世界に一つだけのお気に入りを作ろう。「手作りアクセサリー」で自分らしくスタイルアップ

世界に一つだけのお気に入りを作ろう。「手作りアクセサリー」で自分らしくスタイルアップ

小さな頃、手芸屋さんで見る色とりどりのビーズや刺繍糸にわくわくしませんでしたか?大人になった今、忙しい合間を縫って手芸屋さんに足を運んでみてはいかがでしょう。ほっこりした気分になれますよ。手作りの楽しさ溢れる世界をご紹介します。

あの頃の気持ちを思い出して

世界に一つだけのお気に入りを作ろう。「手作りアクセサリー」で自分らしくスタイルアップphoto:うさぎまみ

子供の頃、ビーズの指輪やミサンガを作りに夢中になった時期があるかと思います。どんな色の組み合わせにしようか、どんなデザインにしようかあれこれ考える楽しさや出来上がった時の嬉しさを、大人になった今、もう一度味わってみませんか。
あの時よりも、材料はちょっと贅沢に。ビーズは、チェコガラスやパワーストーン。刺繍糸は太さにこだわってもいいかも。同じように作っても使う素材で表情がガラリと変わり、大人のおしゃれにぴったりなアクセサリーになりますよ。
でも子供用のビーズも心惹かれちゃうんです。そんな時は子供用のビーズを大人買い。眺めているだけで、幸せな気分になれます。子供用ビーズで作ったブレスレットはキッチュな雰囲気。コーディネートをカジュアルダウンするのにいいかも。

オリジナル感がアップするひと工夫

紐ブレスレットphoto:RIMI

ブレスレットもビーズだけでなく、リボンなどと組み合わせると雰囲気がガラリと変わります。ビーズだけよりも甘い印象。付けているだけで女子力アップしそうです。
紐ブレスレットにビーズを通したり、ループを付けるとスタイリッシュな印象になりませんか。素材にひと工夫という手もあります。紐ブレスレットに『制電糸』という静電気を防ぐ糸を使うと、あの嫌なパチパチを軽減できたりします。見た目は普通の紐ブレスレットなのに実は機能的。紐ブレスレットは、腕時計と重ね付けすると手元が華奢に見えて女性らしくなりますよ。

ワンランク上の雑貨にチャレンジ

世界に一つだけのお気に入りを作ろう。「手作りアクセサリー」で自分らしくスタイルアップphoto:RIMI

アクセサリーを手作りしていたら、他のものも自分で作ってみたくなったりもします。
ちょっと難しいかなというアイテムはワークショップに参加してみましょう。プロの方が、上手に出来ないところはちゃんとフォローしてくれます。出来上がるまでノンストレスなので、作る楽しさを存分味わえます。あなたも手作りの世界への扉をノックしてみませんか。

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを