会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

猫が教えてくれること「環境第一」/ミュージシャン笹倉さんちのトトちゃんの場合vol.1

猫が教えてくれること「環境第一」/ミュージシャン笹倉さんちのトトちゃんの場合vol.1

猫の猫らしい行動に、自分の生き方を重ねてハッとする瞬間があります。シンガーソングライターの笹倉慎介さんも、3ヵ月前に出会ったトトちゃん(メス・4ヵ月)に教えられた一人。笹倉さんがトトちゃんと暮らし始めて、改めて気づかされたのは環境の大切さでした。

第一印象から決めてました

笹倉慎介さんに抱っこしてもらう茶トラのかわいい子猫

珍しいといわれる茶トラのメス猫、トトちゃんは生後4ヵ月。まだ生まれて間もない頃に、一匹で外をうろついていたトトちゃんに一目惚れし、ともに暮らすことを決めたのはシンガーソングライターの笹倉慎介さんです。
普段は穏やかでどちらかというとクールな笹倉さんが、まるでアイドルの出待ちをするように、いつ現れるともわからないトトちゃんを待ち続けたという出会いを振り返ってもらいました。

上を見上げる茶トラのかわいい子猫トトちゃん

「初めてトトを見たのは9月の上旬頃。ここの(自身の営むレコーディングハウス兼カフェの)窓越しに見かけて、すぐ外に出たんですけど、あっという間に姿を消してしまって。とても小さな子猫だったし、一匹だけだったから心配になって、その日からテラスに餌を置いておくことにしたんです。
『第一印象から決めてました』じゃないけど、とにかく可愛い子猫だったので、餌を置いて、また一目見ようと窓際で待ち続けました。まるで出待ちです(笑)。でも、生粋の野良猫だけあって警戒心が強く、姿は確認できても、僕が部屋の中で動いて床がピキっと軋むだけでサーッと逃げてしまって、一向に距離が縮まらない。
ミカン箱の中に餌を置いて、捕獲を試みたりもしたのですが、暴れて逃げられて…。初めて見た時から3週間が経とうとしていました」

留守の合間に“うちの子”に

上を見つめる茶トラのかわいい子猫トトちゃん

「そんな折、台湾でライブをするため1週間留守にすることがあって。自分が留守中の餌やりをお向かいさんにお願いして、もし可能なら保護しておいて欲しいと伝えて出掛けました。9月も下旬になり、寒くなりかけていたので子猫の体が心配だったし、すっかり情も湧いていたので、飼う覚悟を固めていたんです。
でも正直、あの警戒心の強さでは保護するのは無理だろうと半ば諦めてもいました。ところが帰国したら保護されていて。
お向かいさんが言うには、自分の飼い猫を抱っこして餌やりに行ったら、トトの方から近づいて来て、すんなり抱き上げさせてくれたそう。きっと生まれて間もなく親とはぐれて、猫恋しかったんじゃないかな」

環境が行動を決める

カフェの中でくつろぐ茶トラのかわいい子猫トトちゃん

「子どもの頃に実家で飼っていた猫から名前を貰ってトトと名付け、一緒に暮らし始めて3ヵ月が経ちます。今はトトも体が大きくなって、入り込めないすき間が増えましたけど、来たばかりの頃は床下収納に入り込んだり、屋根裏に忍び込んだり。鳴き声を頼りに家中探し回ることもしょっちゅうでした。でもね、トトは全然悪くないんです。トトと暮らす環境を整えていなかった僕が悪い。
動物と暮らす環境を整えるのは、飼い主の唯一といってもいい責任です。極端に言えば、窓を開け放っておいて、外に出るなというのは無理な話だし、飼い主として無責任な話。トトのために危険なすき間を塞いだり、倒れやすいものをしまったり、そうやって環境を整えているうちに、環境の大切さは人にとっても同じだなと、環境が人を作ることに改めて気づかされたんです」

椅子の隙間からこちらを見つける茶トラのかわいい子猫

「子どもの頃は親が用意してくれる環境がすべてだけど、大人になったら環境は自分で自分に用意するもの。環境を変えることで行動が変わるし、環境を変えないことには行動だって変わらない。変わりたいと思ったら、まず環境を変えることからだと改めて。
僕はシンガーソングライターですが、レコーディングハウス兼カフェのオーナーでもあり、そのスタジオでエンジニアとしての仕事もしています。それぞれが複雑に絡み合っていて、すみ分けができないままこれまできました。でもね、“トト”が来たから“整(とと)”のえようかなって。
トトと遊んだり散歩したりする時間を確保するために、それぞれの仕事のパワーバランスを改めて見直して、今、自分で自分の環境を整えている最中なんです」

トトちゃんの環境を整えることで、自分自身の環境を整えることにも思い至った笹倉さん。自分の飼い主は自分。仕事もプライベートも、自分にとってよりよい環境を用意したり、時には思い切って違う環境に飛び込んでみることで、大人になってからも成長していきたいですよね。
さて、次回は、トトちゃんが笹倉さんからこれ以上ないくらい引き出しているという「優しい気持ち」についてです。お楽しみに。

工藤朋子

シンガーソングライター笹倉慎介

https://www.sasakurashinsuke.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

猫が教えてくれること
  • しなやかな身体をつくる12の習慣
  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe