会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

お取り寄せもできる!贅沢な素材の持ち味を感じる「シンチェリータ」のジェラート<後編>

お取り寄せもできる!贅沢な素材の持ち味を感じる「シンチェリータ」のジェラート<後編>

アイスクリームにアイスパン、かき氷など、近年、寒い季節にも人気の冷たいスイーツ。では、オリジナルの本格的なジェラートはいかがですか?<前編>に続き、気軽にふらりと立ち寄りたくなる阿佐ヶ谷のジェラテリア「シンチェリータ」をご紹介します。

産地をめぐり、地元の商店とも手を携えて

店内の透明の椅子と阿佐ヶ谷の街角

店の向かいには昔ながらのおせんべい屋さん。そのまた隣には可愛らしいお花屋さん……。シンチェリータがあるのは、そんな阿佐ヶ谷の街角です。
年間に登場するのは約200種類ものフレーバー。ジェラートマイスターの中井洋輔さんに、その発想について訊いてみると、「基本的には素材ありきです」という答え。季節を問わず旬の素材を大切にしてジェラートづくりを続けているそうです。

ワインの瓶と黒板

中井さんが産地めぐりをすることもめずらしくありません。生産者と果物や野菜の育て方や土の話をしたり、ときにはジェラートとは関係ない話で何時間もおしゃべりが弾んだりすることも。
また、阿佐ヶ谷に店を構える豆腐屋さんや珈琲屋さんの食材を使うなど、地元生産者とのつながりも大切にしています。「ジェラートをきっかけに、阿佐ヶ谷という街が盛り上がっていけばうれしいですね」と中井さんは話します。

ジェラートはイタリア人にとって身近な存在

ボーダーを着てベレー帽をかぶった中井さん

中井さんは、インテリアデザインの勉強のため渡伊していた経験があります。日本のあちらこちらにコンビニがあるように、イタリアの街にはたくさんのジェラテリアがあるのだとか。なかには、駅や街角などで新聞などを売るキオスクや菓子店でジェラートを販売していることも。
「イタリア人にとってジェラートはとても身近な食べ物なんです。誰もが日常的に足を運び、さっと食べてさっと帰る。ジェラテリアが集いの場にもなっていますね」と中井さん。
いまでも年に1回はイタリアへ行き、ジェラートの情報を収集したり、食材をめぐり地方へ足をのばしたり。また、ジェラートの流行を肌で感じることも貴重な経験になっているようです。

ほっとひと息つけるジェラテリアへ

カップに入ったピンクと白のジェラート

店名のシンチェリータは、「誠実」という意味を持ちます。
「それほど深く意味を考えずに語感などで名付けました。でも、いまとなってはジェラートづくりに対して“誠実でありたい”という想いが強く、この名前にしてよかったと思います」と中井さん。
今後、つくりたいフレーバーについて訊いてみると、過去につくったパンのジェラートに再度挑戦する予定だとか。「小麦粉の風味が感じられるジェラートを追求してみたい」と、意欲的です。
まだまだ日本では数少ないジェラート専門店ですが、中井さんは、日本にジェラートという食文化を根付かせたいと考えています。「ほっとひと息つけるジェラテリアになれたらうれしいですね」と中井さん。

素材の持ち味がぎゅっと詰まったシンチェリータのジェラート。寒い季節だからこそ楽しめるフレーバーもたくさんあります。お取り寄せもできるので、「こたつでジェラート」なんて楽しみ方もできますよ。

photo / キムラ ミハル

東京・阿佐ヶ谷のジェラテリア「SINCERITA(シンチェリータ)」

住所:東京都杉並区阿佐谷北1-43-7
電話:03-5364-9430
営業時間:11:00~21:00(年中無休)
http://shop.sincerita.jp/

http://www.sincerita.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報