ほっこり優しい色合い。料理を引き立て、テーブルを彩る「YUKIKONAGAHAMA」のお皿

ほっこり優しい色合い。料理を引き立て、テーブルを彩る「YUKIKONAGAHAMA」のお皿

「YUKIKONAGAHAMA(ユキコナガハマ)」が制作しているのは、優しい色合いでほどよく食材の色彩を活かしてくれるうつわ。ピンクやきいろなどの色味のほか、ブラックやホワイトのモノトーンカラーの作品でさえ、やわらかくテーブルの上を彩ってくれます。そんなあたたかみのあるお皿たちをいくつかご紹介します。

食卓に取り入れたいあたたかみのあるお皿

武蔵野美大短大陶磁専攻科を卒業した長浜 由起子さんは、「YUKIKONAGAHAMA(ユキコナガハマ)」として神奈川県の横浜で制作を行っている陶芸作家さんです。長浜さんが生み出すうつわたちは、どれも優しい色合いのものばかり。ピンクやみずいろ、きいろなどの色味のほか、ブラックやホワイトなど一見かたいイメージになりそうなモノトーンカラーでさえやわらかく、そしてあたたかくテーブルの上を彩ってくれます。そんな風に生活を楽しいものにしてくれるプロダクトを、あなたも食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ソフトな色合いとなめらかな曲線が魅力のオーバル皿

土につぶつぶが入った独特のテクスチャが楽しめるオーバル皿。オーバルとは、たまご型のことです。そのソフトな色合いに加えて、くるりと一周をなめらかに走る曲線からもやさしい雰囲気を感じさせますね。いくつあっても重宝する小皿から、ワンプレート料理や何人かで取り分ける料理にも使える大皿までサイズ展開があります。

盛り付けを綺麗&おしゃれに見せてくれる洋皿

シンプルなオーバル型のお皿の次は、どことなく優雅な気分になれそうな洋風のお皿をご紹介。メイン料理、サラダなどのほか、スイーツもきれいに、そしておしゃれに見せてくれそうです。洋風とは言ってもやさしい雰囲気なので、その落ち着いた質感が和食との相性も抜群。毎日、どんな料理を盛り付けようかわくわくしますね。まるでアンティーク食器のような愛着のある風合いにも魅力を感じます。

洗い物も楽しくなりそうな深めのお皿

テーブルの上で主役になりそうなこちらのお皿は、ある程度深さがあるので煮物などを盛り付けるのにも適しています。全面に、楽しい気持ちにさせてくれるかわいらしい模様が入っているのが特徴的。ひっくり返すと、中心に鳥の姿が描き出されているのもポイントです。これなら食事後の洗いものもいつもより楽しくなりそう。カラーによって結構印象が変わるので、好みに合わせて選んでみてくださいね。

その色合いが食材の彩りを引き立てます

お皿は毎日使うものなので、使っていて心地良いものにしたいですよね。長浜さんの作品には、ほどよく食材の彩りを活かしてくれるほっこりとしたあたたかみを感じます。
個展や数々のイベントに出展されている「YUKIKONAGAHAMA」ですが、8月には雑司が谷手創り市『カレーな休日』、千駄木手創り市『JUICE STAND』への出展が決まっているのだそう。ぜひこの機会に、実際にそのお皿たちを手に取ってご覧になってみてください。ひとつで主役になるもの、いくつか揃えてテーブルコーディネートを楽しめるもの、さまざまな表情を持ったお皿たちとの出会いが待っているかもしれません。

「YUKIKONAGAHAMA(ユキコナガハマ)」

https://nendo96.wixsite.com/yukikonagahama

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

  • しなやかな身体をつくる12の習慣
  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe