会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

「見える油」と「見えない油」。摂るべきものを見極めて、健康的な体を手に入れよう

「見える油」と「見えない油」。摂るべきものを見極めて、健康的な体を手に入れよう

油と聞くと「カロリーが高い」「摂りすぎたくない」というイメージがありますよね。特にダイエット中は、油を意識して食事しているかもしれません。そんな油ですが、積極的に取り入れたほうが良い物もあるのをご存知ですか?今回は油の見極め方をご紹介。摂取する油を意識して健康で美しい体を目指してみてください。

油には「見える油」と、「見えない油」がある

ハムや生ハム。加工食品の写真

ダイエットをしているから、と食事に使用する油を控えている方も多いのではないでしょうか。しかし、その効果はあまりないのかもしれません。というのも、油は大きく分けて「見える油」と「見えない油」の2種類に分類できるのです。「見える油」とはオリーブオイルやサラダオイルなどの調理に使う脂肪そのものの油のこと。一方「目に見えない油」とは菓子パンやウインナー、穀物などの加工食品などに含まれている、見た目ではわからない油のことを指します。
ある調査レポートによると、日本人の脂質摂取量は、全体の2割が「見える油」から、残りの8割は「見えない油」を食事から摂取しているという結果が出ました。
つまり、たった2割の「見える油」を控えても、無意識に「見えない油」からたくさんの脂質を摂取しているのです。

油が持つ役割とは?

効率的な油の摂り方とは?

だったら、「見えない油」も控えればいいのでは?と思うかもしれませんが、控えすぎるのもNGなのです。脂質には肌や髪を健康的に保ったり、脳や神経の機能を保つ役割があります。もちろん過剰摂取は良くないですが、体に必要な油を摂ることは健康な体づくりの大きなポイントとなります。たとえ油を摂らないダイエットで体重が落ちたとしても、髪がパサパサになってしまったり肌が荒れてしまっては本末転倒ですよね。そんなことを防ぐために、体に本当に必要な油を見極める必要があるのです。

体に本当に必要な油とは?

本当に体に必要な油とは?

それでは、積極的に摂りたい油とはどういったものなのでしょう?それは、現代人に不足しがちなオメガ3脂肪酸が含まれているものがおすすめです。オメガ3脂肪酸とは中性脂肪やコレステロール値を抑制したり、PMSの緩和や血流改善などの効果が期待できる不飽和脂肪酸のこと。ただ、体内で作ることができない成分のため、食品から摂る必要があるのです。先ほど紹介した「見える油」で言うと、えごま油やアマニ油。「見えない油」からは魚(特にさばやさんまなどの青魚)やチアシードに含まれているので、積極的に摂っていきたいですね。

いかがでしたでしょうか?摂るべきものと控えるものを見極めることで、美しく健康的な体を目指すことができます。ぜひ、摂るべき油を意識した食生活をしてみてください。

photo / サニーヘルス株式会社

情報提供:マイクロダイエット

https://microdiet.net/diet/001108.html

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報