会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

バリスタがハンドドリップでいれる、新感覚の日本茶のお店「東京茶寮」

バリスタがハンドドリップでいれる、新感覚の日本茶のお店「東京茶寮」

2017年1月にオープンした、世界初のハンドドリップスタイルで日本茶をいれてくれるお店「東京茶寮(とうきょうさりょう)」。整然とした和風モダンな空間で、今まで知らなかった、新しく奥深い日本茶の世界を楽しんでみませんか?

奥深いお茶の世界の入り口へ。「東京茶寮」

三軒茶屋にオープンした日本茶専門店「東京茶寮(とうきょうさりょう)」。昔から親しまれてきた日本茶をもっと気軽に現代のライフスタイルに取り入れ、楽しめるようなプロダクトを制作する『green brewing』がブランドストア1号店としてオープンさせた、世界初のハンドドリップスタイルで淹れる日本茶のお店です。
コーヒーと同じく、煎茶も「産地」「品種」「蒸し・焙煎」によって味が全く異なります。

しかし、日常的に飲まれているのは画一的なペットボトル飲料で、お茶の味の違いはご存じない方がほとんどでした。実は、日本人が飲みなれた煎茶は、ワインや日本酒に劣らず違いを明確に感じられる、個性豊かな飲み物です。

当店が各地より選りすぐって仕入れた、シングルオリジン煎茶の飲み比べ体験をお楽しみ下さい。
出典:http://www.tokyosaryo.jp

三軒茶屋おすすめカフェ、日本茶専門店東京茶寮

店内は、茶室を再解釈したというとってもシンプルなレイアウト。整然とした中で、バリスタが注文を受けてから丁寧にドリップした日本茶を楽しむことができます。漆喰仕上げの壁や国産の無垢材を使用したカウンターなど、日本の職人が長年培った技術が垣間見えてなんだかキリリと背筋が伸びますね。そぎ落とされたミニマルで直線的な内装ですが、どこか日本のわびさびのような静かな美しさを感じます。

ハンドドリップによる新感覚の日本茶を楽しめます

「東京茶寮(とうきょうさりょう)」のお茶をドリップしている様子

東京茶寮で使われるドリッパーは、『green brewing』が企画・デザインした日本茶専用のもの。お湯を注ぎ、蒸らしてお茶を落とす、という動作自体は非常にシンプルなものですが、日本茶の持つ甘味や旨味、香りの豊かさなどを、より五感で感じることができるのだそう。東京茶寮の研ぎ澄まされた空間で一口飲めば、きっと今まで考えもつかなかった日本茶の新しい味を知ることができるはずです。

微妙な味の違いを楽しむ飲み比べセット

「東京茶寮(とうきょうさりょう)」の茶葉の種類

東京茶寮で扱っている茶葉は、通常はほとんど流通しないという「シングルオリジン煎茶」。全国各地から仕入れられた”はらもえぎ”、”こいしずく”などネーミングも美しいラインナップが並びます。茶葉をぱっと見ても色や形のわずかな違いしかわかりませんが、例えば”はるもえぎ”は甘く、”香駿(こうしゅん)”はクリアな味わい・・・と、産地や品種によって多種多様なフレーバーがあるとのこと。ぜひ茶葉の飲み比べセットで、味の違いを楽しみながら、自分のお気に入りのフレーバーを探してみてはいかがでしょうか?

新たな日本茶の世界が広がっています

「東京茶寮(とうきょうさりょう)」のワークショップなどが開催されるスペース

こちらの専用カウンターでは、今後日本茶をより深く楽しむワークショップやイベントを行っていく予定だそう。オリジナルの配合や焙煎をはじめ、お茶菓子とのペアリングを楽しんだり、陶磁器との組み合わせを楽しんだり・・・まるでお酒やコーヒーのよう。食べ物やうつわとの組み合わせだけでなく、焙煎や配合までできてしまうなんて、実は日本茶には、わたしたちが思っているよりずっと奥深い世界が広がっているのかもしれません。

日本人であるわたしたちにとってはあまりにも自然に生活に溶け込んでいて、なかなかクローズアップすることない日本茶。そんな日本茶が本当はとても奥深く、そして現代に合わせた新しい楽しみ方が生まれていることを東京茶寮は教えてくれます。是非一度お店に行って、あなたに合った日本茶のある生活の風景を想像してみてくださいね。

photo / 東京茶寮

東京茶寮(とうきょうさりょう)

東京都世田谷区上馬一丁目34番15号
田園都市線 「三軒茶屋駅」 南口Bより徒歩7分
営業時間:11:00~20:00
2017年2月より平日 13:00〜20:00 / 土日祝 11:00〜20:00
定休日:月曜日(祝日の場合翌日休み)

http://www.tokyosaryo.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報