オーガニックコットンが中心。生活に溶け込む肌触りがやさしい「Suno&Morrison」

オーガニックコットンが中心。生活に溶け込む肌触りがやさしい「Suno&Morrison」

インドやタイの手紡ぎ糸や、日本の伝統技術を使って生み出すオーガニックコットンのガラ紡。それらを用いて肌触りの良いプロダクトの数々を生み出している「Suno&Morrison(スノアンドモリソン)」。ファッションアイテムをはじめとし、キッチンミトンやラグなどの生活のアイテムも展開しています。

生活に溶け込む心地の良いプロダクト

普段の生活の中に溶け込むような、側に置いておいて気持ちのよいもの。
大量に作る事は出来ない、人の手を感じられるもの。
そして、作られる背景にも魅力があるものをめざし、
日々素材と対話しながらものづくりに励んでいます。
出典:http://www.suno-morrison.com
作り手が実際に使ってみて気持ち良いと感じた素材でものづくりをしている、福岡発のブランド「Suno&Morrison(スノアンドモリソン)」。オーガニックコットンのガラ紡をはじめとし、インドやタイの手紡ぎ糸などを用いて、なめらかな肌触りで心地よく日常生活に溶け込むプロダクトを数多く展開しています。

メイン素材のひとつ・ガラ紡とは?

ガラ紡とは、元来、糸になりきれなかった糸くずなどを糸として再生するためにつくられた、日本製としてはもっとも古い紡績機と言われている“ガラ紡機”で生み出される糸のこと。紡ぐスピートが遅く、現在ガラ紡機を稼働させているのは数軒のみとのことですが、ゆっくりと紡がれるその糸には空気が含まれ、手紡ぎのような唯一無二の風合いでやわらかい糸が仕上がります。「Suno&Morrison」は、そんな日本の技術を守りながら、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使うことのできるアイテムを仕立てているブランドなのです。

ふっくらと首元を包むマフラー

そんなガラ紡をワッフル状に織って生地にしたマフラーは、ふっくらとした肌触りで首元を包み込みます。お手入れの際は少し柔軟剤を入れて洗い、天日干しをすることによってまたふわっとした風合いを楽しめるとのこと。ガラ紡の特性である糸むらや織りむらが独特の素朴さを生み出します。冬はもちろん、春先は広げてストールとして肩からかけておしゃれを楽しむのもよさそう。

Gara-bou Muffler 20×190cm/8,532円(税込)

ゆったりと動きやすい割烹着型エプロン

こちらは、インドの自然の中で、ほぼ雨水のみで育てられたコットンが原料の素材“オーガニックカディ”で作られた割烹着型のエプロン。インディゴやザクロ、鉄くずなどの天然染料による染色もインドで行われています。速乾性・吸湿性・保湿性にも優れているので年中大活躍です。裾には記事の耳が使用され、ちょっとしたアクセントに。ゆったりとしていて動きやすいサイズ感となっています。

Organic Khadi Coverall Apron (Charcoal Pin Stripe)/16,200円(税込)

シンプルかつ使いやすいキッチンミトン

ファッションアイテムのみならず、キッチンアイテムなどの展開も。こちらは表地にガラ紡を使用したキッチンミトン。裏地にもコットンが使用されているので使い心地が◎。親指とその他の指が分かれるように一点が接合されているので、お鍋などの掴みやすさもばっちりです。

Gara-bou Kitchen Mitten (Gray)/3,780円(税込)

お部屋の雰囲気をがらりと変えるラグ

全面にインディゴ染めを施したラグはきめ細かく織られた素材でしっかりとした丈夫さがあります。コットン100%なので自宅でのお洗濯ができてお手入れ楽々。また、中には羊やラクダなどの天然毛を使用してざっくりと織られた変わり種のラグも。独特な質感で、お部屋に他にはない素敵な雰囲気をもたらしてくれそうです。

Fine Cotton Indigo Rug 60x90/16,200円(税込)
Natural Hairs Rug 60x90/17,496円(税込)

海外のお店でもお取り扱いがあります

日本の各地で展示会を開催したり、ポップアップストアをオープンさせている「Suno&Morrison」は、アメリカや台湾などの海外のお店でもお取り扱いがあります。オンラインショップでも商品が豊富に揃っているので、一度覗いてみてくださいね。異国の地で生まれる素材や日本の技術を融合させたそのプロダクトたちは、やさしい質感であなたの肌を包み込んでくれます。

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡