会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

毎日の暮らしにそっと寄り添うウェットティッシュ・ケース「Mochi Bin」

毎日の暮らしにそっと寄り添うウェットティッシュ・ケース「Mochi Bin」

「Mochi Bin(モチビン)」は、ideaco(イデアコ)による、ロールタイプのウェットティッシュを入れる容器です。インテリアのじゃまにならないデザインと使い勝手のよさが人気の秘密。ウェットティッシュがもっと身近な存在になる、ありそうでなかったアイテムです。

始まりは、ウェットティッシュに対する不満から

カラーバリエーションの多い「Mochi Bin」ウェットティッシュケース

誰の家にもあるけれど、目立たないように置いておきたいもの。ロールタイプのウェットティッシュは、そんな存在ではないでしょうか。
ドラッグストアなどで樹脂製のケースに入ったものが販売されていますが、「生活感が出るので、テーブルの上には置きにくい」。そう感じている人は、少なくないはずです。
また、一般的な樹脂製のケースは、詰替えのときに取り出し口のパーツが外れてしまったり、詰替えた直後にうまくウェットティッシュを引き出せなかったり…。些細なことではありますが、ストレスを感じることがあると思います。

インテリアになじむウェットティッシュケース「Mochi Bin」

Mochi Binは、開発者自身がそんな不満を改善したいと思ったことから始まった製品です。
ユニークなネーミングは、ふっくら・もちっとしたフォルムから「Mochi」、本体の形状から「Bin」と付けられました。

機能性とデザイン性を兼ね備えた素材選び

可愛いウェットティッシュケース「Mochi Bin」の写真

Mochi Binの本体は、上部の素材はシリコンで、取り出し口と本体が一体化した構造です。シリコン素材の上部がフタや本体下部とのパッキンの役目を果たすことで、湿度を保つことに役立っています。
一方、下部の素材に使用されているのは、熱硬化性のメラミンに竹パウダーを配合した竹メラミンです。メラミン樹脂に天然素材の竹を混ぜることで樹脂の使用量が抑えられるため、環境にやさしい素材として選ばれました。

ウェットティッシュ・ケース「Mochi Bin」の写真3

異なる素材の上下は分解できて、市販のウェットティッシュがすっきりと収まります。
フタは、木にポリウレタンのマット塗装を施したもの。木製にしたのは、「ダイニングでも使ってほしい」という想いからで、温かみが感じられる仕上がりになっています。フタが木製のため、火のすぐそばや浴室などの多湿な環境は避けて使用しましょう。

試行錯誤の末に辿り着いたジグザグの取り出し口

ウェットティッシュ・ケース「Mochi Bin」のティッシュの出し口

一般的なケースの取り出し口は小さな丸い形がほとんどですが、Mochi Binは特徴的な波型です。その形状は、開発において苦労したポイントでもあるのだとか。
目指したのは「大きくても1枚ずつ取り出せる口」です。ただ、口の形状によっては、大きくするとウェットティッシュが何枚もつながってしまいます。
開発者は、何度も試作を重ねるなかで、ご自身の奥さまに相談。「ギザギザにしてみたら?」と助言を受けたことが最終形に辿り着くヒントになったそう。
口の横幅やジグザグの山のサイズなどを詰めていき、詰替えのときに爪や指にストレスを感じない自信作が完成しました。

おしゃれなウェットティッシュケース「Mochi Bin」の写真2

Mochi Binであれば、食事をするテーブルやカウンターキッチンなどに置いても違和感なく印象すっきり。あなたのお部屋にもMochi Binを迎えてみてはいかがですか。

photo / ideaco

イデアコ公式通販サイト

http://www.ideaco-store.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを