会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

背負うたびに愛着が増す。上質感と機能性を兼ね備えた「IKUTA KABAN」の本革リュック

背負うたびに愛着が増す。上質感と機能性を兼ね備えた「IKUTA KABAN」の本革リュック

創業70年の老舗ランドセルメーカーがスタートした大人仕様のかばんブランド「IKUTA KABAN」。第一弾として登場したのが、今回ご紹介する「背負う」にこだわった3タイプの革製かばん。革ならではの経年変化と背負うたびに体に馴染むことで愛着が増す、その魅力に迫ります。

革本来の風合いや手触りが愉しめるヌメ革を使用

背負うたびに愛着が増す。上質感と機能性を兼ね備えた「IKUTA KABAN」の本革リュック

大阪市生野区でランドセルメーカーとして創業以来、本革にこだわり、非効率ながらもすべての工程を自社生産し、手作りによるランドセル作りを追求。
そんな中このたび誕生したのが、初めてランドセルを背負ったときのワクワク感を思い出させるような、「背負う」にこだわったかばん作りをコンセプトに掲げた「IKUTA KABAN」です。

IKUTA KABANでは革にも強いこだわりを持ち、国内有数のタンナー(なめし革業者)が創り出すヌメ革を使用。ヌメ革とは、植物タンニンによってなめされたナチュラルな革を指し、革本来の風合いや手触りを愉しむことができる革のひとつです。

IKUTA KABANで使用するヌメ革は、国内でも非常に数が少ないピット槽と呼ばれる植物タンニン溶液の入った槽に漬け込み、2週間近くかけてなめされた貴重なもの。ピット槽でなめされたヌメ革は、より個性豊かで時間の流れを感じさせる、革の真価を発揮したものと言えます。

高級感漂うオールレザーと深みブラック

背負うたびに愛着が増す。上質感と機能性を兼ね備えた「IKUTA KABAN」の本革リュック

最初にご紹介するのは、シンプルな中に上品さを兼ね備えたスクエアバッグ。オールレザーならではの高級感と長い時間をかけて積み重ねられたような深みのあるブラックが魅力です。このブラックはIKUTA KABANのオリジナルカラーで、装いにラグジュアリー感をプラス。オン・オフ問わず愛用でき、スーツスタイルとも相性抜群です。

四角いフォルムであることから、パソコンやノートなどの大きめなサイズの荷物もすっぽり収納することができ、容量もたっぷり。物の出し入れや整理もスムーズに行うことができます。

スクエアバッグ
63,800円(税込)
サイズ:W300 × H425 × D130 mm

モスグリーンならではの美しい光沢感や表情に魅了

背負うたびに愛着が増す。上質感と機能性を兼ね備えた「IKUTA KABAN」の本革リュック

次にご紹介するのは、手に取るたびに愛着が深まる丸みを帯びたデザインと機能性が融合したリュックバッグ。シーンレスなデザインで、カジュアルにもフォーマルにも活躍します。

こちらもIKUTA KABANのオリジナルカラーで、森や林などの木々を彷彿とさせるグリーンに魅了。この美しいモスグリーンだからこそ生み出すことができる、神秘的な光沢感や表情を存分にお愉しみください。

リュックバッグ
58,300円(税込)
サイズ:W275 × H350 × D120 mm

秋冬の装いに華やぎを添えるフラップバッグ

背負うたびに愛着が増す。上質感と機能性を兼ね備えた「IKUTA KABAN」の本革リュック

最後にご紹介するのはゴールドの色味がミックスされたような、華やかで高貴な雰囲気を纏ったフラップバッグ。もちろんこちらもIKUTA KABANのオリジナルカラーで、シックな秋冬の装いに華やぎを添えてくれます。

底面から上部にいくにつれてマチが小さくなるデザインで、このすっきりとしたシルエットが上品な印象で大人の女性にぴったり。また、メイン収納の開口左右に折り返しが施されているので、中の荷物が落ちにくく、雨も入りにくいという優れた設計も魅力。また、背中側にはA4書類が入るフリーポケットとファスナー付きのポケットの2種類が備え付けられています。

フラップバッグ
60,500円(税込)
サイズ:W300 × H395 × D130 mm

フォーマルにもカジュアルにも活躍するレザーリュック

背負うたびに愛着が増す。上質感と機能性を兼ね備えた「IKUTA KABAN」の本革リュック

機能性の高さはもちろん、ファッション視点から見てもおしゃれなことから、昨今人気急上昇中のリュック。本来はカジュアル度の高いバッグとして人気を博していますが、本革タイプを選べばフォーマルなシーンでも大活躍です。

なかでも、コーディネートしやすいベーシックな形のリュックに視線が集中。特にこれからのシーズンは、トレンチコートをはじめとしたキレイめアウターと合わせるのもおすすめですよ。

photo / ランドセル工房 生田

ランドセル工房 生田
大阪府大阪市生野区田島6丁目2-16
営業時間 10:00~17:00
定休日 火曜・水曜日(閑散期除く)・年末年始

https://www.randsel.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報