会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

石や竹、芝生・・・ふわふわのタオルとは正反対のイメージのものをデザインした「OTTAIPNUのタオル」

石や竹、芝生・・・ふわふわのタオルとは正反対のイメージのものをデザインした「OTTAIPNUのタオル」

タオルといえば、ふわふわしてシンプルなものをイメージしますが「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」のタオルは一味違います。北欧のテキスタイルブランドのデザインも手がけてきた鈴木マサルさんによる、見て触って、驚く、新感覚のタオルをご紹介します。

テキスタイルデザイナー鈴木マサルさんによる、ユーモアあふれる斬新なデザイン

marimekkoやlapuan kankuritなどのテキスタイルデザインも手がける鈴木マサルさんによるブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」。ユーモアな発想から生まれる色鮮やかなテキスタイルや、生地本来の魅力を引き立てたプロダクトを展開しています。

「OTTAIPNU」では、タオルで有名な愛媛県今治市の「YOSHII TOWEL(吉井タオル)」を使って生み出されています。直接肌に触れるものだからこそ、厳選した綿素材のみを使用して作られているのだそう。デザイン性が高い上に、安心して使えるプロダクトへのこだわりは嬉しいですね。

タオルで表現するアートかのような「OTTAIPNU」のプロダクト

chikurin

遠巻きに見たら、本物の青竹踏みのようにも見える“chikurin”タオル。竹を模した凹凸のデザインが何ともいえない心地よい感触。竹踏みのようにツボを刺激するようなものではないのですが、“ココロのツボを刺激する”ことをイメージして作られたそうです。もちろん、私のココロのツボは突かれてしまい、気になるアイテムの1つです。自宅のバスマットで使ってみたいですね。

koishi

ふわふわのタオルとは正反対のイメージを持つ石ころデザインが面白い“koishi”。川原の石の上を裸足で歩く、ゴツゴツとした独特の気持ちよさをイメージして作られたのだそう。グレーと黒でお好みの石を選べるので、お部屋の雰囲気に合わせてチョイスできます。

chocotowel

ホワイト、ストロベリー、抹茶、ミルク、ビターの味から選べるこちらのチョコレート達はハンドタオル。手を拭くのに丁度いいサイズなので使いやすそうです。もちろん今治産の「YOSHII TOWEL」をベースに作られているので肌さわりも◎。いつでも持ち歩いていたい1枚です。

shibafu

“柔らかくなくても気持ちいい”という斬新な切り口のテーマから誕生した“shibafu”タオル。触ってみるとシャリシャリ、さっぱりとした感触。芝生に寝転んだ時のようなチクチク感を表現したそうですが、その質感の秘密は、タオル生地に和紙を織り交ぜて生み出したというのには驚きです!ちなみに、紙を使ってはいますが濡れたりしても大丈夫なのだそう。

puchipuchi

誰もがプチプチしたくなる“アノ”梱包財をイメージしたタオル。前面にデザインされた小さな丸い凹凸がぷにぷにと心地よくて、気が付いたら病み付きになっているような使い心地を表現しています。カラフルなカラーバリエーションもポップで楽しげな雰囲気ですね。
今までにない独自の感性が生む「OTTAIPNU」のタオル。手ふきのためのシンプルなデザインのものが多い中、見て触って、楽しい気分にさせてくれるタオルってなかなか無いですよね。思わずコレクションしたくなるようなタオルたち。あなたもぜひ手にとって、デザインを表現するこだわりを感じてみてくださいね。

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報