会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

まるで空中に絵を描くよう。自由な曲線で形づくられる「itashiori」のかごバッグ

まるで空中に絵を描くよう。自由な曲線で形づくられる「itashiori」のかごバッグ

色や太さがさまざまな“つる”を使って作られる、「itashiori(いたしおり)」のかごバッグ。まるで空中に絵を描くような自由の曲線が、そのプロダクトに触れる人の心を魅了します。そのほかバレッタやブローチなども展開。春夏の装いにアクセントをプラスしてくれるアイテムたちに注目です。

空中に絵を描くような、世界にひとつだけのかごバッグ

春や夏に持ちたいバッグとしてよく挙げられる、見た目も涼し気なかごバッグ。ひとつは持っている方も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは、多摩美術大学の油画科を卒業した、いた しおりさんが手掛けているかご編みのブランド「itashiori」。それぞれ違った色や編み方が表現された、世界にひとつだけのかごたちを展開しています。太さや色味の違うつるを使って組み上げられるその自由な曲線は、まるで空中に絵を描いているかのよう。

“nobana”が2017年春夏のテーマ

2017年春夏のテーマは“nobana”。旅先でみかけた、道ばたに咲いていた野花をイメージして制作したそうです。丸いフォルムの中に走るつるの曲線に加え、全て手縫いで作られているという内袋も、素材感ややわらかい色使いがとってもやさしげです。アンティークファブリックやボタンを使ってデザインされたお花たちが、春の日の装いにそっと花を添えてくれます。持ち手も丸く形どられ、全体的にルックスがころんとしていてとっても可愛いですね。

ブローチやバレッタなども

かごバッグ以外にも、ブローチやバレッタなどのアクセサリーも制作されています。中には、つるに糸を巻き付けたり編んだりしたデザインのものや、パールなどを組み合わせたデザインのものも。ベージュだったり、ブラウンだったり、つるそのものの自然な雰囲気を持った色合いが、お洋服やヘアスタイルにふんわりとした印象をプラスしてくれそうです。その軽さが、春夏の涼やかな装いにぴったり。お揃いでかごバッグを持っておでかけするのも素敵ですね。

その日を暖かく祝福するウェディングアイテムのオーダーメイド

こちらはオーダーメイドで制作したウェディングアイテムたち。白藤で編まれたかごバッグには手編みのアンティークレースがたっぷり装飾され、ヘッドドレスにはゴールドのガラスビーズやコットンパールが春のドライフラワーとともにきらきらと輝いています。大切な1日を暖かく祝福しているようなその輝きにうっとり。

クラフト市などのイベントにも参加するとのこと

丁寧にひとつひとつ作られている「itashiori」の作品は、埼玉県のセレクトショップや各地で開催されるクラフト市などでご覧になることができます。また、最近まで立川伊勢丹でのポップアップショップにも参加していたそう。5月28日の日曜日には、埼玉県の久喜菖蒲公園で行われる“縁日日和”というイベントにも参加するとのことなので、ぜひ足を運んでみてくださいね。今まであまり見たことのなかった、自由な曲線を描いたかごバッグたちの魅力に触れることができます。

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

  • しなやかな身体をつくる12の習慣
  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe