会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

和の美しさを再発見。「AsL Leather Works」が手作りする素敵な革小物

和の美しさを再発見。「AsL Leather Works」が手作りする素敵な革小物

ほかの人と被らない、上質な名刺入れがほしい。そんな方におすすめしたい、「AsL Leather Works(エーエスエルレザーワークス)」の革の名刺入れ。特に、革と岡山県倉敷市で生産される畳縁(たたみべり)を組み合わせた作品は、日本の伝統的な美しい素材の魅力に気づかせてくれる逸品です。

一つひとつ手縫いで作られる革小物

レザーブランド「AsL Leather Works」

レザーアイテムのブランド「AsL Leather Works」。普段は会社員として働く方が個人で営むオリジナルブランドで、スマートフォンケースを中心に、名刺入れやネックストラップなどを受注制作しています。
革を切り出すのも、組み立てるのもすべて手作業。縫い合わせるときにもミシンを使うことはありません。一針一針手縫いで丁寧に作られた作品は、きめ細かなステッチが美しく、大切に長く使いたいと感じるものばかりです。

畳の縁を使ったユニークなレザーアイテム

「AsL Leather Works」のレザーアイテム

今回ご紹介するのは、畳の縁に使われる「畳縁(たたみべり)」を使ったアイテムです。
AsL Leather Worksが畳縁を使い始めたのは、ハンドメイドマーケットCreemaの「全国いいもの発見プロジェクト」で、岡山で生産される畳縁を用いた作品を募集していたのがきっかけでした。畳縁が耐摩耗性に優れた強い素材であることや、江戸時代にはその柄や模様・色などで身分や地位を示したという歴史があることを知り、畳縁をとても魅力的に感じ制作に取り掛かったのだそう。

鮮やかな革に美しい和柄が映える名刺入れ

「AsL Leather Works」の名刺入れ

こちらがそのときに生み出された「岡山畳縁を使用したレザー製名刺入れ」。
実際の畳を見た時と同じような、立体感のある畳縁の存在感をイメージして作ったのだそう。これを実現するため、畳縁と革とを組み合わせる工程に一手間が。薄い2枚の革の間に畳縁を挟み込むとき、畳縁と内側の革の間に底上げ用の革が入れられます。それによって縁の部分の革と高さが揃い、畳縁がどこか浮き立つように見えるのです。
そうしてできた名刺入れは、シンプルな革に畳縁の和柄が美しく映える逸品。贅沢に使われた畳縁の質感に触れながら長く使い続けたいですね。

「AsL Leather Works」の名刺入れ2

名刺入れを開いてみると、ナチュラルなヌメ革とポイントカラーのコントラストが目に飛び込みます。
その上、日常使いしやすい工夫も。たとえば、ポケット部分にスリットがあるので、名刺1枚をスムーズに取り出せます。また蓋にはタブがついていて、新しく受け取った名刺を一時的に分けておきたいときや、サッと自分の名刺を取り出せるようにしておきたい時などに、留めることができて便利です。この見た目の美しさと使い勝手から、名刺入れとしてだけでなく、プライベート用のカードケースとしても活躍しそうです。

岡山畳縁を使用したレザー製名刺入れ
グリーンレザー×黄緑ステッチ 華紋・ピンクレザー×エンジステッチ 赤紋
6,000円(税込)

畳のような色合いで、より和の雰囲気を楽しめるパスケース

「AsL Leather Works」のパスケース

こちらは、「岡山畳縁×レザー」パスケースです。
名刺入れ同様に表に大きく使われた畳縁が、こちらでは落ち着いたグリーンと組み合わされ、やさしい和の雰囲気に仕上がっています。

ストラップホールには、回転する緑色の革のタブ付き。写真左のようにセットすると、入れたカードが抜け落ちないようストッパーの役割を果たしてくれます。また、裏面には大きめのスリットがあり、カードをスムーズに取り出すことができますよ。特徴的なデザインと使いやすさの配慮もあるアイテムなので、定期を忘れてしまったり落としてしまったりといったこともなくなりそうです。

岡山畳縁×レザー 畳縁の華紋 グリーン パスケース カードケース 定期入れ 
4,500円(税込)

畳縁以外にも、和の素材を使用したアイテムが

金襴を使った名刺入れやスマートフォンケース

AsL Leather Worksは、岡山畳縁を使う以前から、和の素材を使用した作品を制作してきました。たとえば、写真は「金襴(きんらん)」を使ったもの。金襴とは、糸に金箔を巻きつけた金糸(きんし)を用いて文様を織り出した伝統的な織物のこと。現代の人はほとんど触れる機会がないこうした生地を、日常的に使うスマートフォンケースや名刺入れに取り入れることで、たくさんの人に触れてもらいたいとの想いから、珍しい和の素材を取り入れた作品を作っているのだそう。

AsL Leather Worksが一つひとつ手作りする、和の素材を大切にした革小物。あなたの生活にも迎え入れ、日本の美しい伝統に触れることができる毎日を楽しんでみませんか?
ご紹介した作品は、オンラインショップで注文することができます。一時的にSoldOutになっているものや、オンラインショップに掲載されていないものも、依頼があれば随時注文を受け付けているそう。気になるものがあった方は、ぜひ問い合わせてみてください。

photo / AsL Leather Works GIFT

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報