひとつ』だったオリーブオイルを、これからはしょうゆや塩などと同じ『調味料』として楽しんでいただきたいと考えています。
たとえば、豆腐やお刺身にはしょうゆをかけるのが定番ですが、それらにオリーブオイルをかければ、洋風の冷奴や、カルパッチョに大変身しますよね。オイルをかけるだけで、1種類だった料理のレパートリーが2種類に増えるんです。そうして、あの食材にも合うんじゃないか、こういった食べ方もできるんじゃないか、と想像するのがまた楽しいんです。皆様にも、そのような体験をしていただきたいですね」

手の込んだ料理をしなくても、調理の仕上げにかけたり混ぜたりするだけで、食の幅がグッと広がるのも魅力的ですね。そうした手軽さも、年代や性別を問わず、人々のライフスタイルの充実につながっていくのではないでしょうか。

オリーブオイル専門店OLIVIERS&CO GINZAのスタッフさんたち

ぜひ、お店に足を運んでテイスティングやフードペアリング体験でオリーブオイルの奥深さを感じてみてください。

photo / 八木虎造

OLIVIERS&CO GINZA(オリヴィエ・アンド・コー・ギンザ)
東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル1F

https://oliviersandco.jp

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを