会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

美しい鎚目に惚れぼれ。「Sfera」のグラスとデカンタでテーブルに静かな輝きを

美しい鎚目に惚れぼれ。「Sfera」のグラスとデカンタでテーブルに静かな輝きを

品質や機能性など、細部まで考え抜いて制作される家具や雑貨など、生活をより豊かにしてくれるアイテムを展開している「Sfera(スフェラ)」。日本的な感性をものづくりの軸としつつ、国際的にもその製品の魅力を発信しています。今回は数あるプロダクトの中から、鍛金技法で作られたテーブルウェアたちをご紹介。

美しいプロダクトが並ぶブランド

「Sfera(スフェラ)」の鍛金で作られたカップ3つ

クリエイティブディレクターの眞城 成男(ましろ しげお)さんが2001年に創設した「Sfera(スフェラ)」は、日本的なクリエイティビティに根ざしたインテリアを生み出し続けているブランド。木や土、金属などの自然素材を貴重な資源と捉え、品質や機能性、デザインにいたるまでを考え抜いて制作された美しいアイテムたちが、日々のさまざまなシーンに彩りを届けます。今回は、展開されている数多くのプロダクトの中から、鍛金という技術を用いて作られたテーブルウェアをご紹介。
私たちのプロダクトのひとつひとつは、古来の素材と伝統技術、美しさへの現代的な感性との融合により形作られ、個性と表現性にあふれた上質なスタイルを纏っています。

品質や機能の探求、美しさへの感性において高い水準を持つ日本をクリエーションの拠点とし、永く愛されるデザインを生み出すことをスフェラは大切にしています。
出典:http://www.ricordi-sfera.com

凛とした上品な佇まいに魅了されます

「Sfera(スフェラ)」の鍛金で作られたカップ2つ

鍛金とは、叩くと伸びて広がる上に強度が増していくという金属の性質を生かした技法。一枚の金属板を鎚で叩き上げて形を作っていきます。鍛金で作られる作品の中には、鎚目(つちめ)を豪快に表現した力強い印象のものも多くありますが、「Sfera」の鍛金製品は繊細さのある上品な佇まいが魅力的。静かにテーブルに置かれるカップの、凛とした姿に惹き込まれそうです。

晩酌の時間に静かな華やかさを添えるデカンタ

「Sfera(スフェラ)」の鍛金で作られたデカンタ2つ

やわらかい光を反射するデカンタは、晩酌の時間にそっと華やかさを添えてくれます。大きさは、ワインやサングリアなどに使いたい大きめサイズ。丹念に叩き上げられた表面の質感に品があり、自宅でのお酒の時間もいつもよりちょっと豪華な気分で楽しめそうです。お店で飲むのとはまた違う、ゆったりとした素敵な時間のお供にいかがでしょうか。

長方形と鎚目のバランスが絶妙な箸置き

「Sfera(スフェラ)」の鍛金で作られた箸置き2つ

器のほかには箸置きも。まっすぐな長方形と鎚目とのバランスが絶妙で、シンプルかつ小さなフォルムでありながら、唯一無二の雰囲気を纏っています。左のシルバーはアルミ製、右のゴールドは真鍮製。それぞれの経年変化も楽しめるので、いつまでも飽きずに長く使っていけそうですね。特に真鍮は鈍い色へと変化していき、まるでアンティークのような風合いになっていくとのこと。

鍛金の箸置き
(左)アルミ/1,080円(税込)
(右)真鍮/1,447円(税込)

いつまでも使い続けたいアイテムが見つかります

「Sfera(スフェラ)」の鍛金で作られたカップ2つ

日本的な感性をものづくりの軸としつつ、イタリアのミラノにショールームをオープンさせたり、国際的な市場での商品発表などを行っている「Sfera」。また、2003年には京都の祇園にショップやギャラリー、カフェ、バーを設けた『スフェラ・ビル』をオープンさせ、さまざまな方向から洗練されたアイテムの魅力を発信し続けています。今回ご紹介した鍛金シリーズの他にも、いつまでも大切に使い続けたいものが盛りだくさん。生活をより豊かにする美しいプロダクトを、ぜひ一度ご覧になってみてください。

photo / Sfera

「Sfera(スフェラ)」のロゴ

Sfera(スフェラ)

〒605-0086
京都市東山区縄手通り新橋上ル西側弁財天町17 スフェラ・ビル

http://www.ricordi-sfera.com

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを