会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

美容院に行く頻度も減る。自然の力でヘアカラーの褐色を防ぐシャンプー&ヘアケア

美容院に行く頻度も減る。自然の力でヘアカラーの褐色を防ぐシャンプー&ヘアケア

“サステナブルな行動”のバトンをつなげていく、リレー連載企画「#TSUNAGU100」。今回はナチュラルな暮らしぶり投稿が人気の遥さん。アッシュ系のカラーリングをされている遙さんは、その髪色キープにケミカルなものを使用していないヘアケア剤を長年愛用中。使っていて安心、豊かな香りに癒されるホームケアアイテムをご紹介いただきました!

子供とのお風呂時間、安心して使えるカラシャン

美容院に行く頻度も減る。自然の力でヘアカラーの褐色を防ぐシャンプー&ヘアケア

美容院に行ってせっかくカラーリングをしても、あっという間に褐色してなんだか悪目立ち。明るいアッシュ系は特に抜けやすく、その色落ちした見た目にテンションが上がらない…ということがありました。その悩みを救ってくれたのが、カラーシャンプー(以下カラシャン)やカラーコンディショナー。
カラシャンはカラーリングした後、髪の毛の褪色を防ぐために、自宅でできるホームケアなのですが、市販で販売されているカラシャンは、基本的にはケミカルなものがほとんど。
シャンプーやコンディショナーの代用品として使用するため、お風呂では体にカラシャンが付着することがしばしば。
我が子(5歳と1歳)とお風呂に入る時には、真っ青のシャンプーとコンディショナーに子供たちが興味を持たないはずもなく、「必ず触らせてー」とやってきます。
子供たちとのお風呂、気を遣わずに安心して使用できるカラシャンを使用したいと思い使用し始めたのが「ダヴィネス」のカラシャン。

子供やお肌の弱い方にも優しく、環境に配慮して作られたダヴィネスのカラーシャンプー&カラーコンディショナー「アルケミック」についてご紹介いたします。

ダヴィネスが志すサスティナブル

美容院に行く頻度も減る。自然の力でヘアカラーの褐色を防ぐシャンプー&ヘアケア

カラシャンのご紹介の前に、まずダヴィネスについて語らせてください。
私がダヴィネスに出会ったのは、10年ほど前。友達から誕生日プレゼントでもらったダヴィネスのハンドクリームがとても保湿力が高く、使用するたびに深い精油の香りに癒され、手も心も潤ったのがダヴィネスとの出会いです。

ダヴィネスは会社自体の取り組みとして「世界のために最善を尽くし、美と論理と持続可能性を通じて全ての人々に豊かな生活を届けます」というミッションを掲げています。
北イタリアのパルマという小都市で生まれたダヴィネス。ダヴィネスの前身はガラスの香水瓶を製造するアトリエの1つだったそうですが、今では世界90ヵ国で販売されるヘアケアブランドとして成長。

ダヴィネスの商品を製造する過程で、ほとんどが自然エネルギーを使用し、環境に配慮した成分の使用に長年取り組まれています。
また、伝統保護の活動や、発展途上国などの支援活動も推進されています。

ダヴィネスはどのプロダクトも、手に取りやすくカジュアルな印象でありながら、シンプルなパッケージから志の高さが伺えます。

自然の力で髪色を変化させる錬金術師「アルケミック」

美容院に行く頻度も減る。自然の力でヘアカラーの褐色を防ぐシャンプー&ヘアケア

ダヴィネスが販売しているカラーシャンプー&コンディショナー「アルケミック」。
アルケミックというネーミングは「アルケミー(錬金術)」という単語に由来するのだそうです。
ダヴィネスがこれまでに培ってきた自然由来に対する情熱と、髪の色を変えるという化学変化との調和は錬金術のようであるというところから、このアルケミックという名前が付けられたのだそう。

アルケミックのパッケージには幾何学模様がデザインされており、パッケージからも不可思議な髪の変化が体験できそうでワクワクします。

アルケミックは生分解性成分が最大98%、植物由来成分が最大95%配合されたナチュラル処方。シリコンや、かゆみやかぶれの主要因となるパラベン、硫酸塩、ジアミンは配合されていません。
ケミカルなものをほとんど排除し、肌の弱い方にも安心してご使用いただけます。
また、容器は75%がリサイクルプラスチックを使用し、ラベルもリサイクル可能な素材を使用するというこだわり。

最大限に自然の力を借りながら、髪の色に変化をもたらす。まさに錬金術のようなマジックを自分の髪で感じられるプロダクト。

異国を感じるられるカラシャンタイム

美容院に行く頻度も減る。自然の力でヘアカラーの褐色を防ぐシャンプー&ヘアケア

アルケミックシリーズは全3色展開で、シルバー、レッド、チョコレートと髪の色によって選択が可能です。私はアッシュ系の髪色のため長年シルバーを愛用しています。

アルケミックシリーズは、シャンプーもコンディショナーも香りは同じ。
自然由来のシャンプー&コンディショナーと聞くと精油の香りをイメージされる方も多いと思うのですが、アルケミックはスパイシーでオリエンタルな香り。
例えるなら、アジアン雑貨屋さんに入るとふわっと感じる深く甘みのあるインセンス(お香)の香りでしょうか。
お風呂場が一気にトルコやインドを彷彿とさせる香りに包まれ、異空間にいるような感覚に。私はアルケミックのこの香りを堪能できるカラシャン時間が大好きです。

シャンプー自体は、クリアな青紫色。見た目やテクスチャーは、かなりゆるめのスライムのよう。
手のひらに広げシャンプーすると、青から一瞬で白い泡に変身。10分ほどそのまま放置し洗い流すと、金色に褪色していた髪色がトーンダウンし、少し落ち着いた印象に。
使用頻度を増やすと、髪を染めた時の色味にキープされますが、私はよく褪色してから「アルケミックしなければ!」と思い出し、焦って使用しています。

瑠璃色のコンディショナーでトリートメント時間を楽しむ

美容院に行く頻度も減る。自然の力でヘアカラーの褐色を防ぐシャンプー&ヘアケア

もしアルケミックを試すにあたって、シャンプーとコンディショナーのどちらか1つを試されるのであれば、個人的にはコンディショナーをおすすめしたいです。

アルケミックのコンディショナーは、こっくりとした重めのテクスチャーで、手にとっても液だれせずに髪に伸ばしやすいのが特徴。
アルケミックのシルバーは、まるで瑠璃色の絵の具のようです。(娘には青鬼と言われます。)
コンディショナーをすると、褪色した髪色が落ち着くのはもちろん、コンディショナーとしての効果も素晴らしく、カラーリングで痛んだ髪をしっとりと仕上げてくれます。

また、シャンプーよりコンディショナーの方が香りをしっかりと感じられます。美容院でトリートメントをしてもらっているかのような心地よく、深く深呼吸をしたくなる、至福の時間をお風呂場で過ごすことができます。

アルケミックを2週間試した結果…

美容院に行く頻度も減る。自然の力でヘアカラーの褐色を防ぐシャンプー&ヘアケア

カラーシャンプーやカラーコンディショナーは、通常のシャンプーやコンディショナーより使用頻度が低く、二番手のような存在。ですが、髪色の褪色を防いでくれ、美容院へ行く頻度も抑えてくれ、とても大切な存在。
特にブリーチをしている私にとっては、カラシャンなくして、アッシュの色は楽しめません。

美容院でのカラーリングをそのまま完全にキープとまではいきませんが、アルケミックのおかげで私のハイカラーな髪色でも、髪の褪色はかなり抑えられています。

シャンプーやコンディショナーは自然派にこだわっているけれど、カラシャンはケミカルなものを使用されている方も多いのではないでしょうか。
ダヴィネスのアルケミックで、自然の力を借りながら髪と環境を大切にし、カラーリングを楽しみましょう。


アルケミック シャンプー シルバー
3,410円(税込)
アルケミック コンディショナー シルバー
4,730円(税込)
わたし、身近な誰か、地球にもいいコト起きる“サステナブルな行動”をここからつなげていこう!
暮らしにいいコトの循環“サステナブルな行動”が一人でも多くの人につながってほしい、という思いを込めた、リレー連載企画「#TSUNAGU100」。
サステナブルな行動は、環境だけでなく、実はみんなが思っている“モヤモヤ”“小さな不満”を解決してくれます。

「#TSUNAGU100」のハッシュタグをつけてSNSで投稿いただいた方の中から、編集部が選び、記事に取り上げさせていただきます。

“サステナブルな行動”とは?
✓ゴミを減らす工夫、使わなくなったものを再利用、モノを大切に使う気持ち
✓実はみんなが思っている暮らしの中の“モヤモヤ”“小さな不満”が解消できる
✓自分や、身近な誰か、地球にもやさしい etc..

“サステナブルなモノやコト”を、みんなで共有していきましょう!

こちらのレビューはInstagramでもご欄いただけます。「#TSUNAGU100」のタグを覗いてみてくださいね

遥(@haru222._.s)


二児の母。サステナブルを取り入れたナチュラルな暮らしぶりや、オシャレな親子コーデなどの投稿が人気。

https://www.instagram.com/haru222._.s/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

関連記事