会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

忘れられない恋をした人に捧げる、衝撃の純愛作品『ナラタージュ』

忘れられない恋をした人に捧げる、衝撃の純愛作品『ナラタージュ』

大人のための恋愛映画『ナラタージュ』が10月7日(土)より公開されます。「世界の中心で、愛をさけぶ」を手掛けた、恋愛映画の名手・行定勲監督がメガフォンを取り、10年にも及ぶ構想を経て完成させた本作品をご紹介します。

禁断の愛を描いたストーリー

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと誘いの電話がきます。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救い、居場所を与えてくれた教師でした。葉山との誰にも言えない卒業式の日の思い出を胸にしまっていましたが、再会によりだんだん気持ちが募っていきます。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられます。 葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉でしたが、ある事件が起こるのでした―。

恋愛映画のカリスマ監督・行定勲

行定勲監督最新作「ナラタージュ」の女子大生・泉役の有村架純

監督の行定勲は、岩井俊二監督の「スワロウテイル」などで助監督を務め、「OPEN HOUSE」で初めてメガホンをとりました。金城一紀の直木賞受賞作を宮藤官九郎脚本・窪塚洋介主演で映画化した「GO」では、日本アカデミー賞最優秀監督賞など数々の賞を受賞し、片山恭一の同名小説を映画化した「世界の中心で、愛をさけぶ」は、興行収入85億円の大ヒットを記録。眼には見えない人間の深い感情や、言葉にできないもどかしさなどを描くのを得意とし、これまで数多くの恋愛映画を手掛けてきました。

原作は、島本理生さんが20歳の時に書き下ろした小説。12年前に行定監督が読んだ際、男と女のどうしようもなさが物凄い熱量で描かれていたことに驚かされたと言います。当時、直ぐに脚本化したいと熱望しましたが、リスクの高いシナリオに物怖じし、お目当の女優に断られて頓挫したそうです。その後も、ファンタジー要素の強い恋愛映画が全盛となるなどしましたが、何年もの時を経て完成に至りました。

行定勲監督は「現時点で私が作ってきた恋愛映画の集大成になっています。目力を抑圧した松本潤の大人の男の演技と、有村架純の少女から脱皮したドキッとするような色っぽい目をする大人の女の演技を堪能して欲しいです。」と、本作について語っています。

心焦がす恋を経験した人たちに

映画「ナラタージュ」の主人公・葉山役には松本潤と女子大生・泉役の有村架純

これまで様々なドラマや映画で見せてきた、まっすぐな青年役とは一線を画す、主人公・葉山役には松本潤。自身に十字架を背負いながら許されない恋に悩みつつ、募る想いに抗えない大人の男性を演じています。身も心もさらけ出し、一生に一度のすべてを捧げてもいいと思える恋をする女子大生・泉を体当たりの演技で演じるのは、有村架純。葉山への嫉妬のあまり、自身を抑えられない大学生を演じ、未だかつてない顔をのぞかせる泉を想う礼二役には坂口健太郎。

原作の持つ世界観を大切にしつつも大胆な解釈を加え映像化した本作。許されない二人の恋の結末を、あたたかく希望を感じさせるオリジナルのラストシーンへと昇華させています。想い合う二人の姿は、あなたの一番好きだった人を想い起こさせることでしょう。忘れられない恋を経験した人、今まさに全身全霊で恋をしている人にも観て欲しいと感じた作品です。

photo / (C)2017「ナラタージュ」製作委員会

『ナラタージュ』

10月7日(土)全国ロードショー
監督:行定勲 
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
出演:松本 潤、有村架純、坂口健太郎 
配給:東宝=アスミック・エース

http://www.narratage.com

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを