会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

プロ直伝のケア術で、レザーアイテムをいつまでも美しく保とう

プロ直伝のケア術で、レザーアイテムをいつまでも美しく保とう

お財布や名刺入れ、バッグなど、私たちは多くのレザーアイテムに囲まれています。革はとってもデリケートな素材。長くお付き合いしていくためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。そこで、レザーケアのプロフェッショナルである藤田康雄さんに、革小物のお手入れ方法を教えてもらいました。

万能ローションを使って汚れを落とし、革に栄養を補給

名刺入れにローションを塗布している写真

革製品のメンテナンスは、まず表面の汚れを落として、革に栄養を与えてあげることが基本だそう。一見、手間がかかるように思えますが、汚れ落とし&栄養補給&ツヤ出しと3つの効果が期待できる万能な皮革用ローションを活用すれば、とっても簡単。「米粒大くらいの量のローションを布に添付し、円を描くように指を動かしながら革の表面全体に塗っていってください」と藤田さん(以下同)。特に、乾燥してヒビが入りやすい折り目部分などは、しっかりケアすることが大事なのだとか。

馬毛のブラシを使って、全体をブラッシング

名刺入れについたローションをブラシで落とす写真

ブラシを使用し、革小物の表面をブラッシングしていきます。そうすることで、余分なクリームを飛ばし、栄養分をより革に浸透させることができるそう。「ローションがたまって白っぽくなりがちな溝やステッチ部分を特に念入りにブラッシングしていきましょう」。

やわらかい布で表面を磨き、ツヤを出す

名刺入れを柔らかい布でふく

クロスなどのやわらかい布を使って、表面をやさしく磨いていきます。「力を入れずに、なでるようなイメージで乾拭きをしていってください。次第にツヤが出てきて、革本来の美しさが蘇るでしょう」。

月1回は万能ローションを塗って、ケアしてあげることが大事

革の名刺入れのケアで使った道具

お財布などの革小物は、基本的に毎日使うもの。気にすることはあまりないと思いますが、けっこう酷使されているので意外にダメージを受けています。「ご苦労さまの気持ちを込めて、毎月1回は万能ローションを使ってお手入れするようにしましょう。ちょっとしたことですが、それをするかしないかで、革小物の寿命は大きく変わります。愛着のあるアイテムとずっと付き合っていくためにも、定期的なケアを忘れないようにしてください」。

【今回使用したお手入れグッズ】
「M.モゥブレィ クリームエッセンシャル」(1,836円/税込)

photo / 前田洋一

<取材協力>
東急ハンズ新宿店/藤田康雄さん
1983年、東急ハンズに入社。
30年以上前に靴磨きに開眼、現在はレザーケアのプロとして新宿店で活躍している。

東急ハンズ新宿店

http://shinjuku.tokyu-hands.co.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを