寒い日もほっとさせてくれる、あたたかみある手織りアイテム「trois temps」

寒い日もほっとさせてくれる、あたたかみある手織りアイテム「trois temps」

吉祥寺にアトリエショップを構える「trois temps(トロワトン)」は手織りの生地を使用したアイテムを手掛けるブランド。一本の糸から手しごとで生み出される美しい模様のアイテムは、モダンなデザインながらあたたかみのあるものばかりなんですよ。

藤野充彦さんの手織り作品ブランド「trois temps」

織り機を使い、丁寧に糸を紡いだ生地からアイテムを制作している「trois temps(トロワトン)」。モードクリエータのアシスタントやアパレルのデザイナーを経た藤野充彦さんが、2011年より始められたブランドです。裁断する際に生まれる生地の切れ端も惜しみ、額縁に入れて大切にしたいと思う藤野さんのものづくりには、糸一本ともまっすぐに向き合い、ひとつひとつの工程を大切にする真摯な姿勢がうかがえます。
trois tempsとは、フランス語で「3拍子」という意味です。

素材・デザイン・商品、trois temps・商品・お客様など「3」のバランス良い調和により、更に新しいものが生まれてくる楽しみを考えつつ物作りをしています。

trois tempsの商品は、主に生地から手織りした素材を使い作られています。そこには糸と糸の間に含まれる空気感やぬくもりを大事にしていきたいという思いが詰まっています。
また、trois tempsの商品を持つ人の心を少しでも明るく、楽しくさせたいと言う思いで作る商品はトレンドとは違った角度でデザインされています。
出典:http://www.trois-temps.com

今の季節にこそ傍に置きたい、ぬくもりを帯びたアイテムの数々

くるいのない模様が美しい、カシミアのマフラー

首回りがぱっと華やぎそうな、明るくきれいな色をしたマフラー。カシミアを100%使用しているので、軽くて、あたたかさも抜群です。シームレスで続く模様の網目がなんとも美しいですね。今回取り上げたものはほんの一部で、他にもたくさんのカラーバリエーションがあるとのこと。気になった方は是非一度手に取って、カシミアのやわらかな肌ざわりと、魅力的な色と模様のラインナップを楽しんでみてくださいね。

木の持ち手の小さなバッグ

こちらは北海道産のくるみの木を使用した、ころんとしたかわいらしいバッグ。くるみの木のグラデーションが美しく、細やかに編み込まれた模様ととてもよくマッチしています。中央上のブルーのラインのように見える部分は、繊細な花柄生地を使って「裂き織りで柄織り」をしてあるのだとか。さりげなく手しごとの技が盛り込まれた、大きすぎず小さすぎないちょうどよいサイズ感のアイテムです。

木の持ち手の小さなバッグ / 23,760円(税込)

明るい色味の3種類のコースター

こちらはVague(ヴァーグ)柄の3種のコースター。しっかりと編み込まれた生地は丈夫で、温かい飲み物を入れたマグカップのぬくもりをしっかりと包んでくれます。写真のような木目のテーブルやリネンなど、自然のそのままを生かしたものと相性◎!100%落ち綿を使ったリサイクルコットンは、自然と人に優しいエコな糸なのだそうですよ。

Vague(ヴァーグ)柄のコースター / 1,296円(税込)

アトリエやイベントでお目にかかれるほか、ワークショップも

「trois temps」は吉祥寺にアトリエショップをオープンしているほか、随時イベントや展示会にも参加しています。不定期で手織りを体験できるワークショップも開催しているそうですよ。織り機を使った手織りなんてなかなかできない体験ですし、コツコツ作った自分だけの生地が手元に届いたら、小さなものでもきっと感動するはず。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを