そのひと手間で印象が変わる。「ukokor」の“折る懐紙”が演出する女性のたしなみ

そのひと手間で印象が変わる。「ukokor」の“折る懐紙”が演出する女性のたしなみ

新鮮なアイディアの中に懐かしさも感じさせる数々のプロダクトを展開している「ukokor(ウココロ)」から、“Oh!Kaishi”という立体的な懐紙が誕生しました。今までになかった新たなデザインの懐紙を持ち歩いて、あなたの生活にもスマートな大人のたしなみを。

現代でもさまざまな用途に使える『懐紙』

みなさんは、『懐紙(かいし/ふところがみ)』をご存知でしょうか?それは読んで字のごとく、懐に入れて持ち歩く紙のこと。お茶菓子を乗せるお皿代わりであったり、茶器を拭くちり紙代わりであったり、主にお茶の席で使われる便利なアイテムです。そのほか、メモ用紙や包み紙などのさまざまな用途に使えるものとして、特に昔は生活になくてはならないものだったそう。時が経つにつれ昔ほど馴染みがなくなってしまいましたが、最近またおしゃれなデザインの懐紙が注目を浴びつつあります。今回ご紹介するこちらは、女性デザイナー2名を中心に活動を行っているプロダクトブランド「ukokor(ウココロ)」がデザインしたもの。その名も“Oh!Kaishi”です。

折り目に従って立体的になるデザイン

従来の懐紙は多くが平面のもので、あまり立体的にして使うことはありません。ですが“Oh!Kaishi”は、最初から折り目がつけられている新しいデザイン。折り目に従って折ると三面が立ち上がるので、特に食べ物を乗せる際に落とす心配がなく、より手に持ちやすい仕様となっています。ナチュラルな白色の紙のふちに入った黄色と赤のラインも、スタイリッシュで印象的。シンプルながらもどこか日本的な奥ゆかしさを感じさせますね。

和菓子も洋菓子も合わせやすいシンプルさが魅力

日本の文化として生まれた懐紙ですから、やはりまず合わせたくなるのは和菓子。やさしい白色の上で色鮮やかな和菓子がよく映えます。もちろん洋菓子も合わせやすいのがこのシンプルなデザインの良いところ。お茶会、オフィスでのおやつタイムなど、どんなシーンでも使えます。デザイン的にも用途的にも、懐紙に馴染みがない方でも気軽に取り入れられますね。懐紙を使うと丁寧できちんとしたイメージを感じさせるので、大人のたしなみとして持っておくといいかもしれません。

一筆書きや食事の際のコースター代わり、ポチ袋と、書く・拭く・包むという全ての用途に対応できる懐紙をバッグに忍ばせておけば、きっと案外使い道があることに気づくことと思います。あれこれと用途別に紙ものを持ち歩くのではなく、色々と臨機応変に使える懐紙を持ち歩いて、スマートな生活を送ってみませんか?

ユニークなプロダクトから目が離せません

懐紙のほかにも、水に強いストーンペーパーでできたグラスマーカーや、和を感じる個性的な箸置きなどのプロダクトも展開している「ukokor」。東京を拠点とし、個展やワークショップを開催するなど、さまざまな活動を行っています。懐紙をはじめとした、常にどこか懐かしくもあり、そして新鮮な気持ちを届けてくれる数々のアイテムをぜひご覧になってみてください。

「ukokor(ウココロ)」のロゴ

ukokor(ウココロ)

http://www.ukokor.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

  • しなやかな身体をつくる12の習慣
  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe