プレゼントにおすすめ!部屋がオシャレになる、人気キャンドル〈5選〉

プレゼントにおすすめ!部屋がオシャレになる、人気キャンドル〈5選〉

ゆらゆらと揺れる炎を見ているだけでなんだかホッと落ち着く、キャンドルの不思議な力。アロマキャンドルであれば、香りもプラスされてもっと癒されますよね。さらにお花の香りのするアロマキャンドルには女子力UP効果もありそう。今回は心もカラダも寒くなる秋冬の訪れを感じ始めたこの時期に、ぜひ手に入れてほしいキャンドルをご紹介します。

心もカラダも温めるキャンドルの力

火を灯したアロマキャンドル

ゆらゆらと揺れる炎を見ているだけでなんだかホッと落ち着く、キャンドルの不思議な力。アロマキャンドルであれば、香りもプラスされてもっと癒されますよね。さらにお花の香りのするアロマキャンドルには女子力UP効果もありそう。今回は心もカラダも寒くなる秋冬の訪れを感じ始めたこの時期に、ぜひ手に入れてほしいキャンドルをご紹介します。

ドライフラワーが可愛い、ナチュラルアロマキャンドル「sheep」

ナチュラル素材だけを使用して作り上げたソイキャンドルブランド「sheep(シープ)」。暮らしの中に温度を感じることを大切にしたこのブランドで作られるキャンドルは、素朴で味わい深い雰囲気が魅力。コットン100%の数十本の糸を編み込んで作られた芯だからこそ、ロウの吸収が一定となり、安定した柔らかな炎を生み出すのだそう。また、“毎日安心して使える価格”がテーマのこちらのキャンドルは、テーマの通りの嬉しい価格設定。写真の「BOTANICAL SOY CANDLE」はソイキャンドルにドライフラワーを飾ったアロマキャンドルで、小さな花束のような可愛らしい見た目がプレゼントにもぴったりです。イランイラン、ユーカリ、シトロネラのエッセンシャルオイルで香りづけされたすっきりとした甘い香りが人気。本来は捨てられてしまう生花をドライフラワーにして再利用しているため、季節によって種類が変わるそう。なんだか、それを楽しみにリピートして使ってしまいそうですね。

プレゼントにぴったりの植物標本キャンドル「card-ya」

ボトル型やカヌレ型、植物標本、光を反射するジェルを使ったものなど、香りはもちろんユニークな形も楽しめる「card-ya(カードヤ)」のキャンドル。こちらのキャンドルはミツバチの巣からとれる蜜ろう・透明感のあるジェル・石油から作られるパラフィンを主に使って作られています。写真の蜜ろうを使った植物標本は、あえて火は灯さず観賞用として楽しむもの。ちょっと変わったキャンドルとして、贈り物などにしても喜ばれそうです。プレゼントする際には、あえて中身が見えるクリアな袋に入れ替えてプレゼントしたいですね。

美しい花々をふんだんに使ったアロマキャンドル「ROSY RINGS」

天然の草花を贅沢に使用した「ROSY RINGS」は自然のままの豊かな香りを大切にしています。世界的に愛されているこちらのブランドですが、一つひとつ人の手で作り続けることで今も昔も変わらない品質を保ち続けています。キャンドルの中には季節の花々やスパイスをいっぱいに詰めることで生まれる植物の豊かな香りが、私たちに上品な癒しの時間を与えてくれます。なんだか火をともすのがもったいないかわいらしさですが、植物が入った外側の蝋と火を灯す内側の蝋の間に耐熱紙を挟んでいるので、いつまでも見た目が変わらず楽しめるのだそう。鮮やかさはもちろんですが、キャンドルが入った箱もとっても可愛らしいのでプレゼントにすれば、受け取ったときと、箱を開けたときに2度喜んでもらえそうなキャンドルです。

パチパチという音にも癒される「AKARIROUSOKU」のキャンドル

栃木県に工房を構え、キャンドルの制作や空間演出を手掛ける「AKARIROUSOKU(あかりろうそく)」のキャンドルは日本の商品らしい素朴なあたたかさと独特なフォルムが特徴です。写真のキャンドルは人気の「takibi」と「danro」シリーズ。栃木県宇都宮市で採掘される大谷石(おおやいし)を使った器は、一つひとつ手作業で作られているのですべてが1点もの。どちらも木製の芯を使用しているので、炎を灯して耳を澄ますとパチパチ…と焚火のような音が聞こえて来るのだそう。なんだか想像するだけでワクワクしそうなこちらのキャンドルは、毎日忙しく頑張る誰かにぜひプレゼントして頂きたいです。頑張り屋さんのお友達もパチパチという、どこか懐かしい音を聞くことで、忙しさを忘れてふっと力を抜けるのではないでしょうか。

インテリアとしても。「biancabianca」の空キャンドル

「biancabianca(ビアンカビアンカ)」というブランドが作るこちらのキャンドル。biancaとは、イタリア語の女性名詞で“白色”という意味を持ち、どんな色でも白色を加えることでやわらかな色に変化するように、キャンドルの灯りで心をやわらかくしてほしい、という願いが込められているのだそう。写真の『空キャンドル』は人気商品の1つで、青ベースの中に白を取り入れてグラデーションをつけたり、まばらに白を散らしたりと、なんだか空を想像させます。火を灯すことで白い部分が強調されて、より素敵に見えるこちらのシリーズは、写真のように何個かを並べて使えば、青空が広がっていくようで思わずうっとりする空間になります。
今回ご紹介したキャンドルはどれも素敵で、いつまでも眺めていたくなるようなものばかり。キャンドル好きの方は今持っているキャンドルとは一番違うタイプのものを、まだキャンドルを持っていないという方は是非今回のキャンドルの中からお好きなものを取り入れてみてはいかがでしょうか。キャンドル一つで、今までになかったホッと温まる秋冬を過ごせるかもしれませんよ。

「ROSY RINGS」

http://www.rosyrings.jp/

「AKARIROUSOKU(あかりろうそく)」

http://www.akarirousoku.com/

「biancabianca」

http://www.biancabianca.net/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

  • しなやかな身体をつくる12の習慣
  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe