会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

たっぷり収納してすっきり見せる。クローゼットのおすすめ収納術

たっぷり収納してすっきり見せる。クローゼットのおすすめ収納術

「クローゼットに収まりきらず、部屋に物が溢れている」、「探し物をしているうちにクローゼットの中がグチャグチャになってしまう」。そんな経験はありませんか?今回は使いやすさ満点のクローゼット活用方法を紹介します。

クローゼットは心を映す鏡のようなもの。整理整頓する癖を

クローゼットのおすすめ収納術2

美しいクローゼットをキープできる人は、頭や心も整理整頓できる人。いつでも「自分が何を持っているか」、「どこに何をしまっているか」、「今日は何を着たらいいか」など、瞬時に判断できて、日々の暮らしや気持ちにも余裕が保てます。
逆に、次の項目に当てはまる人は、クローゼットも頭の中も整理整頓できていない可能性が…。

・同じような服を何着も買ってしまう
・買ってから一度も着てない服がある
・探し物が見つからないことがよくある
・しまう場所に困って「とりあえず」で置いたものをそのまま放置してしまう
・身支度や服選びに時間がかかる

まずはクローゼットを整えてから、身なりと心も整えていきましょう。


■クローゼットを整頓する前に断捨離をする

物が多すぎるといつまで経っても片付かないので、まずはクローゼットにしまう物を厳選してください。不要な物は、売る、譲る、捨てるのいずれかの方法で処分。必要だけどクローゼットにあると邪魔なものは他のスペースに移動させます。

きちんと収納してもいつの間にか物が増えて収拾がつかなくなってしまうという人は、『コートは5着、スカートは20着…』という具合に所有するアイテムの数を決めてみてください。新しい物をひとつ買ったら使用頻度の低い物をひとつ処分する(=処分できないなら物を増やさない)というルールをつくると、無駄な物を増やさずに済みます。

また、1年以上使ってない物や汚れたり傷ついたりしている物がないかをシーズンごとにチェックすることも大切。「いつか使うかもしれない」と思う物は、その「いつか」のために大切に保管する価値がある物なのか、しっかり見極めてください。


■何でもクローゼットに収納すればいい、というわけではない

他に収納スペースがないと、衣類や生活用品、思い出の品など、あらゆる物をクローゼットに詰め込みがち。きちんと整理整頓されているならそれでも問題ないと思いますが、クローゼットを開けるたびにストレスを感じるようなら、物を減らすか収納家具を買い足すか、対策を検討すべきです。

例えば、ハンカチや水着など小スペースしか使わない物は、小さなキャビネットに収納したほうが出し入れや整頓が簡単ですし、大切な手紙やアルバムは、湿気が溜まりやすいクローゼットよりも風通しの良い場所で保管したほうが思い出も色褪せません。
そもそも、クローゼットに物を詰め込んでしまうということは、片付けているワケではなく、とりあえず隠しているだけかも!? 物にも適材適所があることを意識してください。

方向性/自分にぴったりの収納タイプを知る

クローゼットのおすすめ収納術3

クローゼットにしまう物、量、使い方などを踏まえ、収納の方向性を決めましょう。もちろん、右半分/左半分もしくは上半分/下半分で使い方を変えてもOK!
ここでは、4つのタイプ別おすすめ収納術をご紹介します。自分にぴったりのクローゼットを目指しましょう。


■タイプ1「とにかくたくさん収納したい」
普段あまり使わない物をしまっておきたい人におすすめ。空間を細かく区切って、どれだけ隙間なくみっちりと入れられるかが収納力アップの鍵です。


■タイプ2「取り出しやすいのが一番」
いつの間にかクローゼットの中が乱れてしまう人やどこにしまったかわからなくなってしまう人は、取り出しやすさを重視。取り出しやすさはしまいやすさにもつながります。


■タイプ3「見栄えが大事」
クローゼットを開けるたびに幸せな気分を味わいたい人向け。アイテム、色、サイズごとに空間を分けると、お店のディスプレーのような美しい見た目になります。


■タイプ4「型崩れだけは阻止したい」
思い入れのあるアイテムや高価な物を、ヨレ、シワ、カビなどから守りたい人におすすめ。整理棚や専用ハンガー、衣装ケースなど便利アイテムを活用しましょう。

空間/クローゼットを三次元で捉えて、収まりのいい収納を目指す

クローゼットのおすすめ収納術4

ひとことでクローゼットと言っても形状や広さはさまざま。続いてはクローゼット別のおすすめ収納術をご紹介します。間違った使い方で、収納力や使い勝手がガクンと下がらないよう注意してください。


■「奥行きのあるクローゼット」は空間を前後に分ける

クローゼットの奥のほうは目や手が届きにくいため、使用頻度の低い物(スーツケースや季節家電など)をしまっておく「物置スペース」にするのがおすすめ。手前にはキャスター付きのハンガーラックや引き出し収納を置き、使用頻度の高い物(普段使いの衣類やタオルなど)を収納しましょう。引き出し収納や衣装ケースは奥行きの浅いものを前後もしくは横一列に並べるのが便利。もし、クローゼットの奥行きに合わせて大きなものを選んでしまうと、引き出しを全開にできなかったり奥がよく見えなかったりして大変です。

クローゼットのおすすめ収納術5

■「引き戸のクローゼット」は空間を左右に分ける

押入れタイプのクローゼットは、引き戸が重なる部分=真ん中のスペースが問題。ここに引き出し収納を置くと引き出しが戸にぶつかったり、反対側の引き戸を開けないと取り出したいものに手が届かなかったり…。そんなことを繰り返しているうちに、引き戸に物が引っかかって開かなくなることも。そうならないために、あらかじめ左の戸を開けた場所は「ハンガーを吊るスペース」、右の扉を開けた場所は「引き出しスペース」と分けておき、真ん中に大きなものを置かないようにしてください。引き戸をロールスクリーンに変更すると、スペースを気にせずに横長の物でも置けるようになりますよ。


■「高さのあるクローゼット」は空間を上中下に分ける

天井まであるような高いクローゼットは、上部に棚があることがほとんど。棚がない場合でも突っ張りシステムやレクポストを使ったDIYで簡単に棚を設置しましょう。クローゼットの上段(棚の上)には、使用頻度が低くて軽いものをフタ付きのバスケットなどに入れてしまっておきましょう。中段にはハンガーポールを使って衣類を収納。下のラインがガタガタしないよう丈感を揃えると収まりよく見えます。下段(服の下)はキャスター付きの引き出し収納や衣装ケース、箱に入った物などを置くスペースに。引き出しや衣装ケースは出し入れをスムーズに行えるように、中→下→上の順で使用頻度の高い物を配置してください。

道具/クローゼット用の収納アイテムをフル活用する

クローゼットのおすすめ収納術6

クローゼット収納のポイントは、ハンガーラックや衣装ケースなどのアイテムを上手に活用すること。置く場所や置き方を間違うと使いづらくなってしまうこともあるので注意が必要です。ここでは、おすすめの収納アイテムと設置法を紹介します。


■引き出し収納

引き出しの大きさや深さによってさまざまな物を収納可能です。注意すべきポイントは引き出しの位置。あまりに高いと中身が確認しづらく使い勝手もイマイチ。逆に、低すぎると立ったまま出し入れができません。理想は、胸〜膝くらいの高さに引き出しがあり、よく出し入れする物を上、あまり使わない物を下にしまうこと。胸よりも高い位置に置くなら、奥行きが狭いものや、中身が確認しやすい透明もしくは半透明タイプがおすすめです。


■衣装ケース

重ねて収納できるボックスタイプの衣装ケースは、滅多に使わない物や季節の衣類などをしまっておく場合に重宝しますが、やや出し入れしにくいという欠点があるのも事実。腰よりも高い位置に置くなら薄型で軽いタイプ、クローゼットの奥にしまい込むならキャスター付きタイプと、置く場所に合った形やサイズを選ぶようにしてください。

クローゼットのおすすめ収納術7

■ハンガーラック/ハンガーポール

服をハンガーにかけて保管すると、たたみジワができにくく、服選びが簡単になります。奥行きがあるクローゼットなら前後2本もしくはコの字型、高さがあるクローゼットは上下に2〜3本のハンガーポールを設置するなど、奥行きと高さを活用すると収納力が何倍にもなります。このとき、取り出しにくいほうにオフシーズンのものを、取り出しやすいほうにオンシーズンのものを掛けるようにしましょう。


■カラーボックス

無駄な隙間を埋める簡易棚としておすすめ。奥行きがあるクローゼットなら奥の壁にくっつけて、押入れタイプや薄型のクローゼットなら足元に置きましょう。細々した物や見せたくない物をしまう場合はカラーボックス専用のインナーボックスを活用してください。ただし、カラーボックスを重ねて使用する場合は補強が必要です。

クローゼットのおすすめ収納術8

■ドアハンガー/ハンガーポール用ラック

ちょっとした衣類や小物を収納するなら、ハンガーポールに吊る布製ラックやクローゼットの扉裏に引っ掛けるドアハンガーが便利。デッドスペースを活用できる上に、使わないときは簡単に取り外すことができます。


■レクポスト棚

レクポストとは、溝のついたラック支柱のこと。DIYショップなどで購入でき、女性でも簡単に好みのサイズの棚を作ることができます。例えば、10cm程度の隙間にも置ける超薄型ラックやシャツ1枚分の間隔で棚板を設置した収納ラックをつくることが可能。クローゼットのデッドスペースを上手に活用したい人におすすめです。

衣類/アイテム別に最適な収納術を用いる

クローゼットのおすすめ収納術9

ここからは、オンシーズンの服やバッグをどのように保管したらいいかをアイテム別に伝授。ご自身が持っている服に合わせてどんな収納アイテムが必要か確認しましょう。


■コート類は丈夫なハンガーにかける

洋服の重さでハンガーが折れたり曲がったりすると、型崩れやダメージを起こすことがあります。コートなどの重衣料はしっかりしたハンガーにかけ、丁寧に保管しましょう。ちなみに、クリーニングから戻ってきたコートは、すぐにビニールのカバーを外し、ハンガーを替えることをおすすめします(ビニールをつけっぱなしにするとカビや悪臭が発生する原因になります)。


■ブラウスやシャツは、よく着るものとしばらく着ないものに分ける

たたみジワができやすいブラウスやシャツは、滑り止め付きのハンガーにかけて保管してください。ただし、しばらく着る予定がないものやスペースを取るデザインのものは、きちんとたたんでしまっておきましょう。たたむ際、台紙を挟むと湿気対策にもなり仕上がりもきれいです。また、Yシャツのような襟の高いシャツを引き出し収納などにまとめてしまう場合は、襟部分が重ならないよう互い違いに入れていくと襟が潰れにくくなります。


■ボトムスはハンガーラックに吊るす

スカートやパンツは、吊るして収納したほうがたたみジワができずにきれいな状態をキープできます。でも、ハンガーポールにかけると場所を取って困る!という場合は、クローゼットの隙間にキャスター付きの専用ハンガーラックを置いてみてはいかがでしょうか。ただし、スウェットパンツやデニムパンツはたたんで収納するのが正解。

クローゼットのおすすめ収納術10

■ニット素材のアイテムはたたんで収納

セーターやカーディガンなど伸びやすい服をそのままハンガーにかけてしまうと、肩部分が伸びてあっという間に型崩れしてします。薄手のセーターやカーディガンはたたんで収納すれば問題ありませんが、引き出し収納などにおさまりきらない厚手のニットは、半分に折ってパンツのようにハンガーにかけてもOKです。


■バッグは立てて収納

意外と型崩れしやすいバッグ。クラッチバッグやハンドバッグは、ブックエンドやファイルボックスなどを使いつつ、本のように立てて棚の上に収納するとバッグ同士がぶつからずに収納できます。クタッとした質感の大きめバッグはS字フックを使ってハンガーポールにかけたりたたんでボックスにまとめたりするとすっきりします。


■帽子は「あんこ」を詰める

湿気や衝撃に弱い帽子は、通気性のいい箱に入れてしまっておきたいところですが、ひとつひとつ箱に入れるのは大変。そこでマネしたいのが帽子屋さんのテクニック。「あんこ」と呼ばれるクッション材を詰めることで、型崩れやヨレのリスクを軽減できます。あんこは、クラフト紙を軽く丸めたものでも代用可能です。


■ダウンジャケットは布バッグに入れて収納

かさばる羽毛製品はクルクルっと丸めてコンパクトに。通気性に優れた巾着型の布バッグに入れると小さい状態をキープしたままホコリの付着を防げます。羽毛布団も同じ方法で収納可能ですが、普通の布団は圧縮収納袋、普段使いの布団は出し入れがラクにできる専用ワゴンがおすすめです。

ちょっとした工夫でクローゼットは劇的に使いやすくなる

クローゼットのおすすめ収納術11

最後に、理想的なクローゼットをつくる上で欠かせないテクニックをいくつか紹介します。収納術ではありませんが、どれもとても簡単なのでぜひ試してください。


■クローゼットを美しく見せる秘策はハンガーにあり

ハンガーの色や形がバラバラだったり、ハンガーから服がずり落ちていたり、ハンガーをスライドできないほど服がぎっしりと掛かっていたり…。いくらきれいに収納しても、ハンガーのせいで見栄えや使い勝手が落ちてしまうことがあります。
美しいクローゼットを目指すなら、スカート用、コート用、ストール用など、用途に合わせてハンガーを正しく使い分けると同時に、ハンガーのテイストを揃えてクローゼット全体のまとまり感を強調してください。

ハンガーを選ぶ際にチェックしたいポイントは
・耐久性(破損しにくい)
・薄型(省スペースですっきりと見せられる)
・服がすべりにくい素材(ストレスなくハンガーをスライドできる)
・地味色(視覚的に落ち着いて服も選びやすくなる)
の4つ。少々値段が張っても、長く愛用できるものを選んだほうがコストパフォーマンスはいいようです。


■クローゼット内部にライトを取り付ける

奥まで光が届かないクローゼットはいろんなものを見落としがち。電池式の簡易ライトでもいいのでクローゼットの中を照らすようにしましょう。きっと、使い勝手が劇的によくなり、毎日のコーディネートが楽しくなるはず。もしかしたらクローゼットの奥から無くしたと思っていた靴下の片割れが出てくるかもしれませんよ。

クローゼットのおすすめ収納術12

■「ちょい置きスペース」と「様子見ボックス」をつくる

クローゼットを綺麗な状態を保つためには、出しっぱなし・使いっぱなしにしないことが鉄則ですが、クローゼットの一角に「どうしてもすぐに片付けられないときは、ここに置いてもいい」というスペースを作っておきましょう。同様に、捨てようか取っておこうか迷う物を入れておく箱を用意してじっくり考える機会にするのもおすすめ。何のルールもなしにポイポイと置いてしまうと、いつまでたっても片付けずに放置してしまいますが、その日のうちに片付ける、そこ以外に置かない、半年使わなかったら捨てるなど、あらかじめルールを決めておくと、自然と片付けるクセがつくかもしれません。


■湿気&ニオイ対策はしっかり念入りに

陽が当たらず風通しもイマイチなクローゼットは、湿気やニオイが溜まりやすいという弱点があります。中にはクローゼットで、除湿乾燥機や空気清浄機を使っている人もいるほど!そこまでできない人は、以下の方法で湿気やニオイを撃退してください。

・こまめに換気する
・除湿剤・防虫剤・芳香剤を使う
・コートやバッグなど、長く使っていないものは定期的に天日干しをする
・外から帰ったらすぐに服をクローゼットに入れない
クローゼットはお気に入りの洋服や思い出の品が詰まった場所。ほんの少しの工夫で、開けるたびにワクワクするような空間に変えることができるはずです。ぜひ一度、ご自身のクローゼットの状況を確認してみてください。

photo / shutterstock

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報