会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

実話から生まれた少女映画の名作誕生。映画『悲しみに、こんにちは』

実話から生まれた少女映画の名作誕生。映画『悲しみに、こんにちは』

7月21日(土)公開の映画『悲しみに、こんにちは』は、繊細さと無邪気さを併せ持つ少女の心の動きを見事に描き出した作品です。少女が初めて生と死に触れ、心揺さぶられる記憶が紡がれる本作をご紹介します。

初めて触れる生と死を乗り越えて

母親の入院中、祖母たちに甘やかされて育てられていた都会っ子のフリダ。後に母親を「ある病気」で亡くし、一人になった彼女は、バルセロナに住んでいる祖父母の元を離れ、カタルーニャの田舎に暮らす叔父家族と一緒に暮らすことになります。亡き母の荷物がダンボールに詰められるのを静かに見つめているフリダの姿は、まるで母親が最後に残していった置物のよう。叔父家族は、家族の一員としてフリダを温かく迎えますが、本当の家族のように馴染むのには時間がかかりー。

自身の体験から生み出した本作品

映画『悲しみに、こんにちは』のワンシーン

本作を手掛けたカルラ・シモン監督は、監督自身の子供の頃の体験や記憶を元に、無邪気さと繊細さを併せ持つ思春期前の少女の心の動きを、美しいカタルーニャの風景を舞台に丁寧に描きました。そんな本作品は、ベルリン国際映画祭、ゴヤ賞などで新人賞受賞。2018年には、アカデミー賞のスペイン代表にも選出されるだけでなく、映画批評サイトなどで最高評価を獲得するなど世界中を魅了しています。

少女の姿から心の成長を感じ取る

映画『悲しみに、こんにちは』のワンシーン2

私たちが大人になるには心の成長が不可欠です。幼女から少女へと変わっていくフリダの姿を通し、辛くとも素直に現実を受け入れることで、人生を笑顔で謳歌できるということを学びました。監督自身の子供の頃の体験や記憶を元に、誰もが記憶の片隅に持っている物語をフィルムに刻みつけた映画を、是非スクリーンでお楽しみください。

photo / (c)2015,SUMMER 1993

『悲しみに、こんにちは』(英題:SUMMER1993)
7月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開
監督・脚本:カルラ・シモン
出演:ライラ・アルティガス、パウラ・ロブレス、ブルーナ・クッシ、
   ダビド・ヴェルダグエル、フェルミ・レイザック
上映時間:100分
配給:太秦、ノーム

http://kana-shimi.com

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを