会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

見た目も涼やか。あっさりとした口あたりの『とうがん』を使った簡単レシピ

見た目も涼やか。あっさりとした口あたりの『とうがん』を使った簡単レシピ

さっぱりとした味わいと涼し気な見た目が特徴的の夏野菜『とうがん』。普段は、お味噌汁などの和食の料理に合うイメージの食材ですが、今回は中華風にアレンジした簡単レシピをご紹介。野菜たっぷりの色鮮やかな冷やし鉢で、食卓を鮮やかに彩ってみてください。

爽やかな味わいの「中華風 とうがんと夏野菜の冷やし鉢」

「とうがん」の中華風レシピ

残暑が厳しいこの時期には、さっぱりとした味わいのとうがんを使った料理がおすすめです。カニカマや卵を入れたり、温かいまま食べるときは生姜を入れてアレンジするなどしてとうがん料理を楽しんでください。

材料 (2~3人前)

  • ミニとうがん1/2玉
  • なす1本
  • 島おくら2本
  • 250cc
  • 中華だし、または、鶏ガラスープの素小さじ2
  • 片栗粉小さじ1

作り方

  • 1とうがんは皮をむいて種をとり、大きめの一口大に切る。
  • 2鍋にとうがん、水、中華だしを入れ、中火で5分、弱火で5分、とうがんがやわらかくまで煮る。
  • 3おくらを縦半分に、なすは乱切りにして耐熱皿にのせ、ラップをして500Wのレンジで1分半ほど温める。
  • 4煮えたとうがんを(3)の皿にのせ、なす、おくらとともに冷ます。(2)の煮汁に小さじ1の水でといた片栗粉でとろみをつけて冷やす。
  • 5小鉢に(4)の野菜を盛り付け、煮汁をかけたら出来上がり。

photo / Oisix

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報