NY・ブルックリン発。こだわり素材のレストラン「エッグ(egg)」が日本初上陸

NY・ブルックリン発。こだわり素材のレストラン「エッグ(egg)」が日本初上陸

ニューヨーク・ブルックリン発のオールデイブレックファストレストラン「エッグ(egg)」が、2017年4月池袋にオープンしました。ブルックリンの本店と同じく、南部の家庭料理を中心としたメニューを提供してくれる「エッグ(egg)」は、日本でも話題になること間違いなしのお店です。

朝食が魅力的なお店

卵を使用した「エッグ(egg)」のブレックファーストメニューの様子

「エッグ(egg)」は、アメリカ南部の伝統的な家庭料理を提供するレストランです。
地元農園でとれた野菜や、新鮮な卵を使用したメニューを提供しており、ニューヨークでは行列もできるほど話題となっています。
特に「朝食ぐらいはゆっくりと時間をかけてリッチに食べよう」というオーナーの思いが込められたブレックファーストと、ブランチメニューは大人気!ブレックファーストメニューは、朝だけでなく終日いただくことができます。

大人気メニューの「エッグ ロスコ」

「エッグ(egg)」の看板メニューの「エッグ ロスコ」

「エッグ(egg)」の看板メニューは、サクサクのブリオッシュパンに、とろとろ卵とホワイトチェダーチーズをたっぷりかけて焼き上げた「エッグ ロスコ」。
これまで味わったことのない食感で、何度も食べたくなってしまいます。ケールと季節の青野菜、自家製ポークソーセージ、キャンディーベーコン、グリルベーコンの中から、お好みのサイドディッシュを選んで添えられ、栄養バランスを整えられるのもうれしいですね。

定番のフレンチトーストもオススメ

ブリオッシュパンを使った「エッグ(egg)」のフレンチトースト

広島県の農場で、独自ブレンドしたエサを与え育てた鶏が生んだ卵に、生クリームとバニラエクストラクトを使用し、ブリオッシュパンに絡ませ焼き上げた「フレンチトースト」もオススメです。表面がサクッ、中がフワッとしており、ふたつの食感を味わえます。バターとピュアメープルシロップをかけていただくと更においしく楽しめますよ。

そのほか、「ホワイトチェダー入りオムレツ」や、スクランブルエッグ、ポーチドエッグ、目玉焼き、ゆでたまごなどのお好きな卵料理とパンを組み合わせられるメニューも用意してあります。卵料理好きな方は見逃せませんね。

朝こそゆっくり過ごしたい方や、おいしい卵料理を食べたいという方は、ぜひ足を運んでみてください。きっと至福の時間を過ごせると思いますよ。

photo / エッグ

「エッグ(egg)」
住所: 東京都豊島区西池袋2-37-4としま産業振興プラザIKE・Biz

https://www.eggrestaurant.com/japan/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

  • しなやかな身体をつくる12の習慣
  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe