会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

不思議な輝きに目を奪われる。これまでとは違う存在感を放つ有田焼「麟 Lin」

不思議な輝きに目を奪われる。これまでとは違う存在感を放つ有田焼「麟 Lin」

独特の佇まいに目を奪われる器を見つけました。400年の歴史を有する有田焼の町、佐賀県・有田町にある陶磁器の卸問屋・金照堂が2016年にスタートさせた「麟 Lin」シリーズです。有田焼を世界に広げ、未来へ繋ごうとする意思から生まれた、ほかにはない不思議な輝きを放つ器をご紹介します。

驚くようなデザインの有田焼「麟 Lin」

麟Lin<リン>の有田焼の急須と湯のみ

「麟 Lin」は、佐賀県の有田町にある有限会社金照堂が2016年に生み出した有田焼の新シリーズです。有田焼と聞いてイメージする姿とは異なる、メタリックカラーと不思議なムラ感に驚く方も多いのではないでしょうか。ですがこれも、職人が手作業で絵付けをしている有田焼の一種です。

有田焼400年の節目に生まれた斬新なシリーズ

有田焼麟Lin<リン>の作業工程

有田焼は古くから海外へ輸出され人気を博し、欧米の陶磁器にも影響を与えてきた伝統的な日本の焼き物のひとつです。それでも近年は価格面や文化の違いなどから販売がうまくいかないケースも増えているそう。そんな折、2016年に有田焼が創業400年を迎えるのを機に、佐賀県が海外展開へ乗り出すと発表。そこに合わせて、金照堂も新しい器を生み出したいと考え、日本らしくもインパクトがあり、海外でも勝負ができるものを作れないかと模索し始めました。
そこで紆余曲折を経て、窯元や職人と協力して開発したのが、この麟 Linです。これまでの有田焼とは一線を画すような存在感を放つ器は、国内外でもたちまち好評となりました。

圧倒的な存在感のタンブラー

麟Lin<リン>の有田焼のタンブラー

それでは、シリーズの器をいくつかご紹介します。
ひとつめは、「麟 Lin プラチナタンブラー」。グリーン・パープル・ブルーといったクールな色合いのタンブラーに、光を反射するラインが入っていて、とてもスタイリッシュ。冷やしたビールをこちらに注いで飲めば、きっと特別な味に感じられますね。高さ13cmの細身の形も、ちょうどいいサイズ感だと人気だそうです。

麟 Lin プラチナタンブラー 6,480円 (税込)

内側の色が印象的なカップ

有田焼で作られた麟Lin<リン>の内面まで美しい酒カップ

こちらの「麟 Lin プラチナ酒カップ」は、横から見るとシルバーの斑模様。けれど内側に、はっとするような鮮やかなカラーが施されています。日本酒などを注ぎ、その色を楽しみながら飲みたくなりますね。高さ5.6cmほどのサイズで蕎麦猪口や小鉢としても利用でき、盛り付けた料理をぐっと引き立ててくれそう。

麟 Lin プラチナ酒カップ 3,780円(税込)

箸置きとしても使えそう。ポイントになる豆皿

麟Lin<リン>の有田焼の豆皿

タンブラーやカップ以外に使いやすそうな豆皿もあります。左はシンプルな形が使いやすい「麟 Lin 角型豆皿」。右の「麟 Lin 花型豆皿」は、まるで小さな花のようでかわいらしい印象です。 5.5cm四方のサイズなので、ちょっとだけお醤油や薬味などを付けたいときに活躍するほか、箸置き感覚でも使えそうです。食卓のポイントとして置いてみてはいかがでしょうか。

麟 Lin 角型豆皿・麟 Lin 花型豆皿 各864円(税込)


気になるものはありましたか?金照堂のオンラインショップには、ほかにもさまざまな器がそろっています。伝統ある有田焼から生まれた存在感のある器で、食卓を彩ってみてはいかがでしょうか?

photo / 有限会社金照堂

有限会社金照堂
佐賀県西松浦郡有田町赤坂有田焼卸団地

http://www.lin-japan.jp/index.html

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報