会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

可愛いポーリッシュポタリーに出会える。巣鴨の小さなお店「おさらや」

可愛いポーリッシュポタリーに出会える。巣鴨の小さなお店「おさらや」

その可愛らしい模様とフォルムで人々を魅了させる、ポーランドの陶器「ポーリッシュポタリー」。ハンドメイドの温かさと機能性を備えたポーリッシュポタリーを扱う、東京の巣鴨駅、大塚駅にある小さなお店「おさらや」をご紹介。あなたも食器棚にひとつポーランド食器をいかがですか?

東京でポーリッシュポタリーに出会える場所

大塚駅、巣鴨駅からそれぞれ徒歩10分弱、山手線内にあるポーリッシュポタリーを取り扱う食器店、「おさらや」。ぜひふらっと立ち寄ってみてください。マグカップ、小皿、平皿といった定番の食器はもちろん、グラタン皿、小鳥の置物といった珍しい形の陶器も並んでいます。柄は小花や果物、水玉模様など実に多彩。シンプルだけど可愛らしい、東欧の文化が香るポーランド陶器の数々にあなたも心を奪われてしまうかもしれません。
「もっと おいしくなる器」をテーマに店舗作りを始めました。
お料理好きな方はもちろんですが、、、
忙しくてコンビニなどでお弁当という方も使い捨ての容器から ちょっと素敵なお皿に移しかえてみてください。
そのひと手間で食事の時間がもっと楽しくなるはず!!、、、と店主は考えております。
出典:http://osara-ya.com

人々を魅了する多彩な柄のポーリッシュポタリー

ポーリッシュポタリーとはポーランドの南西部にある、Boleslawiec(ボレスワヴィエツ)という町で作られる陶器の総称です。ポーランドでは「ボレスワヴィエツ陶器」の名で親しまれていますが、日本やアメリカでは近年「ポーリッシュポタリー」の名で注目を集めています。ひとつひとつ手作りでスポンジのスタンプと一部手書きで描かれています。ポーランド語で「ニェザポミナイカ(忘れないで)」という意味のわすれな草や花言葉が「気遣い、もの想い」のパンジー、カラフルなマーガレットや孔雀の目をモチーフにした水玉模様など素朴で多彩な心惹かれる柄が特徴です。

ポーリッシュポタリーの歴史

ボレスワヴィエツは近くを流れるボブル川とクフィサ川の粘土が陶器に向いていることから、中世から陶器の町として発展しました。初期は茶色一色でしたが18世紀から白い粘土が加えられ、19世紀にはヨハン・ゴットリープ・アルトマンという陶器職人の親方によって柄に革命的な変化が起こりました。こうして現在のような色鮮やかな模様のボレスワヴィエツ陶器が誕生し、確立していったのです。

ポーリッシュポタリーが粘土から陶器になるまで

ボレスワヴィエツの土地で採れる粘土をろくろで回し、成形させたあと、へらで形を整えて自然乾燥させます。その後、やすりで削ってさらに形を整えたら再度乾燥させます。そして低温(800℃)で焼き、バルト海の海綿を含んだスポンジのスタンプで絵付けし、きれいな光沢を出し、衝撃や熱に強くするために釉薬をかけます。釉薬のおかげで釉薬はひとつひとつ素手でか電子レンジもオーブンも食器洗浄機も使えるたくましいポーランド陶器となるのです。最後に高温(1250℃)で焼いたら完成です。

そんな素敵な陶器、ポーリッシュポタリーに東京で出会える「おさらや」さんで、あなたもポーランド文化に魅了されてみませんか?なお、商品は売り切れ等により入れ替わるため、掲載写真のアイテムを現在店舗で取り扱っていない場合もあるとのこと。ぜひ実際におさらやに足を運んで、その時々の商品との出会いを楽しんでみてくださいね。

photo

おさらや

〒170-0005 東京都豊島区南大塚1-26-18
TEL&FAX:03-5319-4777
info@osara-ya.com

http://osara-ya.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報