会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

“新たな一歩”を踏み出す勇気を与えてくれる、希望の物語『アバウト・レイ 16歳の決断』

“新たな一歩”を踏み出す勇気を与えてくれる、希望の物語『アバウト・レイ 16歳の決断』

トランスジェンダーの主人公をエル・ファニングが演じ、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンらの豪華キャスト共演で話題を集めている映画『アバウト・レイ 16歳の決断』。不器用ながらも愛おしい家族が織り成す物語が、私たちに新しい一歩を踏み出すための勇気を与えてくれます。

“自分自身に正直に生きる”ためのレイの決断

本作品の主人公は、16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断したレイ。医者から受け取ったホルモン治療についての資料を手渡されたシングルマザーのマギーは、「突然、息子を育てることになるなんて…」と動揺を隠せません。一緒に暮らしているレズビアンのおばあちゃん ドリーもレイのことをいまいち理解ができないでいます。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのですが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかにー!
 

若手実力派のエル・ファニング

映画「アバウト・レイ 16歳の決断」の主人公レイ

主人公・レイを演じたのは、若手実力派の女優 エル・ファニング。「ネオン・デーモン」、「夜に生きる」、「20センチュリー・ウーマン」、「パーティで女の子に話しかけるには」などの映画に立て続けに出演しており、人気監督 ソフィア・コッポラの新作の公開も控えています。ファッションリーダーとしてもカリスマ的な注目を集める彼女が、本作品のためにトレードマークの長髪をばっさり切り、ベリーショートに変身。肉体も鍛え、心も体も男性でありたいと願うトランスジェンダーの難役に挑んでいます。
トレーニングに励んでいる様子や、ヘッドホンを付けて音楽に没頭する姿、スケボーを片手に仲間と談笑する様など…自分を見つめる強い瞳と、中性的なたたずまいが印象的です。性別はもちろん、子どもと大人の間で揺れ動き、葛藤する姿にも惹き込まれることでしょう。

豪華キャストは彼女の他にも。恋多きシングルマザー・マギーにはアカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツ、破天荒なレズビアンの祖母・ドリーには名優スーザン・サランドン。主人公以外の表情、演技にもぜひ注目してみてください。

観る者に大きな希望を与えてくれる物語

映画「アバウト・レイ 16歳の決断」ワンシーン

本作品はトランスジェンダーの悩みや問題だけにフォーカスしているわけではありません。家族として再生していく様子が描かれるヒューマンドラマです。レイの決断に戸惑いながらも“自分自身に正直に生きる”想いに導かれ、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく、母親のマギーと祖母 ドリー。
三世代それぞれが葛藤しながらも“本当の自分”と向き合い、自分だけの生き方を手に入れながら力強く歩んでいく姿、そして荒波を超えてようやく辿り着く境地は、観る者に大きな希望を与え、人生の道しるべを示してくれます。

『アバウト・レイ 16歳の決断』は本日2月3日より全国で公開。エキセントリックな言動にクスッとさせられながらも、不器用だけど愛おしい家族が織り成す感動の物語です。新しい一歩を踏み出すための勇気を与えてくれる本作品をぜひ劇場でお楽しみください。

photo / © 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

『アバウト・レイ 16歳の決断』

2017年2月3日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー
原題:3 Generations
監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム

http://aboutray16-eiga.com

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを