会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

飾る花器によって何通りも違う表情を楽しめる。椿がメインの和花の花束

飾る花器によって何通りも違う表情を楽しめる。椿がメインの和花の花束

ワンコインで毎週旬のお花が届くサービスを提供している「Bloomee LIFE」がお届けする「ブルーミーライフから届くお花のラブレター」。第7回目は、自分ではなかなか選ぶことの少ない和花を使った花束をご紹介します。

椿、ゼンマイなどの和花を使った花束

椿、ネコヤナギ、ゼンマイ 和花を使った花束を作る様子

ワンコインで毎週旬のお花が届くサービスを提供している「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」から、今回は日本らしい和花を使った花束をご紹介します。

「寒い時期だからこそ、少しでも温かさを感じてもらえるように春の和花を集めました」そう話してくれたのは、今回紹介する花束を作ったお花屋さん「Berry Bouquet(ベリーブーケ)」の北山さん。

「今年は東京でも雪が降るなど、とても寒い日が続いているので、春のお花を見て少しでもほっとする気持ちになってくれたら嬉しいな、と思います。花束に使用しているのは、椿、ネコヤナギ、ゼンマイの3種類のお花。花束っていうと、バラやガーベラが定番になりがちですが、Bloomee LIFEは開けるまで何が入っているかわからないサービスだからこそ、開けた時に「わっ!」と驚いてもらえるような花束を作りたかったんです」(北山さん)。

自分ではなかなか選ばない組み合わせだからこそ、開けた時の驚きは大きいはず。今週はどんなお花が入っているのかな?どんな風に飾ろうかな?と考えるのも、Bloomee LIFEのサービスならではですね。

お花の上手なコーディネート方法とは?

ゼンマイとツバキ、ネコヤナギのブーケを飾っている様子

今回のお花は、つぼみの状態で届く椿と、先がくるっと丸まっているゼンマイ、猫のしっぽのような見た目から名づけられたネコヤナギの花束です。
和花というと、どんな花器と合わせればいいのか迷いそうですが、一番のおすすめは和風のもの。写真のように、和✕和の組み合わせは空間をグッと上品に見せてくれますよ。椿は日々のお手入でゆっくりと花を咲かせるので、毎日お花の様子を観察するのも楽しいですね。

どんなインテリアにも馴染む、ガラス花器と和花

また、意外かと思いきやクリアなガラス花器も和花には合うんです。和風の花器とは違ってスタイリッシュに決まりますよ。クリアな花器は、どんなインテリアにも馴染みやすいので、お部屋のコーディネートに合わせやすくなるのもポイントです。

お花のパワーを感じて、日々の暮らしに癒しを

旬なお花で作った花束を提供するBloomee LIFE

「和花と聞くと『扱い辛そう』『どうやって飾ったら良いの?』と思う方もいらっしゃるかと思います。そんな時はグリーンがおすすめ。少し混ぜるだけで、一気に生けやすい形になるんです」(北山さん)。
そんな北山さんに花束を作るときの楽しみを聞いてみると、「一番楽しいときは、色や大きさを確認しながら束ねていき、自分で納得できる可愛さに仕上がったとき。そうやって心を込めて作った花束が、お客様の手元に届いた時に、少しでも喜んでくれたら嬉しいです」とのこと。
「今回のお花は早春の和花なので、手元に届いてから、長い時間をかけて咲き始めます。傷みにくい枝の花なので、枝の部分をゴムや紐で止めて生ければ、安定しやすくなりますよ」と、今回のお花に対する飾り方のコツも教えてくれました。

自分でお花が咲く瞬間を見届けられるなんて、今回の花束はなんだかいつもよりも愛着が湧きそうですね。

「Bloomee LIFE」の毎週旬なお花が届くサービスを使えば、お家にいる時間がちょっと特別に感じられるはず。ぜひあなたのお部屋にもお花を取り入れてみてはいかがでしょうか?

Bloomee LIFE(ブルーミー ライフ)のロゴ

Bloomee LIFE(ブルーミー ライフ)

https://bloomeelife.com/

Berry Bouquet(ベリーブーケ)
〒657-0036 神戸市灘区桜口町ウェルブ六甲道5番街1番館1-107

http://www.berry-bouquet.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報