隠岐島発。島の“暮らし”と“物語”を味わうダイニング「離島キッチン」

隠岐島発。島の“暮らし”と“物語”を味わうダイニング「離島キッチン」

『離島キッチン』は、日本全国の離島から産地直送された新鮮な食材を東京で食べることができるダイニングです。“島のアンテナショップ”として、島の食材を使った料理を届けるとともに、その背景にある「文化」や「歴史」、「物語」を伝えてくれます。

離島の風土が生んだ食文化を神楽坂で

神楽坂の表通りである早稲田通りを一本裏手に入ったところに、隠れ家のようにあるのが『離島キッチン』。「島」をテーマにしたダイニングです。
メニューには、隠岐島、淡路島、屋久島、五島列島といった名前が並びます。すべてのメニューのメインの食材が島のもの。海産物を中心に全国の島々から産地直送の新鮮な食材が揃っています。
一つひとつの島には、それぞれ気候や風土に根ざした独自の食文化があります。新鮮で美味しい食事をいただくと同時に、その料理の背景にある「文化」や「歴史」、「物語」も一緒に楽しむのが『離島キッチン』のコンセプトです。

隠岐島・海士町発「島のアンテナショップ」

『離島キッチン』は島根県の離島、隠岐島にある海士町の観光協会が企画し、立ち上げました。海士町では、海産物を都市部へ届けるまでに鮮度が落ちてしまうという離島のハンディキャップを克服するために、“CAS”と呼ばれる特殊な凍結技術を導入。特産の岩ガキやスルメイカは、解凍後もとれたての味を味わうことができるようになりました。
『離島キッチン』でも、このCAS技術を使って直送した鮮度の高い隠岐島の食材を使ったメニューがたくさんあります。
もちろん、隠岐島だけでなく、日本全国の島の料理が集まっています。都道府県の垣根を越えて、全国の島が集まる「島のアンテナショップ」になることで、島同士のネットワークができていくことを目指しているそうです。

月替わり日替わりメニューのこだわり食材

『離島キッチン』では、毎月、どこかの島を「今月の島」としてフィーチャーし、その島の食材を使った月替わりのスペシャルメニューを用意しています。一つの島にスポットライトを当てることで、島の風土や文化に思いを巡らせ、島の個性をよく知るきっかけにもなります。
また、日替わりのメニューもあります。季節によって食材は変りますし、お刺身に使える鮮度の高い食材は、日替わりで入荷したその日のおすすめになります。毎日何でも手に入る都会の暮らしに慣れると感覚が麻痺してしまいますが、島の暮らしのサイクルに合わせた本当に新鮮な食材を食べようと思うと、当然メニューは日替わりになりますね。

海の幸だけでなく山の幸、調味料も島の味

島の食文化は海の幸だけではありません。山が多く耕作地が少なかったり、大きな川が無く水が豊かでないためお米があまり獲れなかったり。そんな逆境を乗り越えるために、島ならではの独特の食文化が生まれたそうです。
サツマイモを使った保存食や、うどんやそう麺を食べる文化、醤油のかわりに味噌を調味料として使う文化など。そうした島ならではの食材や食文化も『離島キッチン』では味わうことができます。
日本にはたくさんの島がありますが、気軽に行くことは難しいです。しかし、『離島キッチン』では、「食べる」ことを通じて、島と繋がることができます。そして、一つひとつの食材の背景にそれぞれの「物語」があります。『離島キッチン』で「島の物語」を感じ、その背景にある島の暮らしとシンクロしてみませんか。

『離島キッチン』のロゴ

離島キッチン 神楽坂店
営業時間: 11:30〜14:00 18:00〜22:00 L.O. 21:00
月曜日はディナータイムのみの営業となります。
定休日 : 不定休
住所: 東京都新宿区神楽坂6-23
TEL : 03-6265-0368

離島キッチン 福岡店
営業時間: 11:30〜14:00 18:00〜23:00 フードL.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30
定休日 : 月曜日
住所 : 福岡市中央区今泉2丁目1-75-1
TEL : 092-406-4151

http://ritokitchen.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe
  • Sheageアプリでもっと便利に! App Storeからダウンロード GET IT ON Google Play