会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

焙煎したてのこだわり珈琲豆を購入できるお店〜珈琲丸〜

焙煎したてのこだわり珈琲豆を購入できるお店〜珈琲丸〜

美味しい珈琲が好き。出来れば焙煎したての豆を使った珈琲が飲みたい。そんなあなたの願いを叶えてくれるお店があるんです。自家焙煎で豆を販売、その場でも淹れたての珈琲を飲める珈琲屋さん「珈琲丸」をご紹介します。

駅を出ると珈琲の香り!?~珈琲丸~

川崎市高津区にある珈琲丸

その日、高津駅を降りてショップマップを見ながら歩いていると、どこからともなく香ばしい珈琲の香りが漂ってきました。「この香りはもしや!?」。もはや地図も見ず、香りを頼りに進んでいくと……ありました!!「珈琲丸」。青を基調とした外観はスッキリシンプルで気軽に入れそうな雰囲気です。店内に入るとこちらも青い壁が印象的です。こちらのお店、2014年10月にオープンしたそうですが、すでに高津駅近隣の方のおなじみのお店になっているそうです。店長の「丸山 康太さん」はお客さん同士がコミュニケーションできる場、地域の人をつなぐ場にしていきたいとのこと。そうなる日はだいぶ近いような気がします。珈琲の香りが駅までしていたことを丸山さんに伝えると、「丁度豆を焙煎していたんですよ。」とのこと。珈琲の香りが漂う駅前なんて、なんともロマンティックですね。

ビターな香りにくつろぐ時間

高津区「珈琲丸」のこだわりのコーヒー

今回は丸山さんオススメの豆を3つ紹介していただきました。1つ目は、中煎りの「ウガンダ ブギシュ エルゴン ティピカ」。肥料を使用しない自然栽培で、無農薬です。こちらの豆はお店のオープン当初からある定番の豆だそうです。2つ目は、中深煎りの「メキシコ マヤビニック」。こちらも無農薬の豆です。3つ目は中煎りの「ニカラグア モンテクリスト農園」。自然栽培・無農薬の豆で、なんと農園のオーナーは日本人だそうです。早速珈琲を淹れていただきました。3つ同時に珈琲を淹れる丸山さんの手つきは鮮やかで、お湯を注いでモコモコ膨らむ珈琲豆同様、期待が膨らみます。

淹れたての珈琲をいただきます

高津区「珈琲丸」のコーヒーとお菓子

店内が珈琲の香りで満たされたなら、ドリップ完了です。まず「ウガンダ~」です。スッキリとした味わいは、どんなお茶菓子にも合い、これぞ定番といった感じです。お次は「メキシコ~」を一口。余談ですが、この「マヤビニック」という名前、私の名前に似ているのでとっても期待していただきました。お味は、なんといっても香ばしい!酸味と苦みのバランスがとても良く飽きずに一杯をいただくことが出来ます。今回はホットでいただきましたが、アイスコーヒーにするのがオススメだそうです。最後は「ニカラグア~」。口に含むとフワッとした爽やかな酸味を感じました。実は私、酸味のある珈琲は苦手なのですが、こちらの珈琲は酸味だけでなくコクと、後味に甘みがあるので美味しく飲めました。 珈琲の他にも、カレーやマフィン等あります。写真のマフィンは「モリンガ入りマフィン」。モリンガとは、北インド原産の植物で、別名「緑のミルク」とも呼ばれているとても栄養価の高いものです。丸山さんは、出来るだけオーガニックなもの、体に良いものを使うことを心掛けているそうです。

注文を受けて焙煎

「珈琲丸」では注文後に豆を挽く

珈琲丸では店内での豆購入はもちろん、注文を受けてからの豆の焙煎も行っています。焙煎作業をするとのことで、見せていただきました。まずは生の豆をトレイに広げて選別です。欠けた豆や色が悪くなっている豆を一粒ずつ手作業で取り除きます。丸山さんは慣れているとのことで難なく選別作業をされていましたが、素人の私には取り除く豆を数個見つけるのがやっとでした。選別が済んだら、焙煎機に投入します。この焙煎機、大阪にある「ハマ珈琲」という会社のもので、1つ1つ手作りしているとのことです。ここにも丸山さんのこだわりがみられました。

「珈琲丸」のこだわりのコーヒー豆

ザラザラッという小気味よい音とともに豆を投入したら、焙煎開始です。ポッと機械が温まってきたら、美味しそうな香りがしてきました。この香り、ビックリなことに最初の段階では珈琲というよりもお惣菜のような香り。徐々に色づいてきた珈琲豆の具合を小窓で確認します。豆が色づいてくると、いわゆる珈琲の香りになってきます。丁度よい煎り具合になったら、豆を出して冷却します。ザッザッとリズムよくかき混ぜられる様子は、珈琲豆のダンスの様。冷却作業が終わり出来上がった珈琲豆は、生の豆の状態よりプックリしていて豆の状態だけでも美味しそうに見えました。この焙煎作業はかなり手間がかかり、ましてやおひとりでお店をされている丸山さんにとっては大変なことです。それでも注文されてから焙煎をする理由は、出来るだけ出来立てに近い豆をお届けして、美味しい珈琲を飲んでいただきたいという想いからだそうです。購入した珈琲は一杯、一杯大切に味わえそうなお話ですね。

おいしい珈琲の購入方法

「珈琲丸」のこだわりの珈琲豆の購入方法

珈琲丸のおいしい珈琲を飲んでみたくなったのではないでしょうか?お店に行かなくても、珈琲丸のおいしい珈琲豆を手に入れることが出来るんです。方法は3つ。電話注文かメール、Facebookでの注文を受け付けています。自宅でこだわりの味を味わってみてみてはいかがでしょうか?前日までの予約で10%増量というお得なサービスも!!

フットワークの軽い店長さん

「珈琲丸」の店長さん

珈琲丸は高津のお店だけではなく、オーガニックをコンセプトとした野外マルシェへの出店や、その他お店で「珈琲のテイスティング教室」「椅子ヨガ教室」「苔玉教室」等、様々なワークショップも開いています。詳しくはお店のホームページ、もしくは電話でのお問い合わせにてお願いします。

photo / Ma-Ya

こだわりの自家焙煎珈琲のお店「珈琲丸」
〒:213-0002 神奈川県川崎市高津区二子2-18-9 HOME194-C
TEL:044-819-7739
営業時間:平日 11:00~19:30 土日祝 10:00~18:30

http://coffee-maru.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを