会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

普通の腹筋運動よりも内側の筋肉に効く。キュッと締まったくびれ作りに繋がる「デッドバグ」

普通の腹筋運動よりも内側の筋肉に効く。キュッと締まったくびれ作りに繋がる「デッドバグ」

キュッと締まったウエストを目指すなら、お腹の表面を鍛える腹筋運動ではなく、内側から効くトレーニングが有効。そんな事実やトレーニングのコツをわかりやすく教えてくれる、とがわ愛さんの著書『はじめてのやせ筋トレ』。今回は本の中から、くびれを作るための筋トレ「デッドバグ」をご紹介します。

身体を美しく引き締める「やせ筋」を効率的に鍛えよう

『はじめてのやせ筋トレ』の本と著者・とがわ愛さん

スラリとした身体つきのとがわ愛さん。写真の姿から想像するのは難しいけれど、かつてはムチムチのぽっちゃり体型だったというから驚きです。
ところがある方法により、数か月でウエストが10cm細くなり、持っていたボトムスをすべて買い替えるほどに。その方法とはずばり、「筋トレ」。運動がきらいでも、家で少しずつでき、しかも気になるところに直接アプローチできる。そんな筋トレにはまり、続けることでいつしか無駄なお肉のないほっそりとした身体に変化したのだそう。

とがわさんが筋トレを続ける中で気づいたのは、鍛えすぎると力強い印象になってしまう「ムキ筋」と、女性らしい身体のラインが作れる「やせ筋」があるということ。そこで、やせ筋を効率的に鍛えるメソッドをイラストにしてSNSに投稿していると、次第にフォロワー数が増え、9万人を超えるほどに。
その投稿内容をわかりやすくまとめたのが、著書『はじめてのやせ筋トレ』です。今回は本の中から、とがわさんがくびれを作るのに成功した「デッドバグ」をご紹介します。

お腹のインナーマッスルに効く「デッドバグ」

エクササイズ「デッドバグ」の手順

お腹の体幹の周りに巻きつくように位置するインナーマッスル、腹横筋(ふくおうきん)。それを鍛えるのにぴったりなのが「デッドバグ」です。呼吸に合わせて手と脚を動かすことで、お腹の内側の筋肉をしっかり使うことができます。続ければ内臓が正しい位置に戻り、便秘解消にも効果が期待できるのだそう。
  • 1仰向けになり、前ならえのように腕をまっすぐ上げ、脚はひざを直角に曲げます。腰は反らさずに、ひざの間はこぶし1個分開けるようにしてください。
  • 2口から息をゆっくりと吐きながら、2~3秒かけて右手をバンザイの位置に動かすと同時に、左脚を床に着けずにまっすぐ伸ばします。このとき、腹筋が使われていることを意識するようにしましょう。
  • 3鼻から息をゆっくりと吸いながら、(1)の体勢に戻ります。
  • 4反対の手と脚も同じように息を吐きながら伸ばします。
    この動きを左右10回ずつ繰り返してください。さらに、30秒の休憩をはさんでもう1セット行うと、より効果的です。
本にはほかにもさまざまな筋トレが紹介されています。少しつらくても、これを実際にやったとがわさんの説得力のあるコメントが励みになりますよ。ぜひ書店で手に取って、痩せやすい身体づくりに役立ててみてはいかがでしょうか?

photo / 株式会社KADOKAWA

はじめてのやせ筋トレ
刊行:株式会社KADOKAWA
定価:1,200円(税別)

https://www.kadokawa.co.jp/product/321807000675

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報