日本を旅して出会った伝統茶で、ほっと一息つける素敵なひとときを届ける「tabel」

日本を旅して出会った伝統茶で、ほっと一息つける素敵なひとときを届ける「tabel」

300種類以上の薬草が生えているという日本ならではのお茶の味わいを伝えているブランド「tabel(タベル)」。取り揃えられているのは、日本全国を旅して出会ったという個性豊かな伝統茶や、ティータイムを楽しむ道具たち。そのプロダクトが、あなたにほっと一息つけるひとときを届けます。

日本を旅して出会った伝統茶が揃っています

古くから伝わる日本の伝統茶を販売している「tabel(タベル)」。北海道から沖縄まで日本全国を旅して出会った個性豊かな伝統茶を揃え、その魅力を伝えています。天然もの、無農薬、無化学肥料、有機肥料栽培などのハーブたちを使った野草茶で、ほっと一息つける素敵なティータイムのひとときを過ごしてみませんか?
植物の力を、給ぶ、得る。
{tabel}は日本各地の風土に根ざした薬草文化をリサーチし、伝統茶をはじめとした慈しみの美味しさを紡ぎます。
出典:http://tab-el.com

夏に爽やかさを届ける霧島のブレンドティー

こちらは、自然豊かな南九州の霧島で育った素材を活かしたブレンドティー。香ばしい匂いが広がるハトムギに清涼感のあるカキドオシが効いていて、暑い夏に爽やかな味わいを届けてくれます。朝の目覚めに一杯飲んで、清々しく一日のスタートをきるのもいいですね。また、抽出時間を変えれば味わいも少し変わるとのこと。熱湯を注いで5分なら爽やかな味わいが強く、15分ならハトムギの香ばしい印象がしっかりと出るのだそうです。お好みで試して、その時の気分にあった味を楽しんでください。

霧島のカキドオシとハトムギ茶 リーフ 缶/950円(税込)

実までまるごと食べられる滋賀県伊吹山のそば茶

こちらは、滋賀県伊吹山のそば茶。ぽろぽろと小粒なそばの実の中には味や栄養分がぎゅっとつまっていて、お水と一緒に火にかけて沸騰後5分ほど煮出し、その実までまるごと食べることができます。甘みを引き立てるように焙煎されていて、毎日の食事のあとやおやつタイムなどにぴったり。先ほどご紹介した霧島のお茶もそうですが、ノンカフェインなので寝る前にもどうぞ。

滋賀伊吹山の実ごと食べれる在来そば茶/1,250円(税込)

お茶をまろやかな味わいにしてくれる錫のマドラー

触れたものの雑味を取り除き、水をまろやかに美味しくするといわれる錫(すず)という金属。その錫を使った酒器は、『料理酒を一級酒に変える』と言われているほどだそうです。tableでは、そんな魔法のような金属をもっと手軽に使えるマドラーにして展開。梅の枝を型どり、趣のある佇まいに仕上げています。こちらは20cmのタンブラー用。13.5cmのロックグラス用もあるので、グラスによって使い分けてくださいね。このほかにも、ティータイムをより楽しくさせてくれる道具たちが、お茶と合わせて販売されています。

水がおいしくなる魔法の錫マドラー
「梅ヶ枝」長 タンブラー用/3,200円(税込)

8月26日には渋谷ヒカリエでワークショップを開催

「tabel」では、オンラインショップでの販売のほか、ワークショップなども行って伝統茶の魅力を伝えています。8月26日(土)には、渋谷ヒカリエにて『薬草を探す大冒険とブレンドティワークショップ〜薬の島・屋久島編〜』と題したブレンドティーのワークショップを開催する予定だそうなので、気になる方はぜひ申し込みをして足を運んでくださいね。

300種類以上の薬草が生えているという日本だからこそ生まれる伝統的なお茶を、毎日のさまざまなシーンで味わってみてはいかがでしょうか。

photo

「tabel(タベル)」

TABEL株式会社
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町1-17-1-701

http://tab-el.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

  • しなやかな身体をつくる12の習慣
  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe