会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

福井県のガラス工房「glass atelier えむに」の、澄んだ空気を食卓に運んでくれる器たち

福井県のガラス工房「glass atelier えむに」の、澄んだ空気を食卓に運んでくれる器たち

水上竜太・マエダミユキ夫妻によって2013年に立ち上げられた「glass atelier えむに」。福井県に工房&ギャラリーを構え、自然に囲まれながらたくさんの種類のガラス作品を制作しています。食材やお料理をよりみずみずしく美味しそうに見せてくれる器たちをご覧ください。

澄んだ空気を感じるガラス作品

2003年、水上竜太・マエダミユキ夫妻によって立ち上げられたガラス工房&ギャラリー「glass atelier えむに」。農作業部屋を改装して作ったというその工房は福井県にあります。そこで生み出されているのは、自然に囲まれながら制作された、澄んだ空気感を漂わせる美しいガラス作品たち。

用いられている技法は

「glass atelier えむに」のガラス工芸の製作過程出典:http://emuni.jp

多くの技法が存在するガラス工芸。「glass atelier えむに」では主に、バーナーワーク・宙吹き・エナメル絵付けという技法が用いられています。高温の炎で溶かして細工された耐熱ガラスは衝撃にも強く、器やキャンドルスタンドの他にアクセサリーなどにも適しているとのこと。絵付けは筆を使わずに、最初に塗りつぶしておいた塗料を竹串などで削り落とすという方法で施されています。

日々の中から新しいモノが生まれます

まるで食卓に澄んだ風を通すかのような透明感の器たち。ほんのりと色づいてその輪郭を現し、旬の食材や料理をよりみずみずしく美味しそうに見せてくれます。これからやってくる食欲の秋にも、そっと静かな彩りを添えるような作品ばかり。
つくって、つかって、またつくる。 そんな日々の中でうまれてくるえむにのガラスたち。 それぞれが考えたアイディアをふたりでデザインして制作し、出来たものを生活のなかで使ってみる。話す。そこからまた新しいモノがうまれる。 いろんな「楽しさ」を共有できたらという想いから沢山のカタチがうまれます。
出典:http://emuni.jp

おわりに

個展やグループ展、、百貨店でのイベントなど、さまざまな場所でお目にかかることのできる「glass atelier えむに」のガラス作品。各地のセレクトショップでのお取り扱いもあるほか、ネットにて購入することでもできます。事前に連絡した上で工房見学をすることも可能とのこと。自然に囲まれた工房で生まれる作品たちの澄んだ透明感を、ぜひその目でご覧になってください。

glass atelier えむに
福井県坂井市春江町上小森22-6-2
電話:0776-76-3680

http://emuni.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報