会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

「塗る」ではなく「食べる」ためのバター。「CANOBLE」の新感覚バターを味わおう

「塗る」ではなく「食べる」ためのバター。「CANOBLE」の新感覚バターを味わおう

フルーティーなものから変わり種まで揃う「CANOBLE(カノーブル)」の「食べるバター」。塗るのではなく、そのまま味わう新感覚のバターです。いちごのケーキやシュトレンのフレーバーは、クリスマスが近付くこの季節にぴったり。年に一度の1日を待ちわびるドキドキ感を、贅沢な味わいとともに楽しんでみては。

バターの新しい楽しみ方を提案するブランド

「CANOBLE(カノーブル)」の食べるバター

まるで石けんやコスメを思わせる可愛らしいパッケージが人目を惹きつける、「CANOBLE(カノーブル)」のバター。バターと言えばパンに塗ったり、溶かしてお菓子作りに使うことが多いですが、CANOBLEでは「塗るバター」ではなく「食べるバター」の「ブール・アロマティゼ」を展開しています。未知なる味覚の発見によって体験したことのない感覚を呼び起こす、新しい楽しみ方を提案しているブランドです。

クリスマスが近い今の季節にぴったりなフレーバーをご紹介

「CANOBLE(カノーブル)」のクリスマスフレーバーの食べるバター

高知ゆずバターやフランボワーズ・カシス・ベリーなど、聞いているだけでも美味しそうな香りが想像できるフレーバーから、うにペーストやパクチーを練り込んだ変わり種まで、さまざまな種類のバターを展開中。今回は、クリスマスが近付く今の季節にぴったりな2種類の「ホリデーバター」をご紹介します。

いちごのクリスマスケーキをイメージしたバター

「CANOBLE(カノーブル)」のいちごのケーキのフレーバーの食べるバター

こちらは、真っ赤ないちごとホイップクリームでデコレーションされたクリスマスケーキをイメージして作られたバター。そのままぱくりと食べると、いちごの甘酸っぱさやバターのなめらかな舌触りに加え、クリスマスケーキを囲んだ時のわくわく感まで一緒に味わえるようなフレーバーです。パンケーキやトーストにたっぷりとのせるのもおすすめ。あっという間にクリスマスケーキ風に変身します。

「ストロベリークリスマスケーキ」
のせると何でもクリスマスケーキになってしまうホリデーバター 1,339円(税込)

洋酒漬けのフルーツやスパイスが香るシュトレンバター

「CANOBLE(カノーブル)」のシュトレンフレーバーの食べるバター

こちらは、ドイツの伝統的なクリスマスのお菓子「シュトレン」をイメージしたバター。洋酒漬けにしたレーズンやクランベリー、オレンジやパイナップルなどのフルーツと、カルダモンやシナモンなどを配合したシュトレンスパイスを混ぜ合わせて生み出された味わいが、絶品です。濃厚なシュガーミルクバターと2層構造になっていて、ケーキのような甘さとシュトレンの独特な味わいの両方を楽しめます。

「シュトレン」
のせると何でもシュトレンになってしまうホリデーバター 1,339円(税込)

クリスマスを待ちわびるドキドキ感を味わわせてくれます

「CANOBLE(カノーブル)」の食べるバター6種類

これから街は段々とクリスマスムード一色になっていきます。今回ご紹介したCANOBLEの食べるバターは、年に一度の素敵な1日を待ちわびるそのドキドキ感を、自宅でも味わわせてくれるプロダクト。クリスマス当日のパーティーでふるまうのもおすすめです。中身だけではなくパッケージも可愛いので、プレゼントとして贈るのもいいですね。

オンラインストアには、クリスマスフレーバー以外にも気になるものがたくさん揃っていて、あれこれと目移りしてしまいそう。オンラインストアでの購入も可能ですが、東京都目黒区の「ナショナルデパート東京」では試食もできるそうなので、お目当てのバターがある方はぜひ一度足を運んでみてください。

photo / CANOBLE

CANOBLE(カノーブル)

http://canoble.jp

ナショナルデパート東京
(工場・直売所・デザインオフィス)

東京都目黒区八雲2-6-11
TEL:03-6421-1861
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月曜日

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報