確かな技術と現代のライフスタイルに寄り添うデザイン性。ぬくもりあふれる「杉工場」の木製家具

確かな技術と現代のライフスタイルに寄り添うデザイン性。ぬくもりあふれる「杉工場」の木製家具

明治19年の創業から木製家具を作り続けている福岡県うきは市の「杉工場(すぎこうじょう)」。その長年培われてきた技術で、現代の生活に馴染むインテリアを数多く生み出しています。今回はやわらかい曲線を描く“circle series”をご紹介。

「杉工場」とは?

林業・製材業が盛んな街・福岡県うきは市で、明治19年に創業された「杉工場(すぎこうじょう)」。創業当初から木製の家具を製作し、徐々に学校で使用する体育用具全般の制作もスタートさせました。昭和初期には学校用家具工場として当時の文部省から推薦を受けたとのことです。昔から培われてきた長年の経験を活かしながら、安心・安全で人と環境に配慮した製品づくりが今現在も行われています。

今回ご紹介するのは“circle series”

今回ご紹介するのは、まるいフォルムの“circle series”。なめらかな曲線を描いてお部屋に溶け込むその姿からは、とっても優しいぬくもりが感じられます。わたしたちの生活の中に木の香りをふわっと広げ、毎日過ごすおうちを更に居心地のいい空間に。

パステルカラーがかわいいスツール

淡いピンクとブルーがやさしい印象をもたらすスツール。その座面は通常よりも薄くスライスされた木材を貼り合わせて作られているとのことで、小口の積層がとても綺麗に出ています。椅子としてのみではなく、サイドテーブルとしても活用できそう。観葉植物などを置いて、パステルカラーとのコーディネートを楽しむのもいいですね。

Circle Stool/12,960円(税込)

2種類の木材で作られるダイニングチェア

サークル型の座面が可愛らしいダイニングチェアは、ポプラ材を使用したものとホワイトアッシュ材を使用したものの2種類が作られています。
ポプラ材を使用したチェアはグレー・ブルー・レッド・イエローの4色展開で、発色がとっても綺麗。軽い素材なので、持ち運びも楽々です。一方、ナチュラルカラーのチェアにはホワイトアッシュ材を使用。自然系のオイルで仕上げされていて、美しい木目が活きています。お好きなカラーを揃えて食卓を囲んでくださいね。

Circle ダイニングチェア Poplar/24,840円(税込)
Circle ダイニングチェア Ash/28,080円(税込)

程よい距離感と安心感を生むラウンドテーブル

最後にご紹介するのはラウンドテーブル。スクエア型とはまた違った人と人との程よい距離感がありつつ、隣に座っているかのような安心感もありますよね。こちらにもホワイトアッシュ材が使用されていて、その木目のぬくもりがよりほっとするひと時を演出します。

Circle maru table/103,680円(税込)

昔の技術で現代に馴染むデザインを

囲む、集う、和む
座ってみるとふとそんな言葉が思い浮かぶ。人と食べものとの心地よい距離感。ふたりっきりで、家族で、いろんな場所で寄り添えるカタチ。
出典:http://sugikouba.shop-pro.jp
「杉工場」の“circle series”、いかがでしたか?シンプルなやらわかい曲線がお部屋にやさしい印象をプラスし、日々の生活にそっとぬくもりを添えてくれるはずです。昔の技術を活かしながら作られる、現代の生活に馴染むようにデザインされたプロダクトたちは、他にも数多く展開されています。ぜひHPやオンラインショップを覗いて見てくださいね。

杉工場(すぎこうじょう)のロゴ

杉工場(すぎこうじょう)

http://www.sugikouba.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを