会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾り

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾り

刺繍作家ayumiさんの耳飾り。布や糸を染め、丁寧に生み出される繊細な花々は、リアルな表現でありながら、独特のセンスを感じさせるものばかり。温かな日差しが増えてきた今の時期、春の雰囲気漂う華やかなアクセサリーを取り入れてみませんか?

ヘアメイクと刺繍のブランド「ayumi」

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾りphoto:イイダ写真室

ヘアメイクアーティストとしても活躍しながら、刺繍作家として活動しているayumiさん。2015年に自らの名前を名づけたブランド「ayumi」を立ち上げました。

ヘアメイクを担当した花嫁さんが気に入るヘッドドレスが見つからず、ayumiさん自ら刺繍でボンネを制作したのがきっかけで、刺繍を使ったアクセサリーを手掛けるようになったそう。

布と糸を染め、丁寧に紡がれる草花たち

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾りphoto:ayumi

制作は、すべて1人で手作業で行っています。
イメージの色になるまで糸や布の染めを繰り返し、ひと針ひと針丁寧に形づくっていきます。

「生活に寄り添うアイテムも、大切な1日のためのアイテムも、母から子へ、そしてまた次の世代へと受け継いでいただけるように、と願いながら制作します」というayumiさん。手間と時間を掛けた丁寧な仕事は、修理したり、形を変えながらも、長く受け継いでいって欲しいと願うからこそ。

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾りphoto:ayumi

そうして生み出された草花たちは、色や構造に至るまで植物をリアルに再現したものでありながら、独特の愛らしさと品の良さを持ち合わせていて、一目見ればayumiさんの作品だと分かるオリジナリティを感じさせます。

また、アクセサリーにはモチーフの花のもつ花言葉や意味に合わせた思いも込められています。身に着ける人が、心穏やかでいられるように。身に着けることが、小さな楽しみとなるように。身に着けるだけで、いつもより勇気が持てるように。ayumiさんのアクセサリーは、そんな身に着ける人の心に寄り添う温かな存在なのです。

深みのある赤がシックな「ドライローズの耳飾り」

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾りphoto:ayumi

こちらは、立体刺繍で作られた「ドライローズの耳飾り」。ドライフラワーをイメージした深みのある色合いがシックな印象です。
普段使いしやすい程よいサイズ感で、クラシカルな装いにはもちろん、カジュアルなコーディネートに合わせればさりげなく上品さをプラスしてくれますよ。

大ぶりでも軽やかな着け心地「かすみ草とユーカリの耳飾り」

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾りphoto:ayumi

片耳タイプの「かすみ草とユーカリの耳飾り」。こちらもドライフラワーをイメージして染め上げられた渋みのある色合い。かすみ草にはオーガンジー生地を使用しており、大ぶりでも軽やかな着け心地です。
インパクトのある大ぶりピアスを主役に、シンプルなシャツやワンピースと合わせたいですね。

凛とした空気を纏う「デルフィニウムとオリーブの耳飾り」

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾りphoto:ayumi

こちらは、アシンメトリーデザインの「デルフィニウムとオリーブの耳飾り」。縦長にスッと落ちるシルエットにディープブルーと品のあるグリーンの組み合わせが、凛とした空気を漂わせます。
黒やグレーなど落ち着いた色合いのお洋服と相性がよさそうなアイテム。キリッとしたジャケットスタイルなどに合わせても素敵です。

自分の感じる幸せやときめきを信じて

繊細で愛らしい草花に惹かれる。春の装いに加えたい刺繍作家「ayumi」の耳飾りphoto:ayumi

ayumiさんのモノづくりの根底には、「決められた『女性像』ではなく、大人の女性それぞれの幸せや喜びに寄り添うアイテムを」という思いがあるそう。
その言葉に勇気をもらって、自分の顔に似合うだろうかとか、普段の自分のイメージや雰囲気と違うかも…なんてことにとらわれず、「可愛い!ときめいた!好き!」を理由に、気に入ったアクセサリー選んでみてはいかがですか?そうして選んだものを身に着けた時の高揚感は、きっと貴方の心の栄養になるはずです。

photo / ayumi

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報